人気ブログランキング |
菖蒲の咲く公園にて
亀戸発リバーサイドぶらぶら散歩・中編


c0081462_20142199.jpg
「ぽつんと・・・」



亀戸を出てから「横十間川」沿いを歩いていますが、実は行くあてがまったくありません。
目的もなく、ただぶらぶら歩いているだけです(^^;

天神様の藤が予想以上になかったこともあって、撮影意欲がなくなりかけてもいたんです。
とりあえず地図を見て「総武線の線路を越えるまで」「クローバー橋まで」
目標を少しずつ先送りして歩いていました。
カメラもバッグにしまって完全なお散歩スタイルで。

でも、第2の目標となった「クローバー橋」があまりにもインパクトがあったので
もう一度カメラを取り出して撮影を続行することにしました。
まぁ、クローバー橋の構造自体は別段珍しくないようですけどね。

さらに前回の最後の1枚にあるように、クローバー橋から先はうっそうと茂る林で遊歩道が覆われます。
木陰が続くので少々暑くなってきたところで、とても心地よい散歩道に変わりました。
ちょっとホッとすると同時に、またさらに先まで歩いてみようという気持ちに(^∇^*)

ほんと些細なきっかけなんですが、撮影散歩をしているとこんなこともあるんです。
ちなみに名所なんかを訪ねたときに結構多い傾向がありますね~。
もっともそれは行く前の期待が大きすぎるからなんですが(笑)


表紙の写真は、横十間川と「仙台堀川」の交差地点付近にある「横十間川親水公園」に咲いていた花菖蒲です。
決して大きな公園ではないのですが、川の水を引き込んで造られたと思しき湿地に木道が張られていて
ここが東京都区内であるということがちょっと信じられない風景になっていました。
もっとも花菖蒲の時期にしてはちょっと早かったようで、花の数は少なかったですが。
今年は最盛期に訪ねることができませんでしたが、来年はちょっと狙ってみようかな?









c0081462_20155736.jpg
小川のせせらぎを背景にして。
花の数が少ないのでいい花を探すのは簡単ですが、背景には気を使います(^^;
もう少し目線を下げたいところを水面を取り込むために俯瞰気味にして。


c0081462_2016739.jpg
ご覧の通り、まだまだ時期が早くて湿地は青々としています(^^;
画面上部の白っぽいラインは湿地を横切る木道で、満開なら菖蒲の間を通り抜けるような感覚が味わえます。


c0081462_20161691.jpg
風車みたい?

と、これを撮ってるときにD40のバッテリーが切れました。
残量表示が1欠けするとあっという間になくなるんです。
歩き始めてしばらくするとそんな状況になったので間に合わないな、とは思っていたんですが
花菖蒲の撮影に気分が乗ってきたタイミングだっただけにもったいなかった~!
予備のバッテリーも充電しておいてなかったし(汗)


ということで、この後はD700にバトンタッチです。
手持ちのボディの最小・最軽量から最大・最重量へと、ミスマッチもいいところですね(^^;
でも、これにはちゃんと理由があるんです。
どうしても行き先が見つからない場合は、水族館に行こうと思っていたから!
涼しいし、なにより被写体が豊富にありますからね♪
でも、まさかこんなに早く出番が来るとは思ってませんでした(苦笑)


さて、D40とD700では同じレンズでも実際に写る範囲がちがいます。
D40では花菖蒲を撮るのにちょうどいい感じ(もう少し望遠があってもいいくらい)だったのですが
これがD700になると1.5倍小さくなってしまいます。
あまりに物足りないので花菖蒲はあきらめ、先に進むことにしました。
親水公園から少し北に戻ると東西に流れる「仙台掘川」があるので、それに沿って西へ。


c0081462_2016342.jpg
「仙台堀川公園」の途中にあったとある建物。
看板には「すっきり館」とありました。


あえて全体を撮ってませんが・・・・・おわかりですよね?(^皿^)b


誰だ、こんなユニークなネーミングにしたのはー!
おもしろすぎるぞー!!(笑)




c0081462_20165077.jpg
次は青紅葉で、目も心もすっきりさせましょう☆
秋の紅葉も素敵ですが、わたしはこちらの方が好みなもので(^^ゞ


ところで、この「仙台堀川公園」は全長3.7kmもある都内最大の親水公園なんだそう。
地図を見ると「古代の森」や「親子の森」「果実の森」など、いろいろな名前がつけられていて
それぞれテーマに沿った造りになっているようです。
そういえば「古代の森」のあたりには、遺跡から出土したようなオブジェがあったような気が。
次はもっと意識して撮って歩いてみようかな?


仙台堀川公園@Wiki


c0081462_20172114.jpg
仙台堀川はこの先、木場公園や清澄庭園の南側を流れて隅田川へと向かいますが
今回は大横川との交差点で川から離れ、木場公園の中を抜けて「東京都現代美術館」へ。
これも特にあてがあったわけではないんですが、どんな建物なのかな?という軽い興味があったので。

国立新美術館では、展示室にいたるエントランス部分は自由通路のような感じで撮影もOKだったのですが
こちらは不明だったので外観のポップな色使いの部分を切り取ってみました。


東京都現代美術館(MOT)公式HP



c0081462_20173522.jpg
屋外にあったオブジェと組み合わせて。


c0081462_20174257.jpg
現代ポップアートから、下町のポップアートへ。

美術館の北端を東西に走る「美術館通り」。
その1本北にある「深川資料館通り」を歩いていて見つけました。
うなぎとひよこの取り合わせがなんとも「妙」ですね☆


c0081462_20175034.jpg
ふと見ると、いろんな店先にかわいいのれんがかかっていました。

「花みずき 街角 誰でもアーチスト

 ひらひら 小さな のれん プロジェクト
  街が小さな「のれん」で変身。
   会期限定商店街の着せ替え遊び!」



これは毎年4月に行われている商店街のイベントのようです。
今年はのれんがテーマだったんですね。
もっとたくさん掛かっていたんですが、紙面の都合でこれだけですが(^^;
9月には「かかしコンクール」もあるそう。


深川いっぷく


c0081462_20175954.jpg
お昼はちょっと足を伸ばして「割烹 みや古」へ。
資料館通りには「深川宿」もあるんですが、以前一度食べたことがあるのでちがうところに行ってみようというわけです。

お店に入ると昭和にタイムスリップしたような、ちょっと懐かしい雰囲気。
外は結構暑かったのですが、中に入ると窓から涼しい風が入ってきて気分もリラックス♪
となると「ビール!」といきたくなるところですが、今回は我慢しました(爆)


c0081462_20181363.jpg
こちらの深川めしは炊き込みご飯風。
ぷりぷりのあさりがいい味出してます☆
深川鍋も外せないところですが、2人前からの注文ということで今回は断念。


c0081462_20182246.jpg
お腹も満足したところで、再び散歩開始。
小名木川と隅田川の合流地点からの眺めです。

この橋は「清洲橋」(きよすばし)といい、ドイツのケルン市にかかっていたつり橋をモデルにして造られたそうです。
竣工当時(1928年・昭和3年)はつり橋でしたが太平洋戦争時に破壊され、現在はつり橋のようなデザインになっています。
この場所からの眺めが一番美しく「ケルンの眺め」とも呼ばれています。

ただ、このときはあいにくまともに逆光だったのでセピア風にしてごまかしました(^^;


清洲橋@Wiki


1~4枚目 D40+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ
5~13枚目 D700+AiAF28-105mmF3.5-4.5D


次回は後編、清澄庭園を訪ねます。
by sampo_katze | 2009-06-22 20:30 | 散歩 | Comments(6)
Commented by senkokk at 2009-06-23 12:29
D700+VR70-200の、菖蒲が見てみたかったですね(^.^)
個人的には、フルサイズが欲しいので、菖蒲くらいの大きさなら
いい感じなのではと想像しています。
距離にもよりますね(笑)
フルサイズは、当分実現出来そうにないです(..;)

青紅葉の気持ちいい感じが伝わって来ます。
このような所を散策しながら、ゆっくり写真を撮り歩きたいです。
最近、そんな時間が取れないんですよね~
今週は、なんとかするぞ~
Commented by sampo_katze at 2009-06-23 20:50
せんこ~さん、こんばんは♪

>D700+VR70-200の、菖蒲が見てみたかったですね

わたしも撮ってみようかと思ったんですが(^^;
あまりにギャップが大きくて、ここでの撮影はあきらめました。
このあと清澄庭園というところにも行ったんですが、やっぱりちょっと早かったですね。
せめてあと1週間はおかないとだめだったようで。

ちなみにDXとFXのちがいですが、実はわたしはほとんど意識してません(^^;
重箱の隅をつつけばちがいが出てくるのかもしれませんが
わたしの目にはちがいがわからないので(苦笑)
それでもFXのD700を買ったのは、ひとえに高感度特性!
これで今まではあきらめていた世界に踏み出せました☆
もちろん、望遠側は犠牲になりますけどね(笑)

青紅葉の散策路は、運河沿いということもあって気持ちよかったです♪
これに野鳥やトンボが飛んでいたら最高??

>ゆっくり写真を撮り歩きたいです。

時間が取れるといいですね!
応援してますよ(^^)
Commented by 放浪中 at 2009-06-24 05:22 x
8枚目カッコイイですね。モノクロってのがまたシビレます。
7枚目とのギャップがあるから余計にそう感じるのかもしれません。

深川めし美味しそうですね。
深川辺りは20年ぐらい前に社会科見学で行っただけなので、また行ってみたいと思ってます。
Commented by tamayouchan at 2009-06-24 05:52
おはようございます。^^*/

猫さんのれんがいいですね。♪
こういうイラストには弱いっす。
(つい、入りたくなる)
Commented by sampo_katze at 2009-06-25 07:56
放浪中さん、おはようございます♪

>モノクロってのがまたシビレます。

はて、モノクロなんかアップしたっけ?
って本気で思ってしまいました(^^ゞ
「MOT」のやつですね。
7枚目のド派手なのと並べたのは意図的ですが、効果があったようですね☆
でもモノクロにしたのは、逆光でレタッチしてもいい色にならんかったからなんですよ~(笑)
たまに出すモノクロはそんな意図があることが多いです(^^;

深川めしでしたら、ぜひ「深川宿」のほうへどうぞ!
炊き込みご飯と汁かけご飯の両方が味わえますからね☆
Commented by sampo_katze at 2009-06-25 07:57
たまさん、おはようございます♪

猫と焼き鳥・・・・・。
まるでわたしの心を見透かされているようでした。
なんちゃって!(笑)
でも、本家の焼き鳥屋さんにも使えそうなデザインですよね~。

こんなほのぼのとしたイラストののれんがたくさん並んでいたんですよ(^^)


<< 豪商の屋敷跡 観藤します? >>