人気ブログランキング |
「大きな卵」のそばに
梅雨の晴れ間にD70 in 小石川後楽園・前編


c0081462_2121539.jpg
「橋が見えない・・・」


「花と緑の散歩道」でアジサイを撮っていると思ったより天気が回復してきたので、
文京区にある「小石川後楽園」に移動しました。
前日に調べてみたら花菖蒲が満開だそうで、しかもここからなら乗り換え1回で行けるアクセスのよさもあったので。

小石川後楽園は、1629年(寛永6年)水戸徳川家水戸藩初代藩主だった頼房が江戸中屋敷の庭として造営したのが始まりです。
それを整備したのが「水戸黄門」としてあまりにも有名な2代目藩主「光圀」で、明の儒学者「朱舜水」(しゅ しゅんすい)により「後楽園」と命名されました。
「岳陽楼記」の「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」という言葉が由来。
光圀は水戸黄門の名のほうがよく知られているということもあってか、黄門様ゆかりの庭園と呼ばれることもあります。
イベントなどでもタイトルの頭につけられたりもしますし。

最寄り駅は、JR中央・総武線・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線と都営大江戸線の「飯田橋駅」です。
駅出口から正門まで最も近いのは大江戸線(C3出口)なんですが、ホームがものすごく深いところにあり
地上に出るまでに時間がかかるのでJRのほうが近く感じますね(^^;
ただ地上を歩く時間が短くてすむので、時季によって使い分けるのがいいかもしれません。


表紙の写真は、入り口を入って時計回りに進んだところにある渡月橋からの眺めです。
大堰川(おおいがわ)にかかるこの橋のたもとから見ると、朱塗りの橋が見えるはずなんですが・・・・・。
この時期は葉が生い茂っていてすっかりその姿を隠してしまっていました(^^;
新緑と朱塗りの橋の組み合わせは鮮やかで、きっと見ごたえがあるんだろうなぁ。
ちなみに紅葉の時期の写真は「こちら」です。


小石川後楽園@公園へ行こう!
小石川後楽園@Wiki









c0081462_21222796.jpg
渡月橋の先の河原に大岩が立っています。
「屏風岩」と呼ばれるもので、見たまんま屏風のような趣があるということで名づけられたようです。

柵があるので近づくことはできません。
どうやって立ってるのかわかりませんが、万が一倒れたら?ということがあるのかもしれません。


c0081462_21223799.jpg
屏風岩の先は上り坂になり、小高い山の上に出ることができます。
中腹付近から見下ろすと、葉の間から鮮やかな朱塗りの橋が見えました。
東京ドームのすぐ隣にあるとは思えない風景です。


c0081462_21225776.jpg
欄干に寄って。
薄暗いのですが、D70なので感度は上げたくありません。
狭いので三脚も使えませんし、元々持ってきてないし(^^;
それでもなんとかそこそこのSSを稼ぐことができました(ホッ)


橋を渡った先の左手には「得仁堂」(とくじんどう)があります。
左上にチラッと写ってますが(^^;
普段は非公開で中を見ることができませんが、極まれに内部を特別公開することがあります。
この建物は「光圀が18歳の時、司馬遷の『史記』伯夷伝を読んで感銘を受け」、その中に描かれる
「伯夷・叔斉」兄弟の木像を安置したものとされていてこの2体は現存するようです。

これ以前の光圀はというと、実はかなりぐれていたんだとか(^^;
でも、それは後の「日本で初めてラーメンを食べた」などの逸話にあるように
旺盛な好奇心と探究心の賜物だったかもしれません。
時代が時代なら、某ドラマのような諸国漫遊どころか世界中を飛び回っていたかも??


徳川光圀@Wiki



c0081462_21232527.jpg
山を下って庭園中央にある「大泉水」に出ます。
池のほとりに少しだけですがガクアジサイが咲いていました。
ちょうど太陽に雲がかかってやわらかい光になってくれたのがよかったです(^^)


c0081462_21233316.jpg
今度は横構図で。
この後は庭園の奥にある菖蒲田に向かったんですが、その様子は次回に。


c0081462_2123547.jpg
帰り道、別の場所で「タチアオイ」を。
徳川家の家紋が「葵」だからというわけじゃなく、単なる偶然です(^^;
こちらはピンクの花。


c0081462_21242584.jpg
赤い花。
タチアオイって花粉の量が結構あるんですよね。


c0081462_21243342.jpg
並んだ2輪の花を踏み切りのイメージにして。


c0081462_21244226.jpg
花を後ろから。
まだたくさんのつぼみがついていたので、当分楽しめそうでした。


c0081462_21253688.jpg
足元の石垣には「マツバギク」が咲いていました。
葉っぱが意外と厚みがあるんですね。
確かに多肉植物っぽい雰囲気があります。


c0081462_21245476.jpg
しばらくすると急に空が・・・・・。

といってもこれはレタッチで作ったもの(^^ゞ
逆光だったのでSB-600を使用、かつ空をカラーコントロールポイントで雨雲のような雰囲気にしたんです。
スピードライトを使ったのでより効果的だったかな?


1~4、11枚目 D70+AiAF20mmF2.8D
5、6枚目 D70+AiAF-S300mmF4D
7~10枚目 D70+VR105mmF2.8Gmicro
12枚目  D70+AiAF20mmF2.8D+SB-600


次回は最終回、小石川後楽園に戻って花菖蒲を見てみましょう。
by sampo_katze | 2009-07-18 21:25 | 散歩 | Comments(0)


<< 歓声を聞きながら 梅雨時を彩る >>