人気ブログランキング |
そしてデジ一へ
わたしのカメラ遍歴・一眼レフ編


c0081462_20221143.jpg
「頼りになる"相棒"」


カメラをやっていて、憧れるのはやっぱり一眼レフ。
ファインダーをのぞいて構図を決めシャッターを切る。
「カシャッ!」
この音を聞くと「写真を撮ってる」という気分になりますね。
ケータイなんかでもこの音が擬似的とはいえ出るものもありますし。

実は最初のデジカメを買おうとした頃、当時出て間もないフィルム一眼レフ「F5」を検討したこともありました(^^;
でもコストパフォーマンスや今後趣味として続けられるか、などいろいろ考えると
後々宝の持ち腐れになることが予想され「わたしには不向きかな?」と思い断念(笑)
ただすでにメーカ在庫は終了して中古のみになっているにもかかわらず、結構人気はあるようですね。

もちろん、今からフィルムを・・・・・とはいけませんけどね。
ニコンも2006年(平成18年)にフィルム事業を大幅縮小していますし。
何よりデジタルの「便利さ」を享受し続けてきてしまってますから(^^;


表紙の写真は、わたしにとって初めての一眼レフとなった「D70」です。
2004年(平成16年)3月18日発売で、購入は翌年の1月初めでした。
発売前から雑誌や価格の掲示板などを見ていて、購入意欲をそそられていたんですが
この頃は各社から魅力的な機種が結構出ていたこともあり、迷っていたんですよね。
で、一番の決め手となったのは持ったときの「手にしっくり来る感覚」でした。
コンデジもずっとニコン一筋だったせいもあるかもしれませんね。

なお、このボディは「リモートコード端子追加改造」をしてあるので完全オリジナルではありません。
また「露出制御回路不具合」に伴う部品の交換を実施。
さらに昨年の春に「カード着脱機構部」「画像記録部」の部品交換をしているので
電子部品関連はかなり新しくなっています(^^;









c0081462_20233473.jpg
背面から見ると、ボディの大きさの割りに液晶画面が小さい(1.8型)ことがわかります。
また拡大ボタンはあるものの、拡大率を変えるためにボタンを押しながらダイヤルを回すという
ちょっと面倒な操作が必要なんですよね。


c0081462_20234278.jpg
でも、メニューを表示してみると文字がでかい!
ここの見やすさは当時出ていた機種の中では一番でした。
肝心な写真を表示するには、今となればかなり小さくてピントの確認も満足にできませんが(^^;
でも撮れる写真の色合いが最近気に入ってきていて、ほかの新しいボディを差し置いてメインを張ることが多くなってきています。


c0081462_20235117.jpg
2代目「D40」
2006年(平成18年)12月1日発売で、翌年3月に購入しました。

「小さく軽い本物」というキャッチコピーを引っさげて登場。
ボディ内モータを省いたためAFができないレンズがあるなどの制約があったものの、
それを逆に利用して古いレンズをつけて楽しむという新しい「遊び方」も出てきました。
高感度特性も向上し、ISO800はもちろん1600でも十分使えました。
エントリーユーザ向けのカメラだったにもかかわらず、幅広い層の支持を集めた名機といっていいのでは?

わたしも最初は小さいボディということと、D70があったので購入は全く考えていませんでした。
しかし年明け1月のオフで触らせてもらったところ、小さいのにとても持ちやすく手にしっくり来ちゃいました。
おまけに感度を上げてもノイズが感じられない☆

たった1日、しかもほんの短時間しか触っていないのに「これは買いだ!」と方向転換。
しかも標準ズーム(DX18-70mmF3.5-4.5G)がすでにあるにもかかわらず、レンズキットで買ってしまいました。
だってコンパクトなボディにはコンパクトなレンズが必須ですから~・・・・・と言い訳(^^;
D70のキットレンズとちがって寄れるというメリットが大きかったというのもあります。


c0081462_2024283.jpg
並べて大きさ比較をしてませんが、ファインダー窓についているアダプタはD70のものと同じです。
D70はやや下から、こちらはやや下から撮っているのでD40のほうがより小さく見えるかもしれませんね。
でも、実際に持ち比べてみるとほんとにこのD40は小さくて軽いです☆
キャッチコピーは伊達じゃなかった!
再生画面の拡大/縮小も独立ボタンになって使い勝手はかなり向上しましたし。


c0081462_20241252.jpg
小型化の影響で、こちらから見て右上にあった小さな液晶画面が廃止されました。
その代わり、背面のモニタに撮影情報を表示するようになっています。
これもボタン1つで表示/非表示を切り替えられて、最初は戸惑いましたがすぐに慣れました。

「被写体が暗すぎます」なんてアドバイスメッセージまで表示されてますね。
レンズにキャップをつけたままなので当然ですが(笑)
それまではシャッタースピードが「Lo」と表示されるだけだったので、
エントリー機らしくわかりやすい表現を心がけてるんだな~、と。
液晶画面のサイズも2.5型と大型化されたのもうれしいポイント。


c0081462_20242553.jpg
3代目にして初のフラッグシップ機「D300」
2007年(平成19年)11月23日発売で、ほぼ同時期に購入しました。

当初は導入の気持ちはあったものの、しばらく経ってからでもいいかな?という感じだったんです。
でも、とある方から予約の権利を譲っていただけることになりまして・・・・・(^^ゞ

デジ一では避けられないごみの写り込みを防ぐ「イメージセンサークリーニング機構」、
撮影範囲の大部分をカバーする「51点AFエリア」はちょっと感動的でしたね。
もっともAFエリアについては、通常は11点に減らしてますけどね(笑)

このカメラを自前で初めて使ったつくばでの白鳥撮影オフでは初の飛翔シーンにも挑戦!
腕のなさを機材がカバーしてくれました☆
それ以降はすっかり鳥撮影に目覚めてしまいましたね。
さすがにレアな鳥までは手を出してませんが・・・・・。
なんせそっちに行ってしまうと「焦点距離」が青天井になりますから(汗)


c0081462_20243867.jpg
背面です。
ファインダーの形はD70などと同じなので、アングルファインダーなども共用できて助かってます。
ボディが大型になっているのでボタンの数がは縦に5つに増え、再生ボタンはそのさらに上に。
設定や再生に関するボタンが左に集中的に置かれて、大分操作性が上がっています。
ただ、右側にあるマルチセレクター(いわゆる十字ボタン)はクリック感がややとぼしく
真ん中を押すこともできるんですが、こちらもイマイチな感じ。
そこだけが唯一の難点かな?と思ってます(^^)


c0081462_20244747.jpg
背面液晶は3型とさらに大型化。
メニュー表示はD70が6列だったのに対し、D300ではメニュータイトルも含めて9列に!
縦に長く続く表記方法はちょっと改善して欲しいところですが(^^;
でも大きくて見やすい表示は受け継がれていますね。
もちろん再生画面もより見やすくなってます。

ちなみにライブビューもできるんですが・・・・・使ったことないです(笑)


c0081462_20245719.jpg
4代目はフルサイズ機「D700」です。
D40もD300も高感度に強いんですが、初めてD300を持って水族館に行ったときにあまりの暗さに愕然。
当時すでに発売されていたので追加を検討したんですが、やっぱり高いし・・・・・(--;
そんな折、ニコンが「キャッシュバックキャンペーン」を実施!
これは安く買える(おそらく最後の)チャンス!とばかり昨年の11月に購入しました。

ISO6400が常用、最高25600という想像を絶する高感度を実現した「D3」
これが扱いやすいサイズになってくれた感じです。
もちろん、ダウングレードになりますから細かい作り込みなどの点では到底かないませんけどね(^^;
ちょっと前に久しぶりにカメラ屋でD3を触りましたが、改めて「フラッグシップはスゴイ!」と感じました。
比較しちゃいけないのはわかってますけど、やっぱり・・・・・ねぇ?(笑)


c0081462_20253462.jpg
前も後も見た目は結構D300に似ているんですが、頭でっかちで重量は+170g。
ファインダーは丸窓タイプなので、部品の共有はできません。
フォーカスモードレバーやマルチセレクターの構造が変更され、使い勝手が向上しています。

これを導入したおかげで、今まで行かなかった水族館や博物館など光量の少ない場所へ出かけるなどフィールドが広がりました(^^)
雨の日など少々薄暗いシチュエーションでも安心して感度が上げられますし。
もっとも、それを生かしきれるようにがんばらないといけないですけどね(笑)


これら4台はいずれも現役バリバリで、目的や気分に応じて使い分けています。
主にD70は花撮りがメイン、D40はお気楽散歩のお伴に。
D300は鳥撮りをメインに、D700は高感度が必要となるシチュエーションに。
まぁ、たいていはこのうちの2台を同時に持っていくことが多いですね。

「持ってなくて後悔するより、持っていったけど使わなかったことで後悔するほうがいい」

その考えをレンズにも当てはめてしまうことも多いので、
つい大荷物になってしまうのが難点ですが(笑)


1~3枚目 Coolpix3100
4~11枚目 D70+DX18-70mmF3.5-4.5G


次回から新シリーズ、向島百花園の"和の紫陽花"を見に行きます。
by sampo_katze | 2009-07-24 20:25 | カメラ・自転車の機材 | Comments(4)
Commented by み~ at 2009-07-25 07:26 x
おはようございま(* ̄〓 ̄*)チュッ♪

いっぱい持ってますね~
どれも状態がいいのがこの先楽しみになりそうな感じ~♪
私などコンデジの次がいきなりD200でありました。
キャノンにしてたら猫さんとお知り会いにならなかった可能性高いですね~

初めての一眼は使用場所での耐久性で決めたんですが。
誰にとっても大きな決断の時?!
私はニコンにしておいてよかったな~って思います~
Commented by OM1ユーザー at 2009-07-25 18:57 x
私も初めてのデジイチがD70です。
それからD200,D40,D300,D700、一方で5D,5Dmk2そしてつい先日E-P1。

コンデジはキヤノンPS G1とパナのLX2です。

D70は私を写真撮影に再び引きずり込んだ撮っていて非常に面白い名機でしたね。(あ、過去形はまずいか)

4台全て現役というのは素晴らしいですね。
いつも買った時は歳も歳だしこれが最後のカメラだと思うのですが新機種が出るとダメですね。
Commented by sampo_katze at 2009-07-26 21:21
み~さん、こんばんは♪

振り返れば・・・・・ほんと、いっぱいありますねぇ(苦笑)
D70では結構大きなトラブルがありましたけど、
それ以外は特に不具合もなく動いてくれているのでうれしいです☆

コンデジからD200へのステップアップ!
かなりの英断でしたね~。
でも、先々も考えてのセレクトは大正解!
今はさらなるステップアップをされてますけど(笑)


>ニコンにしておいてよかったな~

ほんとですね(^^)
み~さんのおかげで世界がひろがりましたし。
感謝感謝☆
Commented by sampo_katze at 2009-07-26 21:29
OM1ユーザーさん、こんばんは♪

D70でデジ一デビューって方、かなり多いでしょうね!
それくらいのインパクト、そして引きつける力の強いカメラでしたから。

最近ではご購入されたE-P1も惹かれます☆
わたしも発売直前にお店でパンケーキセットを触りましたが・・・・・。
発売前でよかった~!と(笑)


>非常に面白い名機でしたね。(あ、過去形はまずいか)

あはは♪
お気になさらずに!(^^)
普通ならとっくにリタイアしていてもおかしくない機種ですからね。
わたし自身もトラブルに見舞われてからというもの、
防湿庫に残っていることすら不思議に思ってるくらいですから。
まさに不死鳥のごとく、ですね。


>新機種が出るとダメですね。

そうですね!
レンズも・・・・・(ため息)
どうしてこんなに魅力的なのが次々出てくるんでしょ、って感じですね(笑)

今はなんとか踏みとどまってますが、どうなることやら(^^;


<< 和の紫陽花 始まりは"スイバル&... >>