人気ブログランキング |
銘玉を借りて
東京めぐりんプチオフ・前編。


c0081462_1657564.jpg
「"日の出"とともに」


先日の3連休、東京に「み~さん」が遊びに来てくれました。
といっても中日の日曜日1日だけでしたが。
行きも帰りも夜行利用というハードスケジュールと、慣れない長時間の列車の旅。
おまけに梅雨明けした夏の暑さがちょっと心配です。
でも、向こうに行ったときはいつもあちこち連れて行ってくれているので
しっかり案内してあげないといけません(^^ゞ


表紙の写真は、み~さんが乗ってきた寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」(7両編成×2の14両編成)です。
島根県出雲市駅と香川県高松駅を始発とし、途中岡山駅で併合して東京にやってきます。
東京駅の到着は07:08なので、朝からたっぷり時間を使うことができるので人気の列車。
わたしも東京発高松行きの「サンライズ瀬戸」に2回乗りましたが、電車寝台列車なので
発着時の衝撃もなく乗り心地はとても快適でした♪

ところで、列車が入ったホームで撮影するとちょっと窮屈な写真になりがち。
おまけにホームの屋根が影になって、列車の側面が暗くなってしまいます。
そこで、サンライズが到着する9番線から隣のホーム8番線に移動してみることにします。



※今回は都合により、始めの6枚の写真は1週間後に撮影したものになっています。


東京駅
出雲(列車)
JR西日本285系電車
いずれも@Wiki









c0081462_1659227.jpg
表紙の写真でサンライズの隣にいた電車は、07:15に発車します。
そして次の電車が入ってくる07:18まではご覧のように優美な車体を眺めることができるんですね。
線路間にあるトラポールがちょっと目立ちますが、これは安全のためですから仕方ありません(^^;

ひっきりなしに発着する電車。
そこに訪れる「空白の3分間」・・・・・
松本清張の「点と線」みたい(^^;

次に入線してくる電車は短い10両編成だったので、サンライズが見えなくなることはないようですが
この日は日曜日で休日ダイヤだったからかも?
もしフルサイズの15両編成だったら、この場所まで電車がやってくるのですっかり隠れてしまいますから。


「サンライズ」の車両は全部2階建て構造(車端部をのぞく)。
1列車7両のうち1両は「ノビノビ座席」という2等船室風の室内で、唯一寝台料金が不要の客室です。
ほかの6両はすべて個室寝台(1人用と2人用がある)になっているので、安心・快適に過ごすことができます。
また、この列車ではどの客室利用でも別料金310円でシャワー室の利用もできるんですよ☆

さらに、A個室寝台(シングルDX)をご利用のお客様には専用のシャワールームもあり!
しかもこちらは無料!!
ただしシングルDXは室数限定(各列車6室)なので、プレミアム度は「カシオペア」に比肩するかも??(^^;


c0081462_16591839.jpg
さて、長時間慣れない列車にゆられてちょっとお疲れ気味の様子なので
朝ごはんも兼ねて東京駅地下街の「グランスタ」へ移動。
ここにはイートイン可能なパン屋「BURDIGALA EXPRESS」(ブルディガラ エクスプレス)があります。
平日・休日問わず朝7時から営業しているのがうれしいですね☆

BURDIGALA


ここでお茶を飲みながらのんびりしているうち、み~さんもだいぶ元気になってきました。
時間もちょうどいい感じ。
何しろ朝早いと街も動いてませんからね(^^;

お店を出て上野方面行きのホームへ。
3連休とはいえ比較的閑散とした構内は、普段の「お祭り状態」とはちがってどこかゆったりとした空気が流れています。
これならはぐれても迷子になることはありませんね(笑)


c0081462_16593331.jpg
まずは「赤キョロ」を見に、上野動物園を目指すのですが開園は09:30でまだ時間があります。
なので時間つぶしに不忍池へ。
ちょうどハスの花が見頃を迎えていて、すでにカメラマンの方が大勢やってきていました。

写真では青空が広がっていますが、当日はもう少し雲が多かったです。
でもかえって気温が上がりすぎずちょうどいい感じだったんですけどね(^^)


c0081462_16594526.jpg
池の真ん中にある弁天堂、谷中七福神の1つです。
琵琶湖中心の竹生島(ちくぶしま)にある宝厳寺(ほうごんじ)の弁才天を勧請して、江戸時代初期に建立されました。
当時の建物は戦災で焼失、現在の建物はその後の1958年(昭和33年)に再建されたものです。


寛永寺@Wiki


c0081462_16595879.jpg
この周辺には一風変わった石碑があることが知られています。
これは弁天堂の左手にある「ふぐ供養碑」
1965年(昭和40年)に「東京ふぐ料理連盟」によって造られたものです。
ほかにも徳川家康がかけていためがねをかたどったレリーフのある「めがね之碑」や「庖丁塚」、
「スッポン感謝の碑」などがあります(^^)


c0081462_170101.jpg
ここから先は当日の写真です。
レンズはみ~さんから借りた、わたしにとって初のツァイス「Makro Planar T* 2/50 ZF」
最大撮影倍率は0.5倍のハーフマクロレンズです。
完全マニュアルのレンズですが、D700ではレンズ情報(焦点距離と開放絞り値)を登録することで
絞り優先モードが使えるのがうれしいところ(^^)

フォーカスはもちろんMF。
でも、ピントリングを回すときの適度な重量感はまさに官能的☆☆☆
ちょっと前から気になっていたんですが、今回ずっと使わせてもらって(というよりさわった途端に)
もうすっかり気持ちは「導入決定!」となっていました(笑)
残念ながら注文してもすぐに手に入らないんですけどね。



Makro Planar T* 2/50 ZF,ZK@コシナ


c0081462_1703641.jpg
池のほとりに咲いていた終わりかけのアジサイ。
最盛期の鮮やかさがそのまま残っているところにちょっと感動。
レンズのおかげで、その鮮やかさがさらに際立っているように感じられます。


c0081462_1704956.jpg
絞り開放。
ピントの合っているところはそれこそ紙1枚程度?というくらいシビア。
最短撮影距離で撮るというのであれば、ちょっと自信がありません(汗)
でも、なだらかにボケていく感覚はたまりませんね~。
ビシッと決まればもう最高なんだけど!


c0081462_171184.jpg
ちょっと絞ってF4にしてみました。
これだとちょっと絞りすぎなのかな?と思えるくらい、背景がはっきりしてきます。
F2.8~3.2くらいがおいしいところなのかもしれません。
これは自前のレンズが来たときにちょっとテストしてみないといけませんね(^^;


c0081462_1711374.jpg
まだ少し時間がありそうなので、ちょっと足を延ばして「旧岩崎邸庭園」を訪ねます。
ここはこの春に訪ねたばかりなので、プチガイドを務めることにして撮影はちょっとだけ。
館内はちょっと朝早い日曜ということもあって、お客さんも少なくゆったり見学できました。


過去記事もご覧ください。
4月29日 "三菱"発祥の地
5月1日  幻の金唐革紙


c0081462_171279.jpg
今回のみ~さんのパートナーは「ジェンナ」

バックストーリーによれば、彼女はファッション雑誌のエディターのインターン(見習い)をしている普通の女の子。
それがひょんなことから、初めて自身が企画したイベントでモデルを務めることに。
そして・・・・・・ってあまり詳しく書くと長くなるのでカットします(^^;
ドレスアップした彼女は、どこかの国の王女様?というくらい高貴な雰囲気なんですが
夏らしいデザインのニットをまとった彼女は一転してごく普通の女の子。

でもファインダーを通して見ると、やっぱり雰囲気がちがうんだな~。
み~さんの場面設定が生きているのは言うまでもないですが☆

これは洋館2階のテラスで撮ったもの。
扉の色が偶然にも彼女の髪の色とぴったり!


c0081462_1714037.jpg
撞球室前に置かれているしゃれたベンチ。
彼女がいることで華やかな雰囲気に早変わりです(^^)


c0081462_1715118.jpg
これは今回の中で一番のお気に入りのカット☆

今回、彼女を撮った写真には全部共通したレタッチをしています。


1~6枚目 D700+AiAF28-105mmF3.5-4.5D
7~14枚目 D700+Makro Planar T* 2/50 ZF


次回は中編、上野~渋谷~六本木と駆け足で巡ります。
by sampo_katze | 2009-07-30 17:00 | 散歩 | Comments(2)
Commented by み~ at 2009-07-30 20:55 x
先日はお世話になりました~m(__)m
猫さんがホームで出迎えてくれてとっても嬉しかったです。

もし駅の出口で待ち合わせだったら・・・
きっとぉー迷子になった挙句に放送で
管理室までお迎えに来てもらう事態になってたかも~
さすがの心づくしに感謝でした。(* ̄〓 ̄*)チュッ♪

朝ごはんを車内で済ませられないくらい乗り物酔いだったけど
一口だけ食べれたら・・・のピザトースト、最高に美味しかった~
忘れられない旅の味になりました~

改めて写しに行かれたサンライズいいですね~~
次回から飛行機でという考えがゆらぐいい列車でした♪
酔い止め飲んでまたチャレンジしそう・・・(--;)

マクロプラナー、虜にさせちゃったね~(^m^)ぐふふ
こればかりは手放しでオススメします!
慣れたら開放もばっちり行けまっせ!!


Commented by sampo_katze at 2009-07-31 07:56
み~さん、おはようございます♪

お出迎えは当然ですよ☆
できれば入線してくるとこも押さえておこうかな、と思ってましたし(^^ゞ
おまけに構内は広くて複雑ですからね(わたしもたまに迷いそうになる・笑)
朝ごはんは1つとはいえ完食できてこれもよかった。
ヘロヘロ状態でしたもんね。
だからといって食べないと、暑さでバテちゃうし。

サンライズはとても贅沢な列車ですからね。
登場してから大分経ってるんですが、未だにデザインは斬新に見えるし車内も快適だし。
でも、今度使うならどちらか片道のほうがいいかもしれませんね~(笑)

マクロプラナーはフォーカスリングのなめらかさが最高☆
まさに官能的ってやつですね。
ちょうど50mmの席は空いているので、そろそろポチしようと思います。

さて、どこでポチしようかな??(笑)


<< 都内を駆けぬけて 池にいたのは・・・ >>