人気ブログランキング |
フクロウたち +1
けだま詣で2009夏 in 掛川花鳥園編・第6回。


c0081462_21532153.jpg
「巨大ポポちゃん像☆」


掛川花鳥園を訪問するきっかけとなった理由はいくつかありますが、そのうちの1つがフクロウです。
初めてフクロウを知ったのは、たしか写真家の宮崎学さんの著書だったと思います。
よく覚えていないのですが、写真えほんのような構成でフクロウの生態やヒナの巣立ちなどが紹介されていました。

そして、ここには実に様々なフクロウたちが見られます。
入り口すぐのところにある展示施設ではガラス越しで、普通の動物園と同じような感じですが
園内の大温室の先にあるエリアでは、まさに手の届く距離でフクロウたちを見ることができます。
もちろんさわることはできませんけどね(^^ゞ
でも、羽毛のフワフワ感や息づかいまで感じられる距離感はたまりません☆
クリクリした大きな目もまた魅力的なんですよね。


表紙の写真は、今や国民的大スターとなったアフリカオオコノハズク「ポポちゃん」の黄金像です。
全国デビューのきっかけとなったのがフジテレビ系のバラエティ番組「ザ・ベストハウス123」ですが
昨年夏に開かれたフジテレビのイベント「お台場冒険王」の番組ブースに登場しました。
イベント終了後、こちらに寄贈されてポポちゃんの隣に展示されています。
実物は足元に小さく写ってますが・・・・・デカすぎ( ̄Д ̄;









c0081462_2153287.jpg
開園して間もない時間。
ポポちゃんはお目目ぱっちりで出迎えてくれました。

ただ、わたしが手にしていた三脚に不信感を持ったのか?
大きく目を見開いてしばらく見つめていました。
幸か不幸か、警戒のポーズは取りませんでしたが(^^ゞ


c0081462_21533671.jpg
ふれあいの時間をのぞくと、ポポちゃんはこうして眠っていることが多いです。
声をかけてもそうそうは起きてくれませんので、1日3回あるふれあいの時間に訪ねてみましょう。
このときなら手に乗せて、一緒に写真を撮ることもできますからね。


c0081462_21534435.jpg
ポポちゃんの足。
赤みがかった鮮やかな黄色です。
するどい爪を持っていますね。


c0081462_21535221.jpg
アフリカワシミミズクです。
2004年生まれの女の子で、名前は「タケル」です。
名前がついたときは雌雄がわからなかったので・・・・・。
ちなみに向かって左にはお姉さんの「ヤマト」がいます。
そう、姉妹で「ヤマトタケル」となるわけ。
兄弟だったらよかったんですけど(^^;

そしてこの右には、2008年生まれの「ミコト」がいます。


c0081462_2154290.gif
やたら口を大きく開けたり首をかしげるようにしたりと、何だか妙な動きをしていました。
最初はあくびをしたように見えて「撮り逃した!」って思っていたんですけどね。


c0081462_21541014.jpg
新顔のファラオワシミミズクです。
名前は「ファラン」で、今年2月に生まれた子。
生後半年ですっかり大人と同じ見た目になっています。

生まれてすぐにバードスタッフに育てられたので、とても人懐っこい性格だそう。


c0081462_21541841.jpg
一見カメラ目線のようですが、微妙に外れています(笑)
なにせフクロウの仲間たちは非常に目がいいので、ふれあいゾーンのさらに外を見ているんだと思われ。


c0081462_21543095.jpg
こちらは飛行ショーに登場する「ベンガルワシミミズク」です。
10:30のショーに登場したこの子は「ルナ」

ほかに「てんか」「アスカ」「ニコ」がいて、計4羽のうち3羽が1日1回登場します。
この日は「アスカ」がお休みでした。
登場するメンバーは、屋外ステージへの出入り口付近に掲示されているのでチェックしておくといいですね。


c0081462_2154372.jpg
こちらも「ルナ」
今度は止まり台から池のほとりのタルの上に飛んでいくんですが・・・・・。
スタッフに背中を向けてしまっていますね(^^;
たまにですがこんな風にほかに気をとられて、スタッフの呼びかけにも応えずじっとしていることも。
どうしても飛んでこないときはスタッフがお出迎えしにいきます。


c0081462_21544676.jpg
13:00のショーに登場したのは「てんか」です。
開園の翌年の2004年春に生まれました。
その頃からすでに飛んでいた、飛行ショーのパイオニア。
昨年から休養のためショーに登場していませんでしたが、7月に現場復帰を果たしました。
風きり羽根がとても美しいですね☆


c0081462_2154559.jpg
シッティングエリアにいる「トコ」
飛行ショーに登場する「ニコ」とはきょうだいです。
でも、なぜかとても仲が悪いので居場所が分けられているんですね。


c0081462_2155399.jpg
最後は「チゴハヤブサ」の「アオ」
以前は花鳥園入り口の受付横で「ウェルカムバード」をしていましたが、最近はシッティングエリアにいることもあります。
受付では撮るのが難しいのですが、ここならラクラク♪
ようやくそのかわいらしいお顔を撮ることができました(^^)


c0081462_21551285.jpg
飛行ショーのあと立ち寄ってみるとこんな姿勢に!
これは「アヒル寝」といって、とてもリラックスしているときにとるんだそう。
受付横とちがって少し距離があるので、落ち着きやすいんでしょうね。


c0081462_21551992.jpg
しばらく眺めていたらウトウト・・・・・。
こんなシーンが見られるのも、この子が人に慣れているからなんですね。


すべて D300+VR70-200mmF2.8G


次回は、スイレンのプールで見られる鳥たちを紹介します。
by sampo_katze | 2009-09-06 21:55 | 花鳥園 | Comments(0)


<< クジャクバト&エボシドリ~ず☆ これだけ成長! >>