人気ブログランキング |
白い豹
多摩動物公園編・最終回。


c0081462_2181789.jpg
「子育て上手」


レッサーパンダとオランウータンの間にある「ユキヒョウ」の展示施設をのぞいてみましょう。
「ユキヒョウ」は中央アジアからチベット、アフガニスタンなどの高原や山岳地帯に分布し、
夏は標高6000m付近、冬は獲物を求めて2000m付近と非常に高いところに生息しています。
雪山で保護色になるためやや黄色がかった灰白色の毛色をしていますが、
その美しい毛皮を目的とした密猟にあい、一時は1000頭前後まで数を減らしました。
現在は保護活動のため5000頭程度まで増えているようです。


表紙の写真は、今年の夏に赤ちゃんを産んだ「ユキ」です。
1998年5月13日ポーランドのポズナニ動物園で生まれ、2004年12月6日に東山動植物園から繁殖のために来園しました。
これまでに4回繁殖、計6頭を育てています。
展示施設の中央にある高台が好きなようで、なぜか右前足を丸太の間に入れていることが多いです。


ユキヒョウ@Wiki









c0081462_21324384.jpg
親子のツーショット。
手前が「ユキ」で、奥が昨年の7月2日に生まれた「ユキチ」(オス)です。
伏せているから親子の大きさのちがいがわかりづらいですね(^^;
実際は大分ちがうんですけど。

ちなみに父親はフィンランドのヘルシンキ動物園生まれの「ヴァルデマール」です。
2004年5月23日生まれで、2006年5月に来園しています。


c0081462_21324978.jpg
こちらは「ユキチ」が手前。
こうしてみると顔のちがいがなんとなくですがわかります。
まだあどけない顔立ちですね。


c0081462_21325553.jpg
全身はこんな感じ。
しっぽはかなり長いですね。


c0081462_213363.jpg
この頃は何にでも興味津々。
これはニンゲンも含めてどの動物も同じですね(^^)
「あれなんだろう?」って感じでじっと見つめています。


c0081462_213311100.jpg
金網がばっちり写っちゃってますが、逆にそれだけ近くに来てくれているということ。
もちろんさらに手前に柵があるので、金網のすぐそばまでは近づけませんけどね(^^;


c0081462_21331788.jpg
足場をつかって台の上に上がろうとする「ユキチ」。
体の大きさと同じくらいの高低差があるのでちょっと大変そう。
「ユキ」はそれをじっと見守っています。


c0081462_21332376.jpg
無事、上がることができました。
「ユキ」はリラックスモード。


c0081462_21332939.jpg
上がれて安心したのか、しっぽを枕にしてお昼寝です。
寝顔がかくれちゃってるのがちょっと残念ですが。


c0081462_21333423.jpg
起きたら運動の時間、狩りの練習です。
動物園なので狩りは不要ですが、これは本能なんでしょうね。
物陰に隠れて獲物を待つ「ユキチ」の後姿。
このあとの動きはとても素早くて、とても捉えきれませんでした(汗)


c0081462_21333985.jpg
高い岩場に上ったものの・・・・・。
「う~~ん、どうやっておりればいいの??」
まだこのあたりは練習が必要なようです(^^;
もっとも足を滑らせても体が柔らかいですし、それほど高いわけではないのでケガをすることはないかと。
ネコ科ですからね。


c0081462_21335013.jpg
最後は親子でツーショットをカメラ目線で。


7、8枚目 D700+VR70-200mmF2.8G
ほかはすべて D300+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ


11月下旬に2週連続で訪問しましたが、思った以上に楽しめました。
特に「ウォークインバードゲージ」と「レッサーパンダ」、そして今回の「ユキヒョウ」ははまりましたね。
あと「ワライカワセミ」も。

また園内は意外と起伏があるので、目的の動物や鳥たちに出会うまで歩き回ると結構な運動量になります。
動物園訪問は、簡易アニマルセラピー+日頃の運動不足解消で心と体のリフレッシュにつながるのかな?
なんてちょっと都合のいいことを考えてしまいました(笑)




次回は番外編、浅草の「煮込みストリート」で一杯飲みましょう。
by sampo_katze | 2010-01-07 20:30 | 動物園 | Comments(0)


<< 浅草で飲みましょう 手先は器用です☆ >>