人気ブログランキング |
食の楽しみ☆
年末忘年温泉旅行2009@渋温泉編・第3回。


c0081462_11162886.jpg
「お宿に到着」


湯田中から渋温泉までは歩いて約25分ほどで着きます。
もっともわたしたちはの~んびりぶらぶらと歩いていたので、列車到着から50分ほど経ってましたが(^^;

今回お世話になったのは、四番湯「竹の湯」の隣にある「玉久旅館」(たまきゅうりょかん)。
前々回の2008年新年温泉旅行でお世話になったところですので、2回目の訪問です。
病欠したわたしは初めての訪問ですが(^^;

2007年12月に渋温泉行きを計画していたとき、最初は別の宿を予約していました。
ですが後になって参加者が増え1部屋では足りなくなり、その宿では満室のため部屋の追加ができません。
そこで急遽探して2部屋を確保できたのが「玉久旅館」
宿の詳細情報を見ると、露天風呂はありませんが内湯がいい感じで24時間入浴OK(これ結構重要)。
料理も充実しているし口コミを見ても悪いことは1点も書いてありませんでした。
まさに「渡りに船」、即予約実行!
参加したメンバーに聞いてみると「いい宿だったよ!」とのコメントがいただけました。
となれば幹事権限で今回もここに決定だ!となったわけです。


表紙の写真は、すっかり日が暮れてあたりが薄暗くなった頃に到着した「玉久」の入口です。
無事に到着してほっと一息。
すぐに部屋に案内していただきました。

余談ですが、都合で遅れることになっていたTCが湯田中に到着したのが18時頃。
ここからタクシーで来るはずだったんですが、なんと駅前にはタクシーが皆無だったそう!
聞けばみんな志賀高原のスキー客を迎えに行って出払ってしまったんだとか。
本来なら送迎は10名以上で事前予約が必要なんですが、今回特別に迎えに来ていただきました。
宿の方に感謝です!


教訓
温泉宿には17時頃までには着くようにしよう!



玉久旅館









c0081462_1116406.jpg
部屋はこんな感じ。
決して新しい建物ではありませんが、とてもきれいにされているのでかえって安心感がありますね。

左奥に冷蔵庫、右側に写ってませんがテレビがあります。
この時季はこたつがありますが、これもまたうれしい♪

部屋の隅に三脚を立てて、わたしはたんすに腰かけて撮ってます(笑)


c0081462_1116467.jpg
外湯めぐりに使う鍵。
これは宿に泊まった人に貸し出され、朝6時から夜10時まで使用できます。
今回はみんな内湯だけだったので、RunnerKしか使わんかったけど(^∇^;

鍵にはお猿のイラストつきで外湯の入浴指南(お作法)の説明がついています。
源泉はかなりの高温なので、入浴客が頻繁に出入りしているときはいいですが
たま~にめちゃくちゃ熱いときがあります。
初めてここを訪れたとき、とある外湯の1つでそんなことがありました(汗)
でも水でうめてもいいそうなので、適温になるまで調節しましょう。
やけどしちゃっては意味がないですからね(笑)


c0081462_111651100.jpg
さて、部屋に通されるとお茶うけの温泉まんじゅうと「野沢菜の漬物」が供されました。
漬物はこちらの手作りだと思いますが、おいしかったです☆


c0081462_1116565.jpg
そして夕食♪
左上の蒸篭には「野沢菜のおやき」が入っています。

その手前は「にじますのゆず味噌焼き」
ゆずの香りがほんのりと利いてました☆

中央の「湯葉豆腐の炊き合わせ」をはさんで右上が「パイシチュー」、右下が「信州サーモンのお造り」です。


c0081462_1117294.jpg
「信州サーモン」は「ニジマス」と「ブラウントラウト」の交雑種で長野県水産試験場の作出だそう。
両種のいいとこ取りなだけに、味はとても美味!


長野県水産試験場


c0081462_1117799.jpg
「うなぎと山芋の蒸し物」
うなぎは中に隠れています。


c0081462_11171338.jpg
「野沢菜のおやき」
固形燃料の卓上コンロであっためるのでアツアツで楽しめますよ☆
ただあまりに熱かったのでうまく割れず、断面写真が撮れなかったのがちょっと心残り(^_^;


c0081462_1117186.jpg
「炊き込みご飯」
う~~ん、もうおなか一杯!(*^ε^)~3
山の幸、川の幸を存分に堪能できました。



c0081462_11172337.jpg
そして朝ご飯!
時間を気にしないでいいので、ゆったり食べられるのが旅館のいいところ♪
さらに「これぞ日本の朝ご飯」というメニューがまたうれしい(T∇T*)

「なめたけ」の上に乗っている緑色のものは、地元で採れる大根だそう。
元々このような色をしているんだとか。
食後のデザートにヨーグルト、そしてコーヒーまで出ました(嬉)


c0081462_1117296.jpg
フロントから1階の浴場へ通じる廊下にこんなものが。
和の庭をイメージしたものでしょうか。
ちょこんと置かれたかえるの置物がかわいくて思わず1枚。


c0081462_11173564.jpg
昔懐かしいおもちゃに和箪笥のような小物入れ。
さりげない演出が素敵です。


チェックアウトの際、できたてアツアツの温泉まんじゅうとリンゴを頂きました。
最初から最後まで心づくしのおもてなしをしていただき、短いひとときでしたが大満足☆
この場を借りて、あらためて感謝です!


1、4、6~9枚目 D700+AiAF28-105mmF3.5-4.5D
2、5、10枚目 D700+COLOR SKOPAR 20mm F3.5
3、11、12枚目 D700+AiAF35mmF2D


次回は、湯田中駅から長野・善光寺へと向かいます。
by sampo_katze | 2010-01-29 21:00 | 温泉 | Comments(0)


<< 善光寺へ お猿と石畳の温泉街 >>