人気ブログランキング |
リス村と「かっぱく」
伊豆大島めぐり編・第7回。


c0081462_19153572.jpg
「入口」


3日目は最終日ですが、出発は17:00の高速船最終便ですので時間に余裕があります。
そこで、午前中は元町近辺の「リス村」「火山博物館」を訪ねることにしました。

「リス村」は、正確には「椿花ガーデン・リス村」といいます。
公式HPによると動物園と言うよりは「テーマパーク」という位置づけのようですね。

ちなみに今回訪ねてませんが、大島には動物園があります。
初日に訪ねた「大島公園」の中にあり、年中無休で入園料はなんと無料!
広さも11.4haで、上野動物園の約14haとそれほど大きくは変わりません(意外)
飼育・展示されている動物も約45種340頭と豊富で、希少種の「アルダブラゾウガメ」や「カラスバト」の飼育なども行っているそう。
結構本格的なんですね~。


表紙の写真は、「リス村」の入口の建物外観です。
入口近くに売店があり、右側の作業場では大島牛乳を使った「牛乳せんべい」を作っていました。
ガラス張りになっていて作業工程が見られるので、なかなか楽しいです。
同時においしそうな香りをあたりに漂わせているので思わず手が出てしまいそう。
できたら焼きたてを食べたいですね☆


伊豆大島椿花ガーデン・リス村 オフィシャルHP
カラスバト@Yachoo!オンライン野鳥図鑑









c0081462_19171672.jpg
園内の案内パンフを見ると意外と広いことがわかります。
「リス」だけでなく、植物もあって「動植物園」といった感じですね。
これはガクアジサイの一種かな?
「三宅ときわ」という名札がついていました。
三宅島で生まれた品種かもしれません。
こんな時季にアジサイが咲いているのはちょっと意外。


c0081462_19172571.jpg
芝生広場への道。
林のトンネルの向こうに紺碧の海が見えます。
その手前には新緑が鮮やかな芝生が・・・・・。


c0081462_19173533.jpg
吹き抜ける風がちょっと強かったですが、広々とした芝生は気持ちいいですね☆
これで向こうの伊豆半島や富士山がくっきりはっきり見えたらもう最高!!
芝に寝転んでお昼寝、なんてのもいいかも?


c0081462_19174494.jpg
そして「リス」とのふれあいエリアへ。
ここにいるのは「クリハラリス」と書いてありました。
アジア全域に分布していて、いわゆる「タイワンリス」とは台湾固有の亜種を指します。
現在は「特定外来生物」に指定されているため、頭数制限がされているとも書かれていました。
ゲージへの出入り口にはスタッフがいて、外に逃げ出さないように管理もしています。

えさのひまわりの種を買ってきて餌付けをすることもできます。
あっちもそのことはわかっているようで、何も持ってなくても近寄ってきます(笑)
結構ツメが鋭いためか、餌付けをするには手袋着用が必須。
でも、花鳥園ではしたことがなかったなぁ(^^;
ほんとはしないといけないんでしょうけど・・・・・(汗)


タイワンリス@Wiki


c0081462_19175830.jpg
よほど居心地がいいのか、それとも人馴れしすぎて警戒心がないのか。
結構近づいても起きません。
たまに目を開けても寝ぼけ眼のままで、すぐ寝てしまいました(笑)
天敵もいませんからね~。
眠りをジャマされるとしたらいたずらするお客さんくらいでしょうし(^^;


c0081462_1918773.jpg
柱についている管から水を飲むの図。
後ろ足で立ち、片方の前足を管に添えてストローで吸うようにして飲んでいるようです。


c0081462_19181522.jpg
園内にはほかに「プレーリードッグ」がいます。
こちらは普通にゲージの中にいるのでふれあうことはできませんが。
それにしても緊張感ゼロ・・・・・(--;


プレーリードッグ@Wiki


c0081462_19182986.jpg
お次は「リス村」から南下して「火山博物館」へ。
1986年(昭和61年)の噴火を機に、世界でもめずらしい火山専門の博物館として開館しました。
内部は撮影禁止なので外観だけですが(^^;

内部は伊豆大島の噴火の過程、火山や噴火のメカニズムと防災システムについて、国内と海外の火山の紹介など盛りだくさん。
内容が本格的でものすごく中味が濃くて圧倒されましたね。
映像ホールは300席ある映画館並みの設備で、70mmワイドスコープ映画を1日3回上映しています。


伊豆大島火山博物館@Yahoo!トラベル


c0081462_19183876.jpg
入口に置いてある「溶岩樹形」
押し寄せた溶岩が樹木を取り込み、溶岩が冷えて固まって樹木が消失するとこのような空洞ができあがりというわけ。


c0081462_19184750.jpg
この日のお昼は波浮まで足を伸ばします。
港から少し離れたところにある「大関寿司」へ。
実は初日に波浮港に行ったとき、看板はあるけど店がなくて「送迎します」という案内が書かれていて「???」。
でも実際に行ってみるとなるほど、確かに送迎が必要な距離でした(^^;


大関寿司@るるぶ.com


c0081462_1919067.jpg
で、RunnerK。をのぞく3人が頼んだのは「地魚の握り」、9貫で2625円。
せっかく地のオススメを握ってくれてるのだから、ネタの説明をしてくれるとありがたいんだけど(^^;
でも、おいしく頂きました☆


1~4、9~12枚目 D40+DX18-55mmF3.5-5.6GⅡ
5~8枚目 D40+VR70-300mmF4.5-5.6G


次回は最終回、裏砂漠を歩きます。
by sampo_katze | 2010-05-23 19:15 | 散歩 | Comments(0)


<< 裏砂漠を行く 初ペンション >>