人気ブログランキング |
隅田川溯上
Brompton三銃士、都内を走る!編・第3回。


c0081462_20112890.jpg
「出航待ち」


ポタリング
「potter」「putter」(ぶらつくなどの意)から自転車で散歩すること。
目的地を定めたり走行計画を立てたりすることなく,気分や体調に合わせて気の向くままに走ることをいう。
ポタリング@goo辞書・国語辞典


ず~っと自転車で走るのもいいけれど、簡単に輪行できる自転車がお伴だったら
間に列車や船をはさんでちょっと大きく移動するのも「アリ」ですよね。
一休みを兼ねることもできるし、いい気分転換にもなりますし(^^)

今回のプランなら「東京タワー」を出た後、新橋~築地と経由して隅田川沿いに抜け
そのまま川をさかのぼるというルートもできますが、隅田川にある水上バスが頻繁に出てますからね。
これを使わない手はないでしょう。
幹事のTETSUに感謝☆


表紙の写真は、桟橋に停泊中の「リバータウン」号です。
全部で11隻あるうちの1隻で、ピンクのラインがチャームポイントのかわいらしい船。
この船で行くのかな?と思ったら、この日はお休みだったようです(^^;
代わりに反対側の桟橋に浅草からやって来た船(「ユアータウン」号だったかな?)が到着。
折り返し運航で浅草へと向かいます。


東京都観光汽船









c0081462_20125044.jpg
桟橋には結構な数の人が並んでいたので、船の中は満員なのかな?とちょっと心配に。
でも、ご覧の通り席はいっぱいでしたが比較的ゆったりしていました。
って定員を大幅に超えて乗せたら沈んじゃいますよね(^^;


c0081462_2013163.jpg
レインボーブリッジを遠くに見ながら出航です。
となりの「竹芝桟橋」には東京湾クルーズ船「vingtetun」(ヴァンテン)が停泊していました。


c0081462_20131128.jpg
「浜離宮恩賜庭園」の前で僚船の「竜馬」とすれちがい。
「竜馬が行く!」と言いたかったところですが、大河ドラマのタイトルはちがうんですよね~。

それはさておき、あちらの船もお客さんがたくさん乗ってました。
やっぱり梅雨入り前の最後の晴天ということだからでしょうね。


c0081462_20132162.jpg
「隅田川」に入って最初にくぐるのが「勝鬨橋」(かちどきばし)です。
中央の部分がパカッと開く「跳ね橋」だったことで有名ですが、残念ながら現在は開閉は行ってません。
機構部などは現存しているんですけどね。


c0081462_20133055.jpg
「築地」と「月島」の間を抜けると、右手に広がるのが「佃」(つくだ)です。
この北側にはご覧のような高層マンションが林立し、なかなか迫力のある光景が広がります。
ここはお気に入りの風景の1つですね。

でもこの奥の月島側には下町らしい路地や老舗の佃煮屋があって結構楽しいところでもありました。
なんせここを訪ねたのはもう7~8年位前のことですから(^^;
「有楽町線」「大江戸線」探訪のときにじっくり巡ってみたいと思います。
ちなみにこの風景は「永代橋」からも眺めることができます。


大川端リバーシティ21@Wiki


c0081462_20133932.jpg
優美な姿を見せる「清洲橋」(きよすばし)。
1928年(昭和3年)に完成したつり橋で、ドイツのケルンにあった橋をモデルにして造られました。
残念ながら戦争中に破壊され、再建された現在の橋はつり橋ではありませんが
そのシルエットは完成当時の美しさを引き継いでいると思います。


清洲橋@Wiki


c0081462_2013494.jpg
隅田川初の斜張橋「新大橋」
現在のこの橋は1977年(昭和52年)に完成したものです。
こんなことを言ってはなんですが~・・・・・正直あまり味気のない橋ですね(^^;

でもその歴史は古く、初代は1693年(元禄6年)に隅田川3番目の橋として架けられています。
歌川広重の名画「大はしあたけの夕立」の舞台もここなんだそう。
また1912年(明治45年)に完成した鉄橋の一部は、愛知県の「明治村」に移築・保存されています。
このデザインもまた素敵なんですよ☆


新大橋@Wiki


c0081462_2014154.jpg
両国を過ぎたあたりで別の船と追いかけっこ。
あちらは「東京水辺ライン」「両国・お台場クルーズ」コースの船のようです。
このときは「お台場はこっちじゃなくて下流の方なんだけど?」と思ったのですが、
浅草より少し上流にある「桜橋」まで運航しているんですね。


水上バス「東京水辺ライン」@公園へ行こう!


c0081462_20141258.jpg
終点の「浅草桟橋」は現在立替工事を実施中。
そのため、本来の桟橋より北にある仮桟橋に接岸します。
折り返しの日の出桟橋方面行きの船を待つ人で桟橋はご覧の通りいっぱいでした(^^;

ちなみに工事は今年の夏に完成予定なのですが、それまでは階段しかないため自転車をかついで上がらないといけません。
上流に行けばなんとかなるかな?と思ったのですが、甘かったようで(苦笑)
なお工事が完成するとバリアフリーの乗り場になるとのことでした。


すべて D40+DX18-55mmF3.5-5.6GⅡ


次回は最終回、定番のスカイツリー見物~反省会です。
by sampo_katze | 2010-06-18 20:15 | with Brompton | Comments(0)


<< 2本目のタワーへ 六本木の2大名所+1 >>