人気ブログランキング |
西新宿へ
地下鉄に沿って走ろう!東京メトロ丸の内線編・第9回。


c0081462_20202740.jpg
「新宿東口駅前の名所」


今回はようやく山手線を越えます。
この辺りはお昼を過ぎると人が多くなってきて、自転車で通り抜けるのは困難になりますからね(^^;
この日は土曜ということもあってか、仕事に向かうと思しき人たちが見受けられましたが
それでも時間が早いので問題なく走ることができました。
都心を走るときはできるだけ早く出た方が移動も走行もラクラクですが、熱帯夜明けはちょっとキツイですけどね(汗)


表紙の写真は、新宿駅東口の北寄りにある「アルタ」の前です。
長寿番組「笑っていいとも!」の生放送が行われるスタジオがあることでも知られていますね。
この日は土曜なのでもちろん放映はありませんが(^^;

それにしても「アルタ」、「アイシティ」、「青山」、「アコム」と・・・・・。
やたらと頭に「ア」がつく看板が目立つのは気のせいでしょうか(笑)


ALTA Style.com


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20221152.jpg
中央線の下を細い地下道を通ってくぐり抜けます。
ここは東口と西口を結ぶ近道になっているので結構人通りが多いんですが、この時間は閑散としています。
あ、もちろん自転車は押して歩きましたよ。
天井も低いですからね~(^^;


c0081462_20221929.jpg
ガード沿いには「思い出横丁」が。
今回は入口を眺めただけでしたが、公式サイトを見るとこの界隈に80件ものお店がひしめいているんですね!


新宿西口思い出横丁公式サイト


c0081462_20223076.jpg
ニコンプラザ新宿がある「エルタワー」と、末広がりの意匠が特徴の「損保ジャパン本社」
この2棟は結構好きなので、このブログではよく出てきます(^^;
その前の小さなビルは「首都医校」とあるので、独立したキャンパスなのかな?


c0081462_2022514.jpg
通りをはさんだ向側にはどこか昭和の香りのする小さなお店が並ぶ一角が。
この裏手はお寺の敷地になっているので、建物の奥行きはあまりありません。
この写真ではフレームアウトさせていますが、このすぐ外が建物の背面になっているんです。
昔の様子はわかりませんが、周囲の状況を考えるとよくぞ再開発されずに残っていたものだと感心してしまいます。
もしかして、ここもお寺の所有なのかな??


c0081462_2023287.jpg
このオブジェの正体は?


c0081462_20233689.jpg
「新宿アイランドタワー」
こちらは北東側の角なんですが、中階層に円盤状のものが挟まっているように見えます。
まるでエレベータのように上下するんじゃないか?なんて思ってしまいますが(笑)


新宿アイランドタワー@Wiki


c0081462_20235010.jpg
少し先に進むと「成子天神社」があります。
散策マップによると、年末年始のみの開放ですが「富士塚」があるらしいのでちょっと立ち寄ってみることに。

境内に入ると、神社ですから狛犬がお出迎え。
この狛犬も独特の顔つきをしていますね~。


成子天神社@Wiki


c0081462_202418.jpg
本殿の左に「富士塚」への案内看板が。
よく見ると日付が消されていて、門扉も開放されています。
どうやら通年見られるように変わったようですね(^^)

ちなみにここは「新宿区登録史跡」になっています。

「大正九年(一九二〇)成子天神社境内にあった天神山を改造して、区内で最後に築造された富士塚である。
 溶岩で築き、山つつじを植えており、高さは約十二メートルと比較的大規模なものである。
 富士塚は、江戸時代中期より、江戸の商人・職人・農民の間に盛んになった富士信仰の遺跡である。
 同業者を中心に富士講が組織され、社寺の境内に小富士を築いて崇拝し、管理運営を行った。
 成子天神の富士塚は、柏木・角筈地域の人々で組織した丸藤講が運営にあたっていた。
 なお、塚の斜面をめぐる七福神像は、昭和五十八年(一九八三)に新造されたものである。」




c0081462_2024146.jpg
看板や説明板にあるとおり、頂上への参道には七福神の石像が置かれています。
これは中腹にある「毘沙門天様」
片目が閉じてらっしゃいますね。


c0081462_20242336.jpg
山頂近くから「大黒様」を眺めます。
破損防止のためか、このような金網がかけられているのはちょっと残念。
また「大黒様」はこのように日当たりがいいところにいらっしゃいますが、ほかの神様は鬱蒼とした林の中です(^^;


c0081462_20243747.jpg
頂上から下を眺めます。
高さは約12mとのことで、見下ろすとなかなかの高さ。
しかも途中の道は細くて路面も悪く、頂上近くは傾斜がかなりキツくてちょっとした岩登りのようです。
このため、小さなお子さんや足の悪い方は登頂しないでと書いてありました。
わたしも登るまではよかったですが、下りるのに一苦労しましたし(^^;

あと、富士塚の周辺にはやぶ蚊がとても多くて、あちこちくわれてカユイことカユイこと!( ̄皿 ̄メ
日焼け止めを塗っているので、携帯タイプの蚊取り線香がほしくなりました(汗)


c0081462_2027445.jpg
頂上にいらっしゃるのは「木花咲耶姫」(コノハナサクヤビメ)。
富士山に祀られている神様なので、こちらにもいらっしゃるわけなんですね。
名前の意味は「木の花(桜の花)が咲くように美しい女性」とのこと。


コノハナノサクヤビメ@Wiki


c0081462_20245323.jpg
下山したところでふと見ると「布袋様」が。
こちらのはほかの七福神像とはあきらかに外観が違うんですが・・・・・(^^;
なんででしょうね??


すべて D40+DX18-55mmF3.5-5.6GⅡ


次回は、丸の内線の分岐点の中野坂上から荻窪へと向かいます。
by sampo_katze | 2010-08-05 20:30 | Brompton+地下鉄 | Comments(0)


<< 青梅街道を西進 四谷怪談の真実 >>