人気ブログランキング |
田園風景の中を行く
秋の大遠征PartⅡ 自転車でめぐる岡山編・第2回。


c0081462_20483359.jpg
「どこま~でも~行こう~♪」


「吉備津神社」を後にして、さらに西へと向かって走ります。
後半は田園風景が広がり、道も平坦なのでとても気持ちよく走れます。
向かい風さえなければ・・・・・( ̄△ ̄;

何しろ遮るものが何もないですからね~。
それほど強い風でなかったのは幸いですが、距離が長くなってくるとだんだんこたえてきます。
日頃の運動不足と体力不足を痛感(苦笑)
それでも最初は曇り空が多かったのですが、だんだん天気が回復傾向になってきたのでちょっとうれしいです。


表紙の写真は、自転車道のほぼ中間地点での風景です。
用水路の沿ってゆるやかにカーブを続ける道がのびていきます。
わたしの家の近くでもちょっと昔ならこんな風景が見られたので、ちょっと懐かしい気分に。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20494299.jpg
高速道路の高架下にある「吉備高原自転車道」との分岐点。
高原ということはこちらから行くとアップになるということかな?
もちろん今回は2つ目の自転車道の存在は知らなかったので行きませんが(^^;

ちなみにこの先にある「備中高松駅」にもレンタサイクルがあります。
「高原自転車道」方面に行くときはこちらの駅を起点にするのが便利かもしれませんね。


c0081462_20495422.jpg
そして後半のメインスポット「備中国分寺跡」へ。
田んぼには稲を刈り取った後のわらを干す「わら塚」が作られていました。
屋根つきのタイプは実物を見るのは初めて。
背景に見える「五重塔」を意識したんじゃないのかな?なんて思ってしまいます(^^)

なお、ここの少し手前にトイレと休憩所があります。
レンタサイクルもここでできるのですが、管理人さんがいません。
「ご用の際は電話してください」とあるのですが、公衆電話がないのでケータイがなければ自転車を借りることも返すこともできません。
ご注意を(^^;
また「国分寺跡」にも「五重塔」の近くにトイレがあり、そちらのほうがきれいなのでオススメです。


c0081462_2050773.jpg
境内に入る前に外から「五重塔」を眺めます。
この塔は南北朝時代に戦乱のため1度焼失していて、現在のものは1821年(文政4)頃に再建されたものなんだそう。
高さは34.32mあり、吉備路のシンボルタワー的存在になっています。


備中国分寺@Wiki


c0081462_20502135.jpg
「山門」から中へ。
奥に見えるのは「本堂」ではなく「客殿」です。
通常「本堂」は山門のほぼ正面にあるものと思っていたので、ちょっとめずらしい配置ですね。


「国分寺は国分尼寺とともに鎮護国家を祈るため、天平十三年(てんぴょう、七四一)に聖武天皇の勅願によって建てられた官寺です。
 備中国分寺の寺域は東西約一六〇メートル、南北約一八〇メートルで、周囲には幅一、二~一、三メートルの築地土塀がめぐらされており、
 寺域内には南門、中門、金堂、講堂、塔などの伽藍が、配置されていました。
 昭和四十六年に岡山県教育委員会が実施した発掘調査によって、南門跡、中門跡、建物跡、築地土塀などが確認されていますが、
 金堂跡や講堂跡は現在も寺の境内地のうちに含まれており、その位置や規模などは明らかではありません。
 備中国分寺は、中世には廃寺となり、その後江戸時代中期に至って日照山国分寺として再興されました。
 現存する伽藍はすべて再興後に建てられたものです。」

※案内板より引用


c0081462_20503580.jpg
「山門」を入って少し離れた右手に「本堂」があります。
この左には棟続きで「聖天堂」「護摩堂」「客殿」・・・・・と並んでいます。


c0081462_20511198.jpg
「本堂」の屋根下の飾り。
彩色されていないシックなものです。


c0081462_20512048.jpg
「五重塔」最下層の屋根下には4面に3つずつ干支の彫刻が。
これは西側で、小さくてわかりづらいですが右から「申」「酉」「戌」の順に並んでいます。


c0081462_20512890.jpg
「国分寺跡」を出たらあとは終点に向かって走るだけ。
その途中で立ち止まり「五重塔」の遠景を1枚。
いかにも吉備路の絵葉書といった構図ですが(笑)


c0081462_20513613.jpg
自転車道の終点はJRと「井原鉄道」「総社駅」です。
そこまでもう少しというところで西の空がきれいな夕焼けに!
でもきれいに見渡せる場所がなかなか見つからず、そうこうするうちに雲がかかってご覧のような状態に。
う~~ん、残念!!
ま、かろうじて雲間からの「天使の梯子」が撮れたのでヨシとしますか。


さて、地図を見ると「倉敷」市内までなんとか走れそうな距離に思えました。
最後の方で自転車道の案内表示もなくなったし、方向転換して南に向かって走ることに。
しかし向かい風の中を走ってきて結構体力を消耗していた上に、日が暮れて徐々に暗くなってきます。
おまけに前方に小山が見えてきて「もしかしてこの先峠越えアリ!?(汗)」
この時点で頭の中は「もうやめようモード」に変更。
「総社駅」と「倉敷駅」の間にある「清音駅」(きよね)で輪行して終了としました。
どちらからもたった1駅なんですけどね~(^^;


で、JR「伯備線」に乗って1駅の「倉敷駅」で途中下車。
Bromptonを再び組み立てて駅から徒歩5分のところにある割烹「ひがし田」「あなご寿司」をテイクアウト。
そして日がとっぷりと暮れて暗くなった「美観地区」を軽く流して本日のランは終了としました。
さしものD700でもこんなに暗かったら、三脚なしでは難しいですからね~。


ひがし田@Yahoo!グルメ


今回のルート(走行距離:22.7km)
c0081462_2051498.jpg
これを見ると「清音」から「倉敷」まで結構距離がありますね。
走らなくて正解だったかも?(^^;


9枚目 D700+VR70-300mmF4.5-5.6G
11枚目 PC画面キャプチャ
ほかはすべて D700+VR24-120mmF4G


次回は2日目、「片上鉄道」の廃線跡を走ります。
by sampo_katze | 2010-12-21 20:50 | Brompton+西日本 | Comments(0)


<< 片上鉄道のレトロな車両に会いに... 吉備の神社 >>