人気ブログランキング |
房総一の名瀑
房総半島縦断鉄道ポタ~小湊鐵道編・第2回


c0081462_213183.jpg
「滝への入口」


「上総中野」から次の「養老渓谷駅」を目指します。
駅前の「国道465線」に沿って進み、「上総中野」の近くの踏切を渡ります。
すると約2kmほど上りが続きますが、平均3%なので大したことはありません。
峠を越えると今度は1kmほど下って「老川十字路」へ。
ここで右に折れると「養老渓谷駅」方面ですが、せっかくなので左に曲がって「粟又の滝」(あわまたのたき)に立ち寄ることに。
この滝は正式には「高滝」(たかたき)といい、通称として「粟又の滝」や「養老の滝」が使われています。
大きさは幅30m、落差30m、長さ100mで、房総半島一の名瀑とも。

さて「老川十字路」を曲がるといきなり「8%」の看板が出てきますが、短いのでご心配なく。
約2km進むと「水月寺」というところがあり、ここから「粟又の滝自然遊歩道」が伸びています。
駐車場があるので車でも大丈夫ですが、紅葉シーズンは大渋滞になるので注意。
また、駅からバスも出ています。

ただ今回は目的が全線踏破なので、遊歩道はパスしました(^^;
次来るときは歩いてみたいところです。


表紙の写真は、「粟又の滝」への入口です。
「水月寺」からさらに奥に進んだところにあり、ここから下りると滝のすぐそばに出られるようです。
上には「養老大滝」の文字、周りには木彫りの仏像らしきものがいくつか置かれていました。
ここの向かいには旅館「滝見苑」があります。
日帰り温泉は、さらにその先にある「滝見苑けんこう村ごりやくの湯」へどうぞ。


大多喜町公式HP
千葉県養老渓谷 秘湯の宿滝見苑


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_21314437.jpg
少し戻って、沿道で見つけたバス停を。
「メロデーバス」というネーミングがちょっとシュール?
これは「養老渓谷駅」・「上総中野駅」~「粟又」を結ぶ路線バス。
ここに書かれているように、バス停の位置に関係なく自由に乗り降りができるようですね。


c0081462_21325990.jpg
今回のルートの最高地点へ。
「老川十字路」から約2.5kmの地点で、標高は190mあります。
ここには「養老茶屋」がありますが、残念ながら開いてませんでした( ̄Д ̄;


c0081462_21331232.jpg
自転車をとめて滝とは反対方向、北を眺めます。
濃い緑が目にまぶしいです☆


c0081462_21332489.jpg
南に目を向ければ木々のすき間から「粟又の滝」が見えます。


c0081462_21333558.jpg
70mm(35mm換算で105mm)でもこれだけ大きく撮れました。
ここから伸びる遊歩道を通っていっても、滝のそばまで行けるようです。
高低差はかなりありますけどね(^^;


c0081462_2133457.jpg
滝からの帰り道にちょっと変わった地名を発見。
「面白」とかいて「おもじろ」
ん~、ちょっと微妙な(苦笑)


c0081462_21335686.jpg
「老川十字路」に戻ったら「県道81号線」、通称「清澄養老ライン」を通って「養老渓谷」を目指します。
途中「葛藤」(くずふじ)というところにある「弘文洞入口」(こうぶんどう)でわき道に入りましょう。
そこにあるトンネルが今回の見どころの1つ。
入口上には「向山トンネル」という名称と「昭和45年3月竣工」の文字が刻まれています。

少し離れたところから見ると何の変哲もない普通のトンネルのように見えますが・・・・・?


c0081462_2134827.jpg
近づいてみるとなんと、出口が2つ!?
でも上の出口には道が通じていないし、トンネルに天窓というのもおかしいですよね?(^^;

実はこれ、元々は上の素掘りのトンネルが通っていたようです。
その後、昭和45年に(?)新しく下のルートが掘られたようです。
でも、両方の出口の高低差があまりにも大きいのでこんな感じになってしまったんだとか。

面白いのは、上の出口正面に1本の木が立っていること。
まるでトンネルの中を見守っているような感じです。

トンネル内は結構な急勾配になっていて、出口に出てしまうと上るのが大変そうだと思って今回は引き返しました。
でも、この先には「弘文洞跡」という名勝があったんですね。
また出口の上には「向山トンネル」ではなく「共栄トンネル」と刻まれているようです。
ん~、そんなに長い距離じゃないんだから通り抜けておけばよかったですね~(^^;


詳しいレポートが書かれたサイトがありました。
隧道レポート 大多喜町の共栄隧道@山さ行がねが


すべて D40+DX18-70mmF3.5-4.5G


次回は、養老渓谷駅から各駅を巡って走ります。
by sampo_katze | 2011-08-31 21:35 | Brompton+ローカル線 | Comments(0)


<< 各駅めぐりスタート 東京に最も近い"純&... >>