人気ブログランキング |
観光路線から地元の足へ
房総半島縦断鉄道ポタ~小湊鐵道編・最終回


c0081462_2192359.jpg
「中間のターミナル」


今回訪ねた「小湊鐵道」は、「千葉県」「五井駅」「上総中野駅」を結ぶ全長39.1kmの路線です。

線名の由来は、現在の「外房線」「安房小湊駅」付近まで房総半島を縦断する計画があったことから。
1925年(大正14年)に「五井」~「里見」間、1928年(昭和3年)に「上総中野」まで開業しました。
しかし土木技術不足や資金面での問題により、それより先の延伸が困難となりました。
加えて1934年(昭和9年)に「国鉄木原線」(現在の「いすみ鉄道」)が開通し、
内房の「五井」と外房の「大原」が結ばれたことから延伸を断念、現在の路線になっています。

路線は全線非電化、単線でディーゼルカーが1~4両で運転されています。
ワンマン運転は行なわれておらず、車掌が乗務しているのも特徴。
車内できっぷを買うとめずらしい細長い紙の乗車券を発行してもらえます。
かつてはJRや大手私鉄でも、車内で乗り越し精算をすると長いパンチャーでパチパチと穴をあけてくれたものですが。

また車両や駅がレトロな雰囲気を持っているところが多く、ロケなどの場所に使われることも多いようです。
前回紹介した「上総鶴舞駅」などはその代表ですね。


表紙の写真は、「上総牛久駅」の駅舎です。
ここから「五井駅」の間は列車の本数が大幅に増え、通勤・通学路線の色合いが濃くなります。
逆に「上総中野」方面はATS非対応のため、区間内に1列車しか入ることができず本数が少なくなるんですね。


小湊鐵道公式サイト
小湊鐵道線@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_21940100.jpg
有人駅で取り扱っている「小湊鐵道グッズ」の数々。
定番の(?)ストラップやキーホルダーに混じって、オリジナルの「サクマドロップス」も!
またキーホルダーはLEDが内蔵されているので、懐中電灯代わりに使えるかも?


サクマ製菓株式会社


c0081462_2195317.jpg
次の「馬立駅」(うまたて)を飛ばして(駅舎が標準タイプだったので・^^;)、
「小湊鐵道」で最も新しい「光風台駅」へ。
駅舎とホームを跨線橋で結んでいるこの路線ではめずらしい駅です。


c0081462_2110492.jpg
駅舎は言い方が悪いですが、味も素っ気もありません(^^;
でも、新しい駅ですから仕方ないですかね。


c0081462_21101564.jpg
駅の北西にある高台には住宅地が広がります。
手前の平地部には田んぼが広がっていて、このギャップがなんともいえない光景になってました。


c0081462_21102536.jpg
「光風台」の2つ先の「上総三又駅」
入口の傍らに立つ郵便ポストが「丸型ポスト」だったらよかったのに?


c0081462_2110449.jpg
ホームに上がってみると、線路がまっすぐ伸びています。
この駅は「五井」~「上総牛久」間では唯一列車の行き違いができません。


c0081462_21105538.jpg
全国でも屈指の難読駅名の1つ「海士有木」
なんて読むかわかります?







c0081462_2111861.jpg
「海士有木」と書いて「あまありき」と読みます。
「海女」であればイメージしやすいところでしょうけどね(^^;

余談ですが、かつてはここから北に支線を伸ばして「千葉」方面へ接続する路線計画があったんだそう。
残念ながら実現には至らず、鉄道敷設免許も譲渡してしまいました。
現在その免許は「京成電鉄」が所有していてまだ失効していませんが、実現の可能性は限りなく0に近いようです。


c0081462_21111967.jpg
「上総村上駅」の南側(下り列車の進行方向)では、線路のそばを小道が伸びる素敵な場所があります。
でもしばらく列車が来ないので、相棒とのツーショットが撮れませんでした。
残念・・・・・。


c0081462_2112162.jpg
「上総村上駅」の駅舎。
となりの民家(?)とつながっているようなので、ちょっと大きな駅に見えます。


c0081462_21122746.jpg
改札の上には列車接近の電光案内表示が。
かつては「国電」のホームに必ずありましたが、最近は少なくなりました。


c0081462_21124777.jpg
手書きの運賃表もあります。
しかも平成9年4月1日改正版、つまり現役!

これはほんの一部だけを切り出してあるんですが、全体では房総半島全域に加えて東は「銚子」「成田」
西は「山手線」を越えて「西荻窪」、南は「久里浜」、北は「大宮」と非常に広範囲に渡っています!
それが全部手書きでされているんですからさらにオドロキ!!
制作期間はどれくらいだったんでしょうね(^^;


c0081462_211321.jpg
最後は起点の「五井駅」西口の外観。
2階の手前側は線路があるような雰囲気にも見えますが、これは自由通路です。
「小湊鐵道」の線路は反対の東側にありますし、高架ではありませんので。

ちなみに駅構内にはかつて活躍していた蒸気機関車が3両保存されています。
ただどこから入ればいいのかがわからなかったので今回は見てません(^^;


今回のルート(移動距離:65.7km)
c0081462_21131389.jpg



詳細はこちらからご覧いただけます。
小湊鐵道各駅停車@ルートラボ


15枚目 PC画面キャプチャ
ほかはすべて D40+DX18-70mmF3.5-4.5G


次回から新シリーズ、房総半島縦断鉄道ポタ第2弾のいすみ鉄道編です。
by sampo_katze | 2011-09-10 21:15 | Brompton+ローカル線 | Comments(0)


<< 1年半後の"車検&q... 小湊鐵道で最も有名な駅 >>