人気ブログランキング |
山間を行く
房総半島縦断鉄道ポタ~いすみ鉄道編・第2回


c0081462_2227024.jpg
「駅への一本道」


「総元駅」(ふさもと)を出ると、蛇行する「夷隅川」(いすみがわ)に沿うように進みます。
川の蛇行がものすごいため、このあと何度も橋を渡ることになります。

駅を出てすぐ、川沿いにある「黒原交差点」で右後ろ方向に曲がって「国道465号線」から離れ、
「大多喜」の南まで並走する「国道297号線」、通称「大多喜街道」を進みます。
でも少し先、川を渡ってすぐに国道を離れて次の駅へと入っていきます。


表紙の写真は、次の駅「久我原駅」(くがはら)へのアプローチです。
分岐点からホームまで約100mほどあります。
奥には待合室らしき建物が見えますね。
その手前には自転車置き場があり、向かいには小さな街路灯が1つあるだけ。
夜、1人でここを通るのは相当勇気がいりそうですね(^^;


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_22292294.jpg
車1台がやっと通れるくらいの細い道を進んで行きます。
途中の自転車置き場には少なくとも1台は自転車が置かれていたかな?
さらにその先へと「Brompton」で走り(実際には上りなのでかな~りゆっくり)、駅前に止めてホームに上がります。

こうして見ると、こんなところに駅があるのが不思議なくらいです(^^;
でもホームはきれいに整備されていました。

この駅から南西約1kmのところには「三育学院大学」があり、駅名にも付記されています。
「いすみ鉄道」ではかつて「駅名命名権」を募集していて、この駅はその第1号なんですね。
なお、現在は募集は終了しています。


c0081462_22323011.jpg
駅入口に戻り、細い道を北へ進みます。
短いながらもやや上りなのでゆっくりと。
国道との合流点の手前で線路を越えますが、調べてみるとタイミングよく数分後に列車がやってくる様子。

しばらくすると後方から黄色いディーゼルカーがやってきました。
あいにくの曇り空だったのでくすんでしまいましたが、緑一色の中を黄色い車両がアクセントに。
それにしてもなんだかすごい山の中を走っているようにも見えますね。


c0081462_22324324.jpg
国道に入ってからは下りです。
気持ちのいい風を感じながら走ること約1kmで次の「東総元駅」に到着です。
待合所は2008年に「テレビ東京」系列局の番組企画で造られたものなんだそう。
屋根に「大吉」と書かれた札が立っているのがちょっと笑えました。


東総元駅@Wiki


c0081462_22325867.jpg
中にも回転式のおみくじが。
どんなのがあるのかと思って回してみたら「大吉」「中吉」「小吉」だけでした(^^;
ただ全体にも言えるんですがクモの巣やガが多く、ちょっと気味が悪い雰囲気になっていたのが残念(汗)
もちろん、走ったのが7月半ばという季節柄もあるとは思いますけどね。


c0081462_22333341.jpg
壁には路線の存続を願うポスターが貼られていました。
右に書かれている「乗らにゃおいねえよ」「廃止しちゃおいねえよ」とは
「房州弁」「~したらだめ」という意味だそうです。
「乗って残そう 〇〇線」の房州バージョンといったところでしょうか。


c0081462_2234557.jpg
次の駅へはそのまま国道を進んで行けばいいのですが、立ち寄りたいところがあるので
駅から少し戻って南に伸びる小道を進みます。
これは途中にある「大多喜町立総元小学校」の校舎。
ここもなかなか立派な建物ですね。


c0081462_2235515.jpg
さて、小道を進んで「国道297号線」と合流したら左へ。
そこから500mほど北東に進むと「道の駅 たけゆらの里おおたき」があります。
ここでちょっと一休み。

ここの1番人気は「ソフトクリーム」!(250円)
そろそろ水分&エネルギー補給が必要だったのでちょうどいい感じ。
濃厚だけどなめらかなその味わいを堪能して、元気復活です(^^)

ほかにも「竹炭そば」や「華すし」、「いのしし丼」など郷土料理も提供されています。
「いのしし丼」には引かれたんですが、昼ごはんにはちょっと早かったので。


道の駅 たけゆらの里おおたき


c0081462_22352034.jpg
となりには「房総海産物センター」も。
「たけゆらの里」が農畜産物系が中心なので、こちらと合わせれば千葉の名産は全てカバーできる?


c0081462_2235326.jpg
道の駅からさらに1kmほど進むと、左手にゆばのお店「ゆば喜」がありました。
外観を撮っただけで素通りしちゃいましたが、9:00~12:00までゆばの製造工程を見ることができるんだそう。
結構お客さんが入ってましたね。


ゆば喜


すべて D40+DX18-70mmF3.5-4.5G


次回は、大多喜城を目指します。
by sampo_katze | 2011-09-16 22:35 | Brompton+ローカル線 | Comments(0)


<< 大多喜城へ 再び小湊鐵道から >>