Brompton S-Bag導入
Intermission


c0081462_20381847.jpg
「SとT」


相棒「Brompton」の今年最後の(?)カスタムです。

これまで何度か遠征に連れ出していましたが、いずれもベースキャンプ的に
宿に泊まっていてそこを基点にして出かけるという形態でした。
そのため長期遠征で少々大荷物になっても、走るときは必要なものだけを持ち出し
それ以外は宿に置いておいて身軽に出かけることができていました。
小荷物のときは「スタッフバッグ」につめてキャリアにくくりつけるという手もありますし。

でも、全荷物を持ったまま走り回るとなるとちょっと心配。
バックパックで背負っていくのもしんどいですし、やっぱり「フロントバッグ」があった方がいいかな?
「TETSU」が買った「T-Bag」を見て物欲がうずいたのもあります(笑)

で、先日のこと。
「T」に比べて小ぶりな「S-Bag」を購入しました。
容量は「T」30リットルと大容量に対し、「S」は20リットル。
実物を見て「T」は普段使いには大きすぎるかな?というのもありました。

また普段はカメラバッグをたすきがけにして走っているので、
機材は背負って、ほかの荷物はフロントにという使い分けもできるかなと思って。

ただ、こうして並べてみると意外と差がない?
また「T」は不要部分をたたんでバックルで留めることができるのがいいですね。



ところで。
「Brompton」のはほかに「C-Bag」というのがあります。
TETSU」は「T-Bag」、わたし「Sampokatze」は「S-Bag」を導入しました。

となると・・・・・?
「長太郎」さん、期待してますよ!?(笑)


※詳細はまた後日インプレする予定です。


D700+24-120mmF4G/VR
by sampo_katze | 2011-10-10 20:40 | カメラ・自転車の機材


<< 江戸川サイクリングロードの北端へ 田園風景の中を走る >>