人気ブログランキング |
江戸川サイクリングロードの北端へ
点検後の試走


c0081462_20551985.jpg
「目的地遠望」


9月10日(土)。
8月終わりに「サイクルハウスしぶや」で点検をしてもらった相棒「Brompton」の試走に出かけました。
試走というのはちょっとおこがましい気もしますが(^^;

向かった先は「江戸川サイクリングロード」(江戸サイ)。
比較的アクセスがしやすく、自転車も歩行者も少ないので走りやすいのがうれしいところです。
今は時間によっては大変混雑する「多摩川サイクリングロード」も、かつては同じくらいだったそうですが。

普段は川沿いに出ると南下するんですが、今回は北に向かってみることに。
前に1回だけ途中まで走ったことがあるんですが、上流側終点の「関宿」(せきやど)までは未走行。
走行距離もちょうどいい感じです。

誤算だったのは、夏の間伸び放題になっていた沿道の植物。
除草作業は行なわれていましたが、半分くらいは草ボウボウですれ違いもままならないほど。
葉っぱに足をぶつけながら走ることもあり、レーパン姿のローディーさんたちは大変なんじゃないかな?と(^^;
振り返ればこんな時期に「江戸サイ」を走ったことなかったな~。


表紙の写真は、「茨城県」との県境に近い「西関宿」と思われる場所から眺めた「関宿城」です。
小さくてわかりづらいでしょうけど(^^;
でもこれがあるところが目的地なので、見えると「おぉ、あともう少しだ~」ってまた元気が出るんですよ。
特に走ったことがないだけに距離感も皆無でしたからね。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20561652.jpg
「利根川」との分岐点から500mほど下流にある「水閘門」(すいこうもん)を渡り「中の島」へ。
門の少し先にはちいさなトラス橋が置かれていました。

「この橋は、1907年(明治40年)に総武鉄道の小岩~市川間で横断する江戸川に、
 3連の100フィート・ポニー形ワーレン・トラス橋として架設されていた江戸川橋梁です。
 その後、1926年(大正15年)に江戸川から撤去され、1928年(昭和3年)に3連のうち2連が
 横浜市の生糸検査所引込線で大岡川橋梁として使用されました。
 日本の鉄道橋梁の歴史において貴重な土木遺産である本橋は、1994年(平成6年)に大岡川からも撤去されましたが、
 1999年(平成11年)ふるさとの江戸川に人道橋として復元したもので、イギリス系トラス橋の遺構として貴重なものです。
 この復元工事では、橋長を100フィート(30.2m)から、1/3の33フィート(10.1m)と縮め、当時の原材を利用しています。
 また、明治時代と同じ趣に配慮し、リベット締め工法を採用し、当時の姿そのままに蘇らせたものです。」

※説明板より引用

添えられた絵を見ると、このトラスは橋の中央部に架けられていたようです。
川からの高さを取れるので船の通行を妨げないことが理由なのかな?


トラス橋@Wiki


c0081462_20565428.jpg
トラスの部分ははしご形に交じって1か所だけ波型の意匠になっていました。


c0081462_2057418.jpg
「中の島」の東に架かる橋から。
「中の島」の名の通り城の手前の部分も川だったようですが、現在は陸続きになっています。
もっとも下に下りるのはちょっと大変ですけど(^^;

この写真だけ、望遠ズームを使ってます。
この日は50mmの単焦点だけでと思ってたんです、保険として持ってきてたので思わず使ってしまいました。
意志薄弱・・・・・(^^;


c0081462_20571553.jpg
城の北側の広場。
なぜか動物や魚の銅像がたくさん並んでいました。
これは「ゴリラ」で片ひざをついた姿勢。


c0081462_20572552.jpg
そして「パンダ」も。
なぜここにこんなに置かれているのかはよくわかりません。
なんだかシュールな感じです(^^;


c0081462_20573586.jpg
城の全景。
築城は室町時代の1457年頃とされています。
1671年(寛文11年)の再建の際には「江戸城富士見櫓」を模して「御三階櫓」が造られました。
城自体は1875年(明治8年)に破却されましたが、この櫓を模した「模擬櫓」が1995年(平成7年)に造られました。
同時に「千葉県立関宿城博物館」として開設され現在に至ります。


千葉県立関宿城博物館公式HP
関宿城@Wiki


あとで調べてみたら、「江戸川」最上流部の西側(右岸)は「茨城県」なんですね。
ほんの少しとは言え「茨城県」を走るのは今回が初めてでした。
この時点で「関東1都6県」で未走行なのは意外にも「神奈川県」のみ。
これも1週間後に「三浦半島」を走ったので達成できました。
購入から1年半も経ってしまいましたが(^^;


そうそう。
肝心の走りの感じですが、ゆるんでいたあちこちの部分を締め直ししてもらったからか
走りやすく感じました。
やっぱり定期点検は必要ですね!


4枚目 D700+VR70-300mmF4.5-5.6G
ほかはすべて D700+CZ Makro Planar T* 50mm F2 ZF.2


次回から新シリーズ、三浦半島ポタ編です。
by sampo_katze | 2011-10-12 21:00 | with Brompton


<< 海と丘をポタリング Brompton S-Bag導入 >>