人気ブログランキング |
古代蓮の里を訪ねて(季節外れですが)
さきたまの歴史&沈下橋めぐり編・第3回


c0081462_20374489.jpg
「昭和の駅の風景」


「さきたま路」を巡った(巡りそこねた?)猛暑ポタから2ヶ月半経った10月29日(土)。
ようやくリベンジする機会がやってきました。
今回は「行田」をスタートし、新たに「沈下橋」という目的を追加してのポタです。

以前、「島根県」「山陰路自転車道」を走ったときに「斐伊川」(ひいかわ)に架かる「沈下橋」を渡りました。
コンクリート製ですが、幅が狭く橋の路面が川面から少ししか離れていません。
夕立の後で少々増水していたというのもありましたが、なかなかの迫力で面白かったんです。

で、後日読んだ自転車雑誌に「埼玉県」にも「沈下橋」があることがわかりました。
さらにネットで検索してみるとなんと30近くもの橋があることが判明!
う~ん、こんなにもあるとは驚きでした。

でも、さすがに県内あちこちにある橋を全部巡るのは無理。
しかも今回は橋だけが目的ではないので、少し足を延ばして行けるところを厳選して走ることにしました。
10月ともなると夕方暗くなるのが早いですから、油断すると真っ暗になってしまいますからね(^^;


表紙の写真は、今回のスタートとした「秩父鉄道」「行田市駅」の改札口です。
「秩父鉄道」では「Pasmo」などのIC乗車券はおろか、自動改札機もありません。
最近はLEDによる列車の発着案内などが増えていますが、それもないのでどこか昭和レトロな駅の雰囲気がします。
走っている車両も旧「国鉄101系」や旧「都営地下鉄5000系」など懐かしい面々も。
そのうち「秩父鉄道探訪ポタ」もやってみようかな?


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20382539.jpg
南口駅前にある「からくり時計」
実は前回8月に訪ねたときも足を運んだんですが、そのときは時間が合わず。

今回は作動する9時前に着いたので「Brompton」の出発準備を整えた上で待っていました。
説明では上中下の3段に登場することになっていましたが、下段からは何も出てきません。
ちょっと拍子抜けしてしまいました。
もしかして壊れてるのかな?


c0081462_20383711.jpg
気を取り直し、今回はまず駅の南東にある「古代蓮の里」を目指します。
その途中の水路にて。
「サギ」たちが思い思いにたたずんでいました。


c0081462_20384912.jpg
駅から約5km。
向かいにある「東部配水場」のタンクにも「古代蓮」のイラストが描かれていました。


c0081462_2039292.jpg
「古代蓮の里」のシンボルの「展望タワー」
高さは約50mもあり、周囲に高い建物がないのでよく目立ちます。


古代蓮の里 "古代蓮会館"HP


c0081462_20391320.jpg
案内板に描かれていたのはイメージキャラの「つぼみちゃん」

タワーの中にあったプロフィールは次の通り。
いくつかツッコミどころがありますが・・・・・(^^;

「本名 行田つぼみ
 住まい 行田市古代蓮池
 身長 22cm 体重 13kg
 性別 女   年齢 4才
 起床 午前4時 就寝 午後1時
 好物 レンコン」



c0081462_2039241.jpg
「展望タワー」に上るには「古代蓮会館」に入る必要があります。
入口には「日本最大田んぼアートを見よう」の文字が。
入場料は大人400円、小中学生200円です。


c0081462_20393973.jpg
せっかくなので中にある展示スペースものぞいていきましょう。
ここは「行田の自然 ジオラマ展示室」です。
壁面にある鏡のため、実際の広さよりも広く感じます。
照明も少し落としてあって、里山の中を歩いているような雰囲気を味わえるようにしてあるんですね。
パネルをめくると鳥のさえずりが聞けたりもして、なかなか楽しいですよ。


c0081462_20395057.jpg
こちらは「蓮の観察コーナー」
白から赤まで実に様々な色の蓮の花があるんですね!
園内では「行田蓮」を筆頭にして世界の蓮42種類・約12万株が育てられているんだそうです(驚)


c0081462_2040286.jpg
そして展望タワー最上階へ。
当然この時期は花は全くなく、枯れ葉のみなのでちょっともの寂しいです。
空気も澄み切っていないので遠くの山並みも霞んでしまっていますし(^^;
やはり冬が一番でしょうか。


c0081462_20401364.jpg
でもこの時期の最大の見所はこの田んぼアート。
「のぼうの城」をモチーフにしたものが眼下に広がります。


c0081462_20402449.jpg
タワーから下りて、田んぼアートを間近で見てみるとこんな感じ。
かなり大きいです!
普通の稲と「黒米」を組み合わせてできているようですね。
ちなみに「世界一の広さの田んぼアート」ということで「ギネスブック」に申請しているとのこと。
果たして掲載されるのでしょうか?


D700+24-120mmF4G\VR


次回は、さきたま古墳公園を訪ねます。
by sampo_katze | 2011-11-23 20:35 | with Brompton | Comments(0)


<< さきたまの古墳群 さきたまの近代から古代へ >>