人気ブログランキング |
日本総鎮守・大山祇神社と激安海鮮丼
Brompton三銃士・しまなみ海道を走る!第6回


c0081462_20463785.jpg
「四国唯一の大社」


今回は「大三島」観光スポットの1つ「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)を訪ねます。
由緒は次の通り。

「日本総鎮守 大三島宮 大山祇神社由緒
 御祭神 大山積大神

 御祭神大山積大神は天照大神の兄神で山の神々の親神に当り(古事記・日本書紀)天孫瓊々杵命の皇妃となられた
 木花開耶姫命の父神にあたる日本民族の祖神として、和多志大神(伊豫国風土記)と申し上げる、海上安全の守護神である。
 地神・海神兼備の大霊神として日本の国土全体を守護し給う神であるところから古代より日本総鎮守と尊称され
 朝廷を初め国民の崇敬は各時代を通して篤く中世は四社詣、五社詣の中心となり、平安時代既に市が立ち現在に続いている。
 御分社は、全国に一〇、〇〇〇余社祀られ、延喜式名神大社に列せられ伊予国一の宮に定められた。
 明治以降は国幣大社に列せられ四国で唯一の大社として尊崇されている。」

※案内板より引用


ここには8点の「国宝」と75点の「国指定重要文化財」を収蔵。
「大三島」が「国宝の島」とも呼ばれる由縁でしょうか。
境内には「昭和天皇」の研究を展示した「海事博物館」も併設されていて、これらをじっくり巡ると半日くらい必要になりそうです。


表紙の写真は、「大山祇神社」への入口です。
島内を走っているときはあまり人の気配を感じなかったんですが、さすが島の中心地だけあって周辺はにぎわっていました。
見どころも食べどころも充実しているからでしょうか。


大山祇神社@Wiki
今治市大三島美術館


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20471453.jpg
山門。
近年に修復されたのでしょうか、すごくきれいな建物になっています。


c0081462_20472368.jpg
狛犬・その1。
こちらは「大鳥居」の前に鎮座している方。
「ウルトラマン」みたいな目をしていますね。


c0081462_20473321.jpg
その2は「山門」前に鎮座。
くりくりお目目でなんだかかわいい感じです。


c0081462_20474358.jpg
境内にある巨木。
周囲の人と比べるとその大きさがわかります。
ただ、この木の高さや幹周りなどのプロフィールはわかりません。

「天然記念物 乎千命(おちのみこと)御手植の楠
 御島(大三島)に祖神大山積大神を祭った乎千命の御手植楠(樹齢二六〇〇年)と伝えられ
 古来御神木として崇められている。」



c0081462_20475376.jpg
生命力にあふれるその姿は圧巻!


c0081462_2048256.jpg
その先にある「拝殿」で旅の安全を祈願。
残り半分とはいえ、まだまだ長いですからね。

帰り際、門の脇にあった金色に輝く像が目にとまりました。

「隼人の舞
 薩摩の隼人族が大和朝廷の貢物とした芸能が隼人舞だといわれている。
 その祖形は山幸彦が海幸彦に勝利した物語を表現したものとも言われ、
 隼人族と朝廷との親密な関係があったことが「日本書紀」から読み解ける。
 現在隼人舞は隼人の鹿児島神宮で伝承されており、歌舞伎成立以前の古代芸能として大変貴重な文化遺産である。」



c0081462_20481313.jpg
「拝殿」向かって右に進むと巨大な「楠木」が聳えています。

「天然記念物(国指定) 大山祇神社楠木群
 境内の楠木は昭和二十六年六月九日一括国の天然記念物に指定された。
 指定樹三十八本の他大小約二百本の楠木が群生する。
 この楠も国指定天然記念物対象樹で直径二.六メートル 高さ二十四メートルある。」



c0081462_20484173.jpg
「海事博物館」への道すがらに並ぶ塔。

「重要文化財 宝篋印塔(ほうきょういんとう)  鎌倉時代
 時宗(じしゅう)の開祖一遍上人は河野通広の子として松山宝厳寺で生まれ、三島水軍河野通信の孫に当たり、
 一遍上人絵伝に知られる通り大三島宮の参拝の折奉納したものです」



c0081462_20485635.jpg
一巡りした後は昼ご飯。
「大三島美術館」となりにある「お食事処 大漁」でとります。
人気のお店だけに行列&待ちは必須。
でも、店の前にあるシートに名前を書いておけばOKです。
待っている間に「大山祇神社」を参拝してきましょう。
もし呼ばれたときに不在であっても、お店の人にシートの名前を差して「○○です」と伝えれば入れます。
というか、実際そうしました(^^;

お食事処大漁@食べログ


c0081462_2049751.jpg
前菜に「タコの唐揚げ」(400円)をチョイス。
プリプリの食感に味の豊かさが絶品!


c0081462_20491817.jpg
そしてメインの「海鮮丼」です。
どんぶりはやや小振りに見えますがボリュームは満点。
ネタも新鮮で味も抜群!
それでいてなんと380円とは驚愕の安さ!
味噌汁は80円と別料金ですが、メインがこれだけうまくて安いとなれば文句はないでしょう。

その向こうは3人でシェアした「マグロの握り」
こちらもなんと5貫で380円!!
なのに脂が乗っていてとろけそうな味わい・・・・・ぽわ~( ̄▽ ̄*
これだけ食べて3人で2160円、1人当たり720円とおトク!

カウンターにはほかにも「オコゼの唐揚げ」や「煮付け」など、いろんなおかずが並んでいて目移りしてしまいます。
夜は居酒屋にもなるようなので、次回は近くに宿をとってのんびりお酒と魚を楽しみたいですね☆


11、12枚目 D700+AiAF35mmF2D
ほかはすべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、大三島の南半分をめぐります。
by sampo_katze | 2011-12-19 20:50 | Brompton+しまなみ | Comments(0)


<< アートの島・大三島 国宝の島・大三島 >>