人気ブログランキング |
徳島市のシンボル
ちょこっと徳島ひと歩き・中編


c0081462_20221100.jpg
「徳島市街の眺め」


「徳島駅」で降りて駅前に出ると、前方に小高い山が目に入ります。
これが今回訪ねる「眉山」(びざん)です。
つい「まゆやま」と読んでしまいそうで、ちょっと難読ですね。
名前の由来は「どの方向から見ても眉の形に見える」ことからだそう。
標高290mと比較的低い山ですが、市街地周辺は「吉野川」の河口に近いためかほとんど平地なのでとても目立ちます。

「山頂」へのアクセスは、車では南側の「眉山パークウェイ」経由で徳島駅前から約7km、約20分。
または「眉山ロープウェイ」(往復1000円)利用では「山麓駅」から約6分、
「徳島駅」から「山麓駅」までは徒歩約10分です。
ちなみに「山頂駅」があるのは標高277mで、最高地点ではありません。
本当の山頂は駅から約4kmほど西に行ったところにあります。
もっとも周辺は森に囲まれているので、アクセスは相当難しいかと思いますが(^^;


表紙の写真は、「山頂駅」の上にある展望台から市街地方面を眺めたところです。
中央のこんもりとした緑の山はかつて「徳島城」があった「城山」
一部は「徳島中央公園」になっています。
その左手前に「徳島駅」と「そごう」、奥には「吉野川」が流れます。
空気が澄んでいれば「淡路島」などまで見えるようですが、この日は霞んでいたので見えませんでした。


徳島県観光情報サイト 阿波ナビ
眉山ロープウェイ
眉山(徳島市)@Wiki


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20223815.jpg
麓から見上げると山頂にはたくさんの放送・通信用の鉄塔が立っているのが見えます。
でもその中に1つ、ちょっと変わった姿の塔があってなんだろう?と。
説明板には「平和記念塔 パゴダ」とありました。

「平和記念塔 パゴダのご案内
 このパゴダ(仏塔)は、かつてビルマ戦線で散華(さんげ)した戦友をしのび、恒久の平和を願うシンボルとして、
 徳島県ビルマ会により、昭和三十三年に建立されました。
 高さ二十五米、円錐形ドームのビルマ独特の様式で、国内のパゴダの中では、最大級唯一のものです。
 塔内には、仏舎利(お釈迦様の遺骨)が祀られ、戦没者の英霊が奉安されています。
 この仏舎利は、当時のウ・ヌー ビルマ首相より贈られたものです。
 また、ミャンマーを始め、東南アジア各国の生活の紹介や戦争資料などを展示しています。
 このパゴダは、平成元年に徳島県ビルマ会より、徳島県仏教会に移管され、現在に至っています。
 このたび、パゴダ建立五十周年を記念して、大改修を行い、塔内外の景観を一新しました。
  平成二十一年三月  社団法人徳島県仏教会  徳島県ビルマ会」



c0081462_20225190.jpg
そのかたわらには「一等三角点」が。

「一等三角点「眉山」
 三角点は、地図の作成などの必要な測量の基準となるもので、地球上の正確な位置が求められています。
 全国の一等三角点などを繰り返し測ることで、日本列島の動きを知ることもできます。

 位置
 北緯  34° 4’ 1”
 東経 134°32’16”
 標高 277m」



c0081462_2023350.jpg
「山頂駅」に隣接して「展望レストハウス眉山」があります。
ご覧の通り中からの眺めはかなりよさそうなんですが、残念ながら営業していないようでした。
その上は無料の展望休憩所になっていて、こちらは開放されています。


c0081462_20231322.jpg
飛行機の時間もあるので、そろそろ下山します。
でもロープウェイが出るまで間があるので、さらに少し探索。

駅上にある白い箱状のオブジェが気になりました。
近づいてみると「眉山山頂 LED万華鏡」と書かれたプレートがついていました。
どんなんだろう?と下からのぞき込んでみます。


c0081462_20232542.jpg
中はこんな感じ。
通常の「万華鏡」は鏡筒を回すことで模様を変えますが、こちらはLEDの光るパターンが変わるようです。


c0081462_20233662.jpg
さて「徳島駅」に戻りましたがまだ少し時間があります。
そこでもう少し歩くことにしました。

駅の東側へ線路に沿って進むと歩行者専用の跨線橋があります。
ここは「汽車の道」と呼ばれています。
ちなみに「四国」内の「国鉄」はすべて電化されておらず、「JR化」直前にようやく一部区間で電化されました。
現在も「徳島県」には「私鉄」「路面電車」を含め一切「電車」が走っていません!


c0081462_20234781.jpg
トラスには古レールが使われていました。


c0081462_20235799.jpg
線路の向こうは「徳島城跡」です。
建物はほとんど残っていませんが、石垣は結構多く残されているようです。
石の感じも今まで見てきたのとは少しちがっていましたね。


徳島城@Wiki


c0081462_2024727.jpg
「汽車の道」のすぐ目の前にあるのが「太鼓櫓跡」
ここには換気塔のような小さな塔がありました。
すぐ近くに「NHK徳島放送局」があるのですが、それに因んだ塔でした。


「このラジオ塔は、昭和8年に、NHK徳島放送局が開局した際、ラジオ普及のために建てられました。
 昭和58年7月、徳島放送局の開局50周年を機会に、改修されました。」



すべて D40+DX18-55mmF3.5-5.6GⅡ


次回は後編、往復の飛行機からの眺めと徳島空港でのスナップです。
by sampo_katze | 2012-05-04 20:25 | 四国 | Comments(0)


<< 上空からの眺めと徳島空港 徳島市街を一望する場所へ >>