人気ブログランキング | 話題のタグを見る
初めての中国訪問(出張ですが)
出張のお供にNikon1 V2を・・・編・第2回


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_20232024.jpg
「横浜上空@JL029 to Hong Kong」


4月22日(月)から26日(金)までの5日間、「中国広東省」にある「深セン」に出張してきました。
海外への渡航は2010年12月の「韓国」への出張以来。
過去の訪問国は「オーストラリア」「台湾」「マレーシア」「韓国」で、今回で5か国目です。
しかもすべて仕事での渡航で、プライベートでは一切ありません。
国内の47都道府県すべてに足を運んだことがあるのとは対照的ですね~(^^;

さて「深セン」の場所ですが、4月26日の記事「初めての中国訪問」でアップした通り「香港」のすぐ北にあります。
そのため移動は「羽田空港」(東京国際空港)から「香港国際空港」への直行便を利用しました。
っても、これは営業担当者に手配してもらってます。

また現地でのピックアップは空港の予定だったんですが、担当者が「香港」へ入るには「ビザ」が必要とのことで
そのため「深セン市」の南西端近くにある「蛇口」(じゃこう、現地読みではシェーコウ)までフェリーを利用することに。

ん?空港から港まではどうやって行くんだろう?
以前なら調べるのもちょっと大変だったでしょうけど、今はネットで簡単検索☆
今回は「ハルウララ」さんの「シンセンお気楽生活記」を参考にさせていただきました。
写真付きで説明されているのでとてもわかりやすいんですよ。
また「出入国カード」の書き方も別のサイトですが記入例がありましたので、どちらもプリントアウトして持参。
ほんと、いい時代になったものです(^^)


表紙の写真は、「香港」へと向かう機内から撮影した「横浜」付近の様子です。
行きの飛行機は窓際の席が空いていたのでラッキー。
その上、この日はかなり早い段階で「シートベルト着用」のサインが消えたので撮影ができました。
うれしいな~☆

左下は「八景島」の北側、「主翼」先端近くで曲線を描く海岸線は「磯子」から「根岸」のあたりですね。
その右の海にせり出しているあたりが「三溪園」などがある「本牧」(ほんもく)エリア。
「横浜ベイブリッジ」「大黒ふ頭」「鶴見つばさ橋」なども見えます。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_202455.jpg
「八景島」付近を少しアップに。
ちょっとジオラマ風に写っているのは窓の屈折(?)の影響でしょうか。
「Nikon1 V2」にはそのような機能がありませんので(^^;

左の砂浜があるのは「海の公園」
こうして上空から眺めると人口の砂浜ということがわかりますが、実際に行ってみると自然な感じなんですよね。
そして「八景島」の南にあるのが「日産自動車」「追浜工場」(おっぱま)です。
海のそばには「テストコース」が見えますね。

海の公園公式サイト
日産自動車ホームページ


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_20242362.jpg
この日は気流が安定していて「富士山」も比較的きれいに見えました。
やはり雪をまとっているときの姿は美しいですね☆


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_20243722.jpg
そして2月の連休に走った「知多半島」
写真の右側にある東海岸の一番引っ込んでいるあたりをスタートし、南端を回って西海岸の「セントレア」近くまで走ったんですが
こうしてみると結構長いですね(^^;


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_20245337.png
ちなみに走行ルートはこんな感じ。
道は平坦で坂はほとんどありませんが、風が強かったのでしんどかった~(汗)

そのときのポタの様子はこちら
Day2-1・知多半島の東海岸をBromptonで南下
Day2-2・知多半島の西海岸をBromptonで北上
Day2-3・常滑からセントレアへ



この後は撮ることもなく本を読んだりウトウトしながら過ごし、「香港国際空港」にはほぼ定刻に到着しました。
事前に用意した資料に従って空港内でフェリーのチケットを買い、港までは自動運転の列車で移動。
フェリーは15分ほど遅れましたが無事に「蛇口港」に到着しました。
なお「出入国カード」はフェリー内でもらえるので、受け取りと記入をお忘れなく!
航行中の船内はそれなりに揺れますしテーブルもややくたびれていたので、港についてから書いたほうがいいかも?(^^;

で、「羽田」で預けた荷物は船を下りたところで受け取ります。
船が着岸してから下りられるようになるまで待たされますが、これは荷物を先に下ろすためのようです。
この間に忘れ物がないかをチェックすると同時に、「出入国カード」を書いておくといいでしょう。
なんだかんだで5分くらい待たされたかな?

入国手続き後は、ターミナルの外で現地代理店のスタッフと無事合流してほっと一安心。
やはり初めての訪問地、まして海外となればやはり緊張しますからね(^^;
またスタッフは日本語が上手なので、自分の語学力のなさから安心感はさらに増します(苦笑)
翌日からお仕事となりました。

で・・・・・日付は変わって25日(木)。
この日は午前中で仕事が終わりました。
ですがそのスタッフが別件で出かけることになり、昼食後に宿まで送ってくれたその後はフリーとなりました。
そこで部屋で一休みした後、街を少しぶらつくことに。
といっても地図がないので大通りを行き来する程度でしたけどね(^^;


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_20294436.jpg
こちらは今回泊まった「ノボテル ウォーターゲート 深セン」(深セン万徳諾富特酒店)。
部屋にはLANがあってネット接続ができましたがここをはじめとしたブログ、「Yahoo!」「Google」にはつなげませんでした。
これはちょっと予想外で困った~(汗)
本を何冊か持って行ったことで、時間を有効につぶせたのでよかったですが。

Novotel Watergate Shenzhen@Googleマップ


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_20295721.jpg
宿のある交差点の反対側から。
これを撮っておけばとりあえず帰りは大丈夫かなと。


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_2030720.jpg
反対を向くと「深セン」で最も高いビル「京基100」(けいき)がそびえます。
細長い船のような独特のシルエットなので、遠くからでもその存在はよくわかり帰り道の目印にもなってくれました(^^)
その名前から100階建てかと思ったんですが、実は98階建てだそう。

またその右に建つ2本のポールを持つ建物は「信興広場」(Shun Hing Square)で、こちらは68階建て。
「京基100」ができるまではこちらが「深セン」で最も高いビルでした。


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_20305695.jpg
「京基100」の足元にある「深セン大劇院」(SHEN ZHEN GRAND THEATRE)。
このすぐ右に地下鉄の「大劇院駅」があります。


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_2031856.jpg
道をはさんで向かいに並ぶ建物群。
右手前にあるのは交差点の地下を通る通路の入口で、地下鉄の駅入り口は写真左奥の方にあります。


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_20311777.jpg
表は暑いし、ちょっと興味があったので「大劇院駅」に入ってみることにしました。
これは運賃表を兼ねた路線図。
全部で5路線、営業キロは178kmです。
「東京メトロ」は9路線、195.1kmですからかなり長いですね。
しかも現在工事中の路線があり、2016年度中に7路線が新規開業する予定だそう。

2~3駅先まで乗れる初乗りは2元、「大劇院駅」から最も離れている「機場東駅」までは8元です。
計算を簡単にするため1元=15円とすると、それぞれ30円、120円!
安いですね~(^^;

深セン地下鉄@Wiki


初めての中国訪問(出張ですが)_c0081462_2031367.jpg
駅入口にある始発電車と終電車の案内。
06:30から24:00までの運転なんですね。
右下に電車のアイコンと「地鉄 METRO」の表示がありますが、これは地上の標識にも使われています。
ただし駅がこっちにあるよという表現のみで、どの駅かというのは書いてありません。
まぁ、日本の案内標識が懇切丁寧すぎるのかもしれませんが(^^;


すべて Nikon1 V2+10-30mmF3.5-5.6


次回は、メインストリートの1つである深南東路を東へと歩きます。
by sampo_katze | 2013-05-02 20:35 | 海外 | Comments(0)


<< 深セン・深南東路を歩く 出張ついでに鹿児島空港で飛行機... >>