人気ブログランキング |
サバンナの監視員?
東武動物公園へ行こう!2013春編・第3回


c0081462_20334715.jpg
「歩哨に立つ」


「ライオン舎」の右となりの小さなスペースには「ミーアキャット」がいます。
エリアが小さいのであまり目立たないですが、ときおり直立不動の姿勢で立っていることがあるので素通りすることはないかな?
ちょっと異色の組み合わせのようですが、どちらも「サバンナ」に生息しているので共通点はありますね。

ところで「ミーアキャット」は「マングース科」に属しています。
雑食性で植物の芽や果実のほか昆虫やサソリ、小型哺乳類などとかなり範囲が広いです。
結構なんでも食べてしまうんですね~。
毒をもつサソリなんかも食べるとは、見た目とは裏腹に勇敢というか獰猛というか・・・・・(^^;
まぁ生息環境ゆえにというのもあるんでしょうね。

「ミーアキャット(スリカータ)

 英名:Meerkat
 学名:Suricata suricatta
 分類:食肉目(ネコ目) マングース科

 ミーアキャットはアフリカの南部に生息するマングースの仲間です。
 群れで暮らす彼らは、掘った穴を巣とし、主に昆虫・サソリ・小動物・植物などを捕らえて生活しています。
 体の大きさは、頭胴長(とうどうちょう)が25~30cm、体重は600~900g程。
 俊敏な動きとは対照的に、日光浴や見張りをする際の立ち姿がとても特徴的です。」



表紙の写真は、岩の上に立つ「ミーアキャット」です。
ピンと背筋を伸ばしたなかなかいい姿勢ですね。
2本足だけでは無理なので、しっぽも使ってしっかりバランスを取っています。

「ミーアキャット」は「千葉市動物公園」でも見られます。
訪ねたのはもう5年も前になってしまいましたが(^^;
エリア内に「体重計」が置かれていて、彼らの体重がわかってしまうなんていう仕掛けもありました。
今もあるのかな?
近いうちにもう1度訪ねてみたいところです。


千葉市動物公園

「千葉市動物公園」の「ミーアキャット」はこちら
2008年6月29日の記事 猫とちゃいます!


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_20342152.jpg
岩の上に立って周囲を警戒しているのは見ていた限りは1匹だけ。
自然界とちがって天敵はいませんからね。
強いて言えば「カラス」がそれにあたるかもしれませんが、効率を考えればわざわざやってこないでしょうし(^^;
そんな環境ということもあってか、岩の上にこうして寝そべっている子もいました。
あ、ちなみに立っているのは日光浴も兼ねているようです。


c0081462_20343053.jpg
中には仰向けになって大の字になっている子も!
「ミーアキャット」は何度か見てますが、さすがにこんな大胆な様子を見るのは初めてですね~。


c0081462_20343873.jpg
いちおう頭は起こしていますが、ほぼ完全に無防備状態。
こうしたほうがお腹もあったまりやすくて都合がいいのかもしれないけど、リラックスするにもほどがあるって(笑)


c0081462_20344857.jpg
かと思えば、真下をのぞいてみるとこのように伏せの態勢をとっているものも。
あるいは「砂が冷たくて気持ちいい~」なんて状態なのかな?


c0081462_20345794.jpg
先に書いたとおり、ここは「ライオン舎」のすぐとなりにあります。
こうしてガラスのすぐ向こうに「ライオン」がいることも!
この距離感はなかなかすごいですね~。
といってもガラスがあるので、お互い素知らぬ顔をしていますけど。


c0081462_2035664.jpg
1つ前の左側に写っていたガラスのドーム。
ここは「ミーアキャット」のエリアとつながっていて、ときおりここから「ミーアキャット」が顔を出すことがあるんです!
残念ながら「ライオン」とのツーショットは見られませんでしたが、1度でいいから見てみたいものですね~。
もっとも実現は不可能でしょうけど(笑)


c0081462_20351576.jpg
ちょっと尺があまった(?)ので「レッサーパンダ」を(^^;
表に出ていたのは2頭。
このときはよく歩き回っていましたが、姿が見えないときは木の上で昼寝をしているかもしれません。
また建物の下の方にある出入り口が開いているときは室内にいることもありますよ。
暑いのは苦手のようですからね。

「レッサーパンダ Lesser Panda

 学名 Ailurus fulgens styani
 分類 ネコ目 アライグマ科
 分布 ミャンマー北部から中国南部

 標高1800~4000mの山岳地帯に生息しています。食性は笹やタケノコ、果実、卵などを食べます。
 夜行性で単独行動をしますが、繁殖期にはつがいになり、仔は1年ほど雌親と一緒に過ごします。

 なるほど!!Zoo
  シロクロのパンダさんはみんな知ってるよね。
  けど、先に見つかったのはこっちのレッサーパンダさんでした。
  だから昔は、レッサーパンダさんのことを「パンダ」って呼んでたんだって。」



c0081462_20352679.jpg
左側にベンチがあるのでそこで小休止しつつ眺めていました。
すると1頭が足元の草を食べながらかな?少しずつこちらに近づいてきてくれました。
お、これはチャンスだ!と思ったんですが、なかなか顔を上げてくれません。


c0081462_20353698.jpg
とりあえず近づいている間は待ってみようとしばらく見ていたら、ようやくほんの少しだけ顔を上げてくれました。
ここからまた前に来てくれるかな?と思ったんですが、方向を変えて奥の方へと戻っていってしまいました。
カメラ目線は無理としても、もう少し表情がわかるとよかったんですけどね。


1~7枚目 D700+VR70-200mmF2.8G
8~10枚目 D700+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ


次回は、アカゲザルの山とリスザルの森です。
by sampo_katze | 2013-06-05 20:45 | 動物園 | Comments(0)


<< アカゲザルの山とリスザルの森 地上目線からライオンを見てみよう! >>