人気ブログランキング |
長岡駅の”ゆるキャラ”たち(パネルだけど)
1コマ写真@新潟出張・その5e


c0081462_20171237.jpg
「長岡市のゆるキャラ11人衆!?」


「上越新幹線」「長岡駅」で下車。
改札口へと向かう途中に気になるパネルが・・・・・。
行きは時間がなかったのでチラ見でチェックしておくだけで素通りしてしまいましたが、帰りにゆっくり撮影。

パッと見でつながりがわかるのは、センター(?)の「ナッちゃん」
「日本三大花火大会」の1つに数えられる「長岡まつり大花火大会」がモチーフになっています。
さらに体は「信濃川」に架かるご当地の「長生橋」(ちょうせいばし)を表しているんだそう。
橋の部分については「車内誌トランヴェール」に載っていたことから判明。
「ちょっと分かりにくいけど」とコメントがありましたが、確かにわからなかった(^^;

あとは「山古志」(やまこし)の「小太郎」
10年前の2004年10月23日(土)に発生した「新潟県中越地震」がきっかけで知るところとなりました。
モチーフになったのはご当地で行われる「牛の角突き」、いわゆる「闘牛」ですね。
そして、ここにはありませんが「錦鯉」も。
その発祥となったのも「山古志」だったとのことです。

実は今回の乗車時にあった「トランヴェール」の9月号で、ちょうど「長岡市」が取り上げられていました。
それまでは「新幹線」の駅があるという印象しかなかったんですが、「鏝絵」のある古い町並みもあってなかなか楽しそう。
機会があれば訪ね歩いてみたいと思いました。


Nikon1 V2 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6


次回から、延び延びになっていた新幹線浜松工場見学編を始めます(^^;
by sampo_katze | 2014-09-07 20:20 | 東海・中部


<< 東海道新幹線浜松工場の一般公開... "新潟限定ビイル&q... >>