人気ブログランキング |
上野動物園の西園にいる鳥たち
上野動物園へ行こう!2015秋編・第1回


c0081462_2028251.jpg
「キリンの垂れ幕がお出迎え」


10月10日(土)。
この日は久しぶりに「上野動物園」を訪ねました。
昨年1月4日に訪ねて以来、約2年ぶり4回目です。
そして前回同様に「上野駅」側にある「表門」ではなく、西側にある「池之端門」から入園。
目的は来年の干支である「サル」の写真を撮ろうというものなんですが・・・・・。
それなら「表門」からのほうが近いんですけどね(^^;

最寄駅は「東京メトロ千代田線」「根津駅」で、「代々木上原駅」寄りの2番出口から出ます。
出口を出て目の前にある「不忍通り」を右へと進みます。
ただし入口は向かい側にあるので、3つ目の信号までに向かい側に渡っておきましょう。
所要時間は約5分です。


表紙の写真は、「池之端門」に掲げられている垂れ幕です。
すました顔をした「キリン」の横顔が描かれていました。
昨年訪ねたときは気づかなかかったんですが、過去ログを見るとしっかり写っていました(^^;

前回、「根津駅」から訪ねたときの記事はこちら
2014年2月27日の記事 「根津駅から上野動物園・池之端門へ」


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン










c0081462_2029729.jpg
ゲートを通って園内へ。
右手にある建物の前には赤い「ベビーカー」が並んでいました。
レンタル用ですが、基本は持参でしょうからあまり需要はないような気も?(^^;


c0081462_20291647.jpg
「両生爬虫類館」前の様子。
この頃はまだ「イチョウ」の木も色づき始めといった感じでした。
あ~、今回もここに入ることなく通り過ぎてしまったなぁ~。


c0081462_20292615.jpg
そしてお気に入りの「ハシビロコウ」のいるゲージへ。
ほんとは「キリン」や「カバ」などのエリアを最初に回ってたんですが、順番をちょっと変えてます。
すぐその姿を見つけたんですが、残念ながら後ろ姿。
でも「不動鳥」の異名がある通り、ほとんど動かないので回り込めば大丈夫。


c0081462_20293637.jpg
横顔をアップに。
まるで木靴のような雰囲気の大きなくちばしが特徴。
上くちばしの先端はするどくとがっています。
なお、この子はメスの「サーナ」
白っぽいくちばしをしているのが特徴で、脚に青い脚環をつけています。


c0081462_20294712.jpg
しばらくすると奥の方へと飛んで行ってしまいましたが、追いかけるのもなんなんでそのまま望遠で。
さらにファインダーをのぞいていると、飛び立とうとするポーズを見せてくれました。
お、これは飛ぶか!?と思ってシャッターを切ったら、「やっぱや~めた」とばかりに戻ってしまった!
期待してたのにフェイントかい!
やられました~(^^;


c0081462_20295939.jpg
こちらは別の子。
足を見ると緑の脚環がつけられていますが、これを見ることで個体識別ができるようになっています。
慣れてくると顔を見るだけでわかるそうなんですが、たまにしか来ないわたしにはできない芸当です(笑)
ちなみにこの子は緑の脚環をしていたのでメスの「ミリー」ですね。
先の「サーナ」と比べると幾分小顔で細身な感じがします。


c0081462_2030967.jpg
顔をアップに。
くちばしには黒っぽい小さな斑紋が入っていますね。
前回訪ねたときもこの2羽を撮っていたんですが、このときはまだ区別が頭に入ってませんでした。
次回はわかるようになるかな~?


c0081462_20301923.jpg
結構キョロキョロと動くので正面顔になることも。
でも微妙に目線を外されました。
おしい!


c0081462_20302961.jpg
となりに目を移します。
「ハシビロコウ」は単独行動が基本なので、それぞれ別のゲージに分けられています。
こちらの子は草むらに体をあずけて眠っていました。
足輪が見えないのでどの子かがわからないのがちょっと残念。


c0081462_20304055.jpg
なんてこと考えながら撮っていたら目を開けました。
そして「な~にやってんの?」という感じでこちらに目を向けてきました。
ありゃ、起こしちゃったかな?(汗)
でも少しするとまたおねむモードに。
ちょっとホッとしました(^^;
向こうにすれば「いつものこと」って感じなんでしょうか。


c0081462_20305269.jpg
続いては「ベニイロフラミンゴ」のゲージへ。
その名の通り、鮮やかな紅色をまとった美しい姿をしています。


c0081462_2031267.jpg
こちらは個体数が多いためか、脚環に番号が書かれています。
そういえば色がどうなっていたのかを見てなかった。
全部赤だったかな?(^^;
う~ん、次はちゃんとそこも見ておかないといけないですね。


c0081462_20311364.jpg
長い首をくねらせてバトル!
もう少し引いたところから撮りたいところでしたが、なにしろ急なことでしたから撮るので精いっぱい。
直前に目一杯望遠側にセットしてあったことも敗因です。


c0081462_20312445.jpg
こちらでは翼をふくらませて威嚇しています。
された方はおもわずのけぞってしましました。
そして左の子は無関心なのか、ボーッとつっ立ったまま。
なんだか漫才トリオみたい?


c0081462_20315985.jpg
ふと、まさに毛色のちがうのが1羽だけいるのが目に入りました。
まだ1本足で立つのもおぼつかない様子で、片足を上げようとしてもすぐに写真のように戻ってしまってました。
成鳥とまったくといっていいほど大きさが同じなんですけどね。

でも帰ってからググってみたら、どうやら今年7月21日に生まれたばかりのヒナのようです。
え?生後約2か月半でこんなに大きくなっちゃうの!?
って、そういえば「東武動物公園」にいる「タンチョウ」も1か月くらいで大きくなってたっけ。
鳥たちの成鳥ってほんとに早いです。
生まれたばかりのふわふわの産毛をまとった姿はほんとにあっという間に見られなくなっちゃいますから。


c0081462_20321537.jpg
最後は翼を広げたところを。
この子は首や背中の色がほかの個体と比べると薄く、白っぽい感じ。
翼も濃いところと薄いところがまだらになっています。
まだ若いからなのか、それとも単なる個体差によるものかはわかりません。
不思議ですね。


1~3枚目 D700+24-120mmF4G/VR
ほかはすべて D700+VR70-200mmF2.8G+TC-14EⅡ


次回は、大型哺乳類3種です。
by sampo_katze | 2015-12-12 20:35 | 動物園 | Comments(0)


<< 森林のキリンと草原のキリン+クロサイ 「しんかい2000」の実機を見学 >>