人気ブログランキング |
上田城址公園を訪ねる
上田出張でのオフタイム編・第3回


c0081462_1492096.jpg
「真田赤備えのかぶりものバージョン」


市街地に散らばった「真田十勇士」の像をめぐり終えたので、次は「上田城」を目指します。
家臣たちをすべて見つけたので城に行くというわけではないですが(^^;
でも展開的にはなんだか「ラスボス」を倒しに~って感じですね。

「上田駅」からは駅前から北方面へ伸びる道を進み、約500mのところにある「中央2丁目交差点」を左折。
道なりに進んでいくと城の入口前に出ることができます。
ですが1つ手前の「松尾町交差点」を左折して道なりに進み、突きあたりにある「上田高校」に立ち寄ってみるのもオススメ。
というのもこちらの学校の敷地は「上田藩主居館」だったところで、正門もかつての屋敷の門が使用されています。
周囲を取り囲む堀も当時のままのようですね。


表紙の写真は、とある場所の自動販売機の横にいた「長野県PRキャラクター アルクマ」です。
緑の体に白いお腹、背中には赤いリュックを背負っています。
デフォでは県名産の1つの「リンゴ」をかぶっていますが、ここでは「真田幸村」公の兜に。
「アルクマ」は「かぶりもの」を集めるのが趣味だそうで、ほかの地域に行くと別のものをかぶっています。
公式サイトにいくといろいろなバリエーションを見ることができますよ。


blogram ランキング参加中!よろしければクリックをお願いします。
blogram投票ボタン









c0081462_1495530.jpg
道すがらで見かけた「マンホール」のふた。
「真田家」の家紋である「六連銭」が描かれています。
また小さく「下」の文字が入っていますが、これは「下水道」のことと思われ。
このようなご当地ものはたいてい「おすい」のものですね。


c0081462_141063.jpg
「上田市役所」の前あたりにあった「六連銭」についての説明。
ほかにも「三途の川」の渡し賃が6文であるということもあるようです。

「六連銭
 真田家の家紋として名高く、六文銭とも呼ばれますが、これは仏教説話の六連銭に由来をする家紋です。
 銭六文を死者の棺に入れて六地蔵に供える風習にのっとり不惜身命を唱える武士にとってふさわしい旗印でした。
 東信濃の古代以来の豪族滋野(海野)氏の代表家紋でありその流れをくむとしている真田氏もこれを用いました」

※説明板より引用、以下同じ
※読みは次の通り 不惜身命:ふしゃくしんみょう、滋野:しげの、海野:うんの


c0081462_14102351.jpg
さらに西へと進み、突き当りにある「大手1、2丁目交差点」の信号を渡ると公園への入口があります。
橋を渡ると左へとゆるやかにカーブする道があるのでそちらに進んでいきます。
すると広い駐車場があり、その奥には「信州上田 真田丸 大河ドラマ館」がそびえていました。
これは「大河ドラマ」の舞台となった地に放映に合わせた期間限定で開設されるものだそう。
この日は平日の上に時間も遅かったためか、車は皆無で人もほとんどいませんでした。
でも休日には大型バスが来たりとにぎやかなんでしょうね。


c0081462_14103355.jpg
「ドラマ館」を横目に先に進むと「本丸」へと続く「東虎口」が出迎えてくれます。
中央の「櫓門」、その左右にはそれぞれ「南櫓」「北櫓」があります。
この2つの櫓はもし市民らが買い戻していなければ、戦災に見舞われていたかもしれないんですね。

「本丸東虎口
 現在、本丸の東西虎口には3棟の櫓が残っています。
 東虎口にある南北2棟の櫓は明治8年(1875)に民間に払い下げられ、上田城の北方、太郎山山麓の上田遊郭に移築されました。
 昭和16年(1941)には市内の建築業者から東京の料亭に転売されるという事態が起こりましたが、市民らにより
 上田城址保存会が結成され、2棟の櫓を買い戻しました。その後、戦局の悪化による中断をはさみながら
 同24年(1949)に現在地に復元。南櫓・北櫓と名付けられ、上田城跡のシンボルとして人々を迎えることになりました。
 昭和34年には、西櫓とともに長野県宝に指定されています。
 また現在東虎口にある櫓門は、古写真等を根拠に平成5年度に復元したものです。」



c0081462_14104953.jpg
「東虎口」に向かって右側の石垣に使われている巨石は「真田石」と呼ばれています。
ただ「真田昌幸」「関ヶ原の戦い」ののちに「九度山」(くどさん)に配流され、城は「徳川家康」の命令によって破却されます。
その後、「小諸藩」より移封となった「仙石忠政」のよって再建されました。
この石垣もその際に造られたものなので、本来は「真田」とは無関係なはずなんですよね(^^;
でも説明にかたられているエピソードを見ると、それもありかな?なんて思ってしまいます。
それだけ「上田城=真田氏」という結びつきが強いということなんでしょう。

「真田石
 大手の石垣に巨石を用いる例は多く、城主はその権威を示すために、大きさを競ったという。
 真田石は、真田信之が松代に移封を命じられた際に、父の形見として持っていこうとしたが、
 微動だにしなかったという伝承がある。現在ある石垣は仙石忠政が造ったものであるが、
 真田氏に寄せる人々の敬愛の情がうかがえる伝承である。」



c0081462_14105924.jpg
「東虎口」をくぐると正面に道が伸びています。
これは「本丸」の中にある「真田神社」の参道です。

「智恵の神社  真田神社の由緒
 当社は戦国時代の天正11年(1583)上田にこの平城を築き城下町を造った真田父子を主神とし、
 江戸時代に民政に尽くした仙石・松平の歴代藩主を祭神とする神社であります。
 殊に十数倍の大軍を二回に亘り撃退して日本一の智将と謳われた真田幸村の神霊は、今も智恵の神様として崇められています。
    真田神社」



c0081462_1411989.jpg
「真田神社」の左手へと進むと井戸があります。
この井戸には抜け穴があるとのことですが、果たして?

「真田井戸
 この井戸からは、抜け穴があって城北の太郎山麓の砦に通じていた。
 敵に包囲されてもその抜け穴より兵糧を運び入れるにも、城兵の出入りにも不自由しなかったという。
  上田市木  一位の木製」



c0081462_14111814.jpg
「仙石忠政」による再興で建てられたもののうち、唯一当時の姿をとどめている「西櫓」
小高い石垣の上に立っていて、「北陸新幹線」の車窓からも見えます。
ただそれほど大きな建物ではないため、意識してないと見逃してしまうかも?
また、今年末までの期間限定で「西櫓」の内部を見学することができます。
でもわたしが着いたときは開放時間が終わっていたため入れずじまいでした(^^;

「本丸西櫓
  本丸には7棟の櫓がありました。いずれも元和8年(1622)真田信之の松代転出後に上田城主となった仙石忠政が行った、
 寛永3年(1626)からの上田城復興工事の際に建てられました。
  現在、本丸の東西虎口には隅櫓が3棟ありますが、南櫓・北櫓の2棟は、明治維新後、他所へ移築されていたものを
 現在地に再移築したものです。西櫓のみが寛永期の建築当初の部材を残し、外観もほぼそのままの姿を残す西櫓は
 全国的にも貴重な建物であり、昭和34年には南櫓・北櫓とともに長野県宝に指定されました。
  櫓の構造は桁行(けたゆき)5間(約9m) 梁間(はりま)4間(約7.2m)の二重櫓で、主要材は松と栂(つが)です。
 屋根は入母屋造(いりもやづくり)で本瓦葺き(ほんがわらぶき)、外壁は下見板張り(したみいたばり)で
 一部を白漆喰(しろしっくい)の塗籠(ぬりごめ)としています。
  窓は「武者窓」という形式で、突き上げ戸が取り付けられており、棒で突き上げてすばやく開けられるようになっています。
  1回の狭間(さま:矢・弾丸を放つための窓)は、いずれも下方の敵を狙いやすいよう低い位置に開けられています。
 南・北面では左から縦長の矢狭間が一つと、正方形に近い鉄砲狭間三つが並んでいます。また西面では、左側に矢狭間が一つ、
 その右に鉄砲狭間が並んで配置されています。」



c0081462_14112884.jpg
「西櫓」前から南方面の眺めをパノラマで。
足元には「上田城跡公園 芝生広場」が広がっていますが、こことの高低差はかなりのものです。
この右手に下へと通じる階段がありましたが、かなり急角度でした。
これももしかしたら当時から使われていた通路だったのかもしれません。


c0081462_14113839.jpg
ここは2008年の年末、「別所温泉」に行った帰りにも立ち寄っています。
そのとき「西櫓」前に落雷を受けたと思われる1本の木がありました。
でも7年半も経過しているためか、その痕跡は見当たりませんでした。


c0081462_14114959.jpg
最後は「東虎口」をパノラマで。
中央が「櫓門」で1994年(平成6年)に復元されたもの、その右が先にも出てきた「北櫓」、左が「南櫓」です。
結構幅が広くて普通では1枚に収まりませんので、こういうときのパノラマは重宝しますね。

また2008年年末にたずねたときは、この門の前に「真田幸村」「真田十勇士」「顔はめパネル」がありました。
ご当地出身の切り絵作家「新村清比古」さんによるもので、なかなかかっこよかったですよ。

2008年末に訪ねたときの様子はこちら
2009年1月11日の記事 真田の郷


すべて iPhone5S


次回は最終回、上田の居酒屋で一杯やります。
by sampo_katze | 2016-09-19 21:00 | 東海・中部 | Comments(0)


<< 上田駅前ビルの地下にある名店へ 真田十勇士を探してオリエンテー... >>