マニラの空港ラウンジで朝カレー
1コマ写真@フィリピン出張・その8e


c0081462_10381837.jpg
「あこがれのJAL特製ビーフカレー!」


「フィリピン」での出張の最終日。
「Subic」(スービック)から首都の「Manila」(マニラ)へと移動します。
当初の予定であれば、この日が「フィリピン」出張での最後の晩餐となるはず。
が、諸事情により某「ファーストフード」を車中でとることになりました(^^;
でも、何も食べずに長時間の移動とはならずにすみましたから贅沢は言えませんね。

そして翌朝。
宿泊先から出発地の「ニノイ・アキノ国際空港」へと向かいます。
直線距離で約5km、道なりでも10kmほどと近いんですが・・・・・。
良くも悪くも名物?の渋滞に巻き込まれると大変なことになるとか。
搭乗する便は9時50分に出発するので、約3時間前の7時にホテルを出ます。
それが幸いしてか、空港へはスムーズに到着。
ちなみに反対に市街へと向かう道は相当な混雑でした。

空港に着くとまず入口で「セキュリティチェック」を受け、「カウンター」で荷物を預け搭乗券を発券。
「出国審査」のあとに「保安検査」で2度目のチェックで、ここでは「靴」も脱がないとなりません(^^;
でもここを抜ければ晴れて自由の身?となります。
ただし、搭乗前に3度目の荷物チェックがありますよ~・・・・・(◎_◎;
もっともわたしたちは朝早く出てきたので、待ち時間はほぼゼロでスムーズすぎるくらいでしたけどね。

さて、順調に進んだので搭乗まで1時間半ほどあります。
単独であれば空港内をブラブラするところですが、今回は営業担当が同行しているので「ラウンジ」へ入れます(嬉)
そして入口を入るとかぐわしい香りが鼻をくすぐります。
この香りは・・・・・「JAL国際線ラウンジ」でしか食べられないあの「カレー」だ!
まさか「フィリピン」の空港でこれが味わえるとは(感涙)
ルーはマイルドで和風というか日本式というか、そんなタイプ。
そしてよく煮込まれた大きめの「ビーフ」がゴロッと入っていて食べ応え抜群!
器がやや小ぶりで、かつあまりのおいしさにおかわりしたくなってしまいます。
ただこの後すぐ搭乗となり、「機内食」も出ますから悩ましいところですね~(笑)

なお「JAL」では「国内線ダイヤモンド・プレミアラウンジ」(DPラウンジ)で「焼きカレーパン」なるものも提供しているとのこと。
こちらも味わいたいところですが、「DPラウンジ」は最上級会員または「ファーストクラス」乗客のみが利用できます。
ただそのためだけに「ファーストクラス」・・・・・これまた悩ましいなぁ(^^;


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-03-31 23:15 | 海外


<< 本州最北端にある水族館へ フィリピンのビール >>