青エビ・アザラシ・ペンギン
新幹線で水族館に行こう!@海遊館・中編


c0081462_10091256.jpg
「半分どころか、"全部、青い。"!」


「海遊館」めぐりの続きです。
今回で2回目の訪問ですが、かなり雑なめぐり方になってしまいました(^^;
夏休みまっただ中での混雑の上に、2回目という気のゆるみもあったかもしれませんね。


表紙の写真は、「アメリカロブスター」です。
「エビ目アカザエビ科ロブスター属」の仲間で、「エビ目」の中では最大級の大きさを持ちます。
体長は1mを超えるものもいるんだそう。
体色は暗赤色が一般的なイメージですが、ほかにも灰色や薄い黄色など生活環境によって異なります。
ですが、このような淡い青というのはめずらしいような気がしますね。
特に説明がなかったのは残念でしたが、意外とありふれているのかも?










c0081462_10091575.jpg
「エビとカニの違い」についての説明。
これに「ヤドカリ」の仲間を加えたのが「エビ目」です。
大きなくくりではこの3種は同じなんですね。


c0081462_10091862.jpg
再び「アメリカロブスター」を正面から見てみます。
大きな「鋏脚」は迫力満点!
また、淡いながらも鮮やかな青がとても美しいですね。


c0081462_10092125.jpg
ここは・・・・・どこの水槽だったかな(^^;
「海遊館」は縦に長いフロア構成になっていて、水槽が複数のフロアにまたがっているものも多いんです。
なので、都度チェックしていないとわからなくなるんですよね。

それはさておき、水槽の中に「ローソク岩」のようなものが見えました。
近づいてみるとなんとそれは大きな「ウツボ」の仲間でした。
体の後ろ半分は岩のすき間に入っていますが、頭の方は真上を向いています。
こんな姿をしているのは初めて見ました。


c0081462_10092351.jpg
顔のアップ。
この大きさや顔つきからしてかなりの老成魚のようです。
体の表面はゴツゴツしていて、本物の岩のように見えますね。


c0081462_10092866.jpg
メインの「太平洋」の大水槽からも少しご紹介。
この水槽は建物の中央、4階から6階までを貫いている巨大なものです。
そしてここには世界で2番目に「ジンベイザメ」を見ることができるようになった場所でもあります。
今回はそのメインをうまく撮れませんでしたが、ほかにも大型種が泳ぎ回っているのでそちらを狙います。

中央にいるのは「マダラトビエイ」
体幅2mほどになる大型種です。
よく見られる種で、吻端がとがり背中には小さな白い斑点が全体にちりばめられます。

背後にも何種か見えますが、省略します(^^;


c0081462_10093104.jpg
4階まで下りてくると砂地の底にたどり着きます。
ここにも大型の「エイ」がいました。
ネームプレートから「オグロオトメエイ」かと。
見た目に特徴のある種ではありませんが、ガラス面のすぐ向こうにいたので撮ってみました。
焦点距離は32mmでも画面いっぱいになるくらい近かったです。


c0081462_10093381.jpg
3階に下りて、となりの「エントランスビル」に移ります。
ここには「ふあふあクラゲ館」がありますが、スルーして「北極圏」ゾーンへ。
4階の海上エリアに上がると「ワモンアザラシ」がいます。
「アザラシ科」の仲間ではもっとも小型で、体長は1.5mに満たないほど。
体表には縁取りのあるまだら模様が入っていて、それが輪のように見えるのが名前の由来です。


c0081462_10093650.jpg
水上に顔を出し、立ったまま?寝ている子がいました。
とても気持ちよさそうな顔をしていますね。
まるで温泉にでもつかっているような感じです。


c0081462_10093918.gif
ぷかぷかと浮かんでいました。
寝たままなのによく沈まないものだと感心してしまいます。


c0081462_10094225.jpg
続いては「フォークランド諸島」ゾーン。
ここには「ペンギン科マカロニペンギン属」の仲間の「イワトビペンギン」がいます。
「マカロニペンギン属」の中ではもっとも小型で、体長は50~60cmほど。
白黒ツートーンをベースに、目の上に黄色い眉のようなワンポイントが入ります。
さらにその後ろには黄色の長い飾り羽が長く伸びているのが最大の特徴。
頭の上は逆立ったような「冠羽」もあります。


c0081462_10094694.jpg
群れの中に飾り羽のない子がいました。
くちばしも黒くて短く、冠羽もありません。
この子は昨年6月に生まれたばかりのヒナ。
訪問したのが8月20日だったので生後2か月ほどだったんですね。
それでも見た目こそちがうものの、大きさは成鳥とほとんど変わりません。


c0081462_10095166.jpg
正面近くから見てみます。
顔には白い羽毛が混じっていて、ここも成鳥とは異なる部分ですね。
目の上のアクセントはありませんが、後ろの飾り羽がわずかに生えているのが見えます。


c0081462_10095464.jpg
アクリル板をはさんですぐ向こうに見ることができます。
こんなに近くで見られるとテンションが上がりますね!


c0081462_10095835.jpg
ということで、わたしもアクリル越しにアップで狙います。
トレードマークの飾り羽がよくわかります。
この子は上のくちばしが長く伸びていて、かぎ爪のようになっているのも特徴ですね。



すべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は後編、天保山マーケットプレイスでの昼食と顔博です。

by sampo_katze | 2018-04-18 21:30 | 水族館 | Comments(0)


<< 自由軒のランチと顔博 大阪にある世界最大級の水族館へ >>