ゆいレールのきっぷ
1コマ写真@沖縄遠征2018GW編・その2


c0081462_10004476.jpg
「自動改札機に投入不要!」


今回の「沖縄」での滞在は2泊3日。
しかも夕方入りのお昼帰りという、ほぼとんぼ返りです。
まぁ本来の目的は別のところにあるのでいいんですが(^^;
とはいえ、ここまで飛んできてどこにも行かないというのはもったいない。
ということで、ド定番の「美ら海水族館」へと行くことにしました。

市内からバスで行きますが、途中から乗ると時期的に座れるかどうか微妙なところ。
そこで「沖縄都市モノレール」、愛称「ゆいレール」に乗って「那覇空港」へと移動。
空港始発のバスに乗ることにしました。
結構な遠回りにはなりますが、「沖縄自動車道」経由で2時間ちょっともかかりますからね。

「ゆいレール」に乗るのは2012年10月以来2回目。
当時は普通のきっぷでしたが、今回は表に「QRコード」が印字されていました。
「搭乗口」などでおなじみのシステムですね。
なので入場するときは別段問題なかったんですが・・・・・。
現地に到着して宿の最寄り駅を出場するときはどうするんだろう?と戸惑いました(^^;
このときは駅員さんがいたので手渡しで出場。
ですが出るときも同じようにタッチし、きっぷは改札機についている投入箱に入れればOKでした。
そりゃそうですよね(^^;

余談ですが、「ゆいレール」には「1日乗車券」「2日乗車券」もあります。
他社でも販売されていますが、いずれも購入時刻に関係なく有効期間はその日限り・翌日までとなっています。
ですが「ゆいレール」のそれはひと味ちがい、購入時刻からそれぞれ24時間・48時間有効となっているんです。
これなら昼頃到着しても翌・翌々日の昼まで使えるので便利でおトク。
しかも観光施設の入場料が割引になるサービスも受けられるので、市内観光にはうってつけですよ。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-05-04 21:00 | 沖縄


<< 美ら海の顔 最後のアークカラーのQ300 >>