チキン南蛮発祥の店の1つ
1コマ写真@宮崎&博多・その2


c0081462_08063720.jpg
「”おぐら”の旗艦店」


今回、「宮崎」に飛んだ理由の1つは「チキン南蛮」を食べること。
発祥については2つ説があり一方は「タルタルソース」をかける現在の主流タイプで、もう一方はかけないタイプ。
どちらも「宮崎県延岡市」にあった洋食店「ロンドン」で働いていた従業員がかかわっていました。

「チキン南蛮」といえば「タルタル」がかかっている方しか知りません。
ですので、ここはまだ食べたことのない「タルタルをかけないタイプ」を味わってみたいところです。
でも、その流れをくむお店「直ちゃん」は火曜日が定休日とのこと。
そしてこの日(6月26日)も火曜日だったので、残念ながら訪ねることができません。
「延岡市」へは「宮崎空港駅」から特急で約1時間15分ほどと、かなり近かったんですけどね。

また、「かけるタイプ」を提供する元祖とされる「おぐら本店」「宮崎市」にあります。
ですが、なんとこちらも火曜日が定休日!
でも幸いにして、近くに「おぐら」の本部がある「おぐらチェーン瀬頭店」(せがしら)がありました。
どちらも「宮崎駅」の西口から1kmほど、歩いて12分ほどのところにあります。
ただ定休日と知りつつも訪ねておきたかったので、まずは駅の西方向にある「本店」へ。
場所の確認と外観を撮ってから駅の南方向にある「瀬頭店」へと移動したので、かなりの距離を歩きました(^^;

さて、無事「瀬頭店」へと到着。
昼どきだったこともあってか待っているお客さんが結構いました。
とはいえ、発祥の店を訪ねるのが目的ですからこちらも待つしかありません。
レジの近くにあったシートに名前を書いてしばし待ちます。
20分くらいで入店することができましたが、12時台を外せばそれほど待たずに入れそうですね。

オーダーしたのは「昼でも、夜でも」提供される「ランチ」
目玉の「チキン南蛮」(ハーフ)に加え、「エビフライ」1本と「ハンバーグ」(ハーフ)までついてくる豪華版です。
「チキン南蛮」はやや甘めの味付けでしたが、「タルタル」とよく合う!
「ハンバーグ」も、入口におすすめと掲げられていたこともあっておいしかったです。
ライスが思ったよりも量が多かったので、お腹いっぱいになりました。
少し量を減らしてもらってもよかったかな?


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-07-03 21:30 | 九州


<< 博多祇園山笠開催中!(訪問時は... 青島の鬼の洗濯板で見つけたハー... >>