山形県のマスコットキャラ
1コマ写真@米沢出張・その3


c0081462_20065605.jpg
「その横顔は山形県そのもの」


帰りは18日(土)の朝。
08:21発の「つばさ74号」を利用しました。
この列車は毎週土曜日に運転され、7両全部が指定席車になっています。
そのためか、またこのすぐ後に08:40発「つばさ128号」が来るからか車内はガラガラ。
結構ねらい目の列車かもしれません。

さて、駅構内のあちこちでこの面長のキャラが見られます。
これは「山形県」のマスコットキャラで、名前は「きてけろくん」
2013年の観光キャンペーンのマスコットとして登場しましたが、キャンペーン終了後も継続。
2015年には「県庁観光交流課おもてなし課長」に任命されています。
その横顔は「山形県」のシルエットそのもの。
地図を見ると鼻筋は海岸沿いで、その南は鼻下から開いた口があるのがわかりますよ。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-08-22 21:00 | 東北


<< ホームに並ぶ2軒の駅弁屋 米沢でそばを食す >>