宮島水族館で泳ぐ赤ヘル軍団たち
1コマ写真@広島・その5


c0081462_21383648.jpg
「白地に赤ヘルはホーム用ユニフォーム」


昼ごはんを「ふじたや」「あなごめし」でいただき、お店を出るとまだ12時前。
雨が降っている上に蒸し暑いという、歩き回るには精神衛生上よくない環境ですが(^^;
これで島を出るというのは、あまりにももったいないですよね。
「桟橋」方面に戻って「厳島神社」を参拝するという手もありましたが、奥にある「宮島水族館」をのぞいてみることに。
「日本三景」の1つであり、「世界遺産」にもなっているところに「水族館」というのはちょっと意外な感じ。
ですが歴史は古く、1959年(昭和34年)に前身となる「広島県立水産資源研究所」が開所しています。
その後は何度か改修が行われ、現在の施設は2011年(平成23年)にオープンしたものです。

館内は10のゾーンがあり、「瀬戸内海」の生きものたちを中心とした展示がされています。
その中で特に目を引いたのが「カープ応援アレンジ水槽」です。
「カープ」とはもちろん、ご当地「広島」を本拠地としている「プロ野球球団」「広島東洋カープ」のこと。
小さな水槽が並ぶコーナーですが、水槽のまわりだけでなく中も「カープ」一色です。
ただ、ほとんどがややこじつけになっているところがあるのは仕方ないところ(^^;

ですが、この水槽だけはちがいました。
ここにいるのは「丹頂」(たんちょう)という「金魚」ですが、その姿は「赤ヘル軍団」そのもの!
しかも体が白いので、「ホーム用ユニフォーム」の姿になっているというおまけつき。
まさに「カープ」のために生み出されたといっても過言ではありません??
ちなみに写っているのは10匹でした。
ということは、ここにいるのは「ナイン+監督」ということでしょうかね?


D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2018-09-09 21:00 | 山陰・山陽


<< 海に浮かぶ紅い大鳥居と紅い船 昼ごはんは宮島のあなごめし >>