四国最大の川にかかる潜水橋
1コマ写真@徳島出張・その4


c0081462_21461417.jpg
「夕暮れの脇町潜水橋」


宿のチェックインは15時から。
大きな荷物は事前に送ってあり、比較的身軽だったのでそれまで周辺を歩いて時間をつぶします。
その後、部屋で少しゆっくりしてから買い物がてら散歩に出かけることに。

近くに四国最大の「吉野川」が流れているので、その堤防の上を歩いていきました。
上流に向けて歩いていくと、川の中に架かる橋が遠くに見えてきました。
あれはもしかしたら?と思って近づいていくと、やはり「沈下橋」(ちんかばし、ちんかきょう)でした。
このあたりでは「潜水橋」(せんすいきょう)というようですね。
通常の水位のときは渡ることができますが、増水するとその名のごとく潜水。
渡ることはできませんが、その構造から壊れにくかったり修復や再架橋がしやすかったりとメリットがあるそう。

できればそこまで行って、歩いて渡ってみたかったんですが。
ここからさらに距離もありますし、対岸に渡ると戻ってくるのもまた大変。
ということで、夕暮れの橋を撮って引き返しました(^^;

「吉野川」は東西に流れているので、夕焼けがきれいな日はオレンジ色に染まりそう。
そんな風景も見てみたいところです。


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-10-25 22:15 | 四国


<< 徳島県美馬市はうどん市? レトロな穴吹駅の駅舎 >>