沖縄名物の苦い味を意外な形で堪能
1コマ写真@沖縄遠征2018秋編・その5


c0081462_21062843.jpg
「ゴーヤーのサラダは苦味がクセになる?」


2日目の夕食は同じく宿の近くにある「吉崎食堂」「おもろまち店」へ。
こちらも前日に予約を入れての訪問です。
これは先日の某出張での苦い経験があってのこと。
金曜の夜にもかかわらず予約をせずにお店をめぐったら、ことごとく一杯だったからなんです(^^;
せっかくここまで来たのに、お店がいっぱいで放浪するのはしんどいですからね。

こちらのお店は120席とかなりの大型店ですが、入ったときはそれほどの規模は感じられません。
「Google Map」を見ると東西に長い建物になっているので、奥行きがあるんでしょう。
靴を脱いで板の間に上がり、カウンターへと通されます。
掘りごたつのような感じになっているのはありがたいですね~。
この日は結構歩いたのでなおさらです。

飲み物はこの夜も「オリオンビール」ですが、こちらは生。
そして料理は6品いただきました。
ほとんどのメニューはハーフができるようで、おひとり様でもいろいろ食べられるのがうれしいポイント。

写真はそのうちの1つの「ゴーヤーのサラダ」です。
「ゴーヤー」は関東でもスーパーなどで普通に売られていますが、加熱して食べます。
ですが、こちらのお店ではサラダでの提供もあり。
当然「ゴーヤー」は生で、食べてみると和名?の「ニガウリ」(苦瓜)そのままにほんとに苦い!
う~ん、これ食べられるのかな~(汗)と心配になりました。
でも食べ進めていくうちに慣れてきて、苦味もあまり感じなくなりおいしくいただきました。

ほかの料理もおいしかったし、ハーフだったので意外と安上がりに。
「沖縄料理」以外のメニューも充実しているので、地元の方にも人気のような感じ。
前日の「ぱいかじ」ともども、「沖縄」に来たらぜひ再訪したいです。


iPhone5S



by sampo_katze | 2018-11-20 21:00 | 沖縄


<< 2機が重なって飛んでいる!? 日本三大ガッカリ名所から世界遺... >>