徳島空港でご当地バーガー
1コマ写真@徳島出張の続編・その3


c0081462_14255166.jpg
「絶妙なバランスで倒れない?」


今回の出張は22日(木)に仕事は終わる予定ではあったものの、終わる時間が読めず。
おまけに翌日から3連休になるとあって、帰京するのは当日夜か?翌日朝か?で悩むところです。
かといってギリギリに飛行機を予約するとなると、満席で取れなくなるリスクも。
「マイレージ上級会員」は空席待ちでの優先がありますが、そもそもキャンセルが出なければ何の意味もありませんし。
そこで事前に23日の昼前の便を予約し、22日の夜も「美馬市」に滞在することにしました。
22日のうちに「徳島市」へと移動しておく手もありましたけどね。

で、23日(金)の8時前に「穴吹駅」を出発し「徳島空港」には10時前に到着しました。
予定していた列車より1本早く乗ってしまったので、「徳島駅」での待ち時間がかなり長くなってしまいましたが。
その後はお土産を買ったり、飛行機を眺めたりして10:30まで時間をつぶします。
その理由は、空港内にある「リッチバーガーファクトリー」の通常メニューが提供されるようになるから。
前回10月に来たときは朝2番の飛行機だったため、「モーニングメニュー」しかありません。
そのため、お目当てにしていた「ご当地バーガー」が食べられなかったんです。
でも今回は搭乗までも1時間以上あるので、余裕を持って食べることができます。

ここの「ご当地バーガー」のメニューは3種類(だったと思う・・・・・)。
今回はその中から「てりやき尾鶏バーガー」(650円)をいただきました。
名前からして地元産の「阿波尾鶏」を使用しているのかな~?
サイズはやや小ぶりですが、宿でしっかり朝ごはんを食べてからそれほど時間がたってないのでちょうどいい感じ。
てりやきにしてはややさっぱり味で、正直ご当地感は少々物足りないです(^^;

もう1つの「とくしまバーガー」には「自家製すだち塩ダレ」が使われているよう。
そちらのほうが、よりご当地感がアップしそうですね。

さらに激辛の「ハンバーギャー」もありました。
こちらは完食すると「認定書」がもらえ、さらに7枚集めると特製ステッカーももらえるんだそう。
って、どんだけ辛いんだよ!
話のタネに食べてみたい気もしますが、さすがにコワイですね~。
辛いのが平気なメンバーが同行したときに試してみるのがよさそうです。


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-28 21:00 | 四国


<< 帰路の機体は特別塗装機!のはずが 山間にある美馬市脇町で海の幸を堪能 >>