帰路の機体は特別塗装機!のはずが
1コマ写真@徳島出張の続編・その4e


c0081462_14255685.jpg
「普段着に衣替え??」


搭乗する「羽田」行きの飛行機は11:45発の「JL456便」です。
充当される機材は「B767-300」で、「Flightradar」によればレジ番号は「JA656J」
ということは派生型の「300ER」で、かつ「行こう!九州」の特別塗装機です。
「平成28年熊本地震」の復興と「九州」への応援の想いが込められているもので、2016年12月から運航されています。
乗ってしまえばほかの通常機材と変わりませんけど(たぶん)、なんとなく気分はいいものです。

そうこうするうち、折り返し「JL456便」となる「JL455便」の到着が10分ほど遅れるとのアナウンスが入ります。
飛行状況を見てみると、北上してきて空港上空で東に旋回し海に出るところを
1度西に旋回して内陸を飛んだ後に海に出ていました。
空港上空に「∞」を描くような感じですね。
「羽田」を離陸するのに時間がかかり、ほぼ同時間帯に出発する「ANA」「NH282便」との調整があったのかもしれません。

さて、「455便」が展望室の左手から進入してきます。
徐々に機体が大きくなり、ほぼ目の前で煙をあげてランディング!
機体の右側、「スターボードサイド」を見せながら通過していきます。
でもそこに見える姿は通常機と同じで、機体後部にあるはずの特別塗装がありません。
あれ?「ポートサイド」だけなのかなと思い、スポットに戻ってくるのを待ちます。

2500mの滑走路の端まで行って戻ってくるので、5分ほどかかります。
待つことしばし、「ポートサイド」を見せながらやってきた機体にはやはり何もなかった!
運航開始から約2年たつので、どうやら通常塗装に戻ってしまったようです。
まぁ「特別塗装機」は期間限定のものですから、仕方ないですね~。
ちなみに同時に始まった「JAL九州応援プロジェクト」のキャンペーンツアーは、来年6月まで継続されるようです。
今年は「福岡」経由で「宮崎」に出かけたので、来年は「熊本」にも行こうかな?


iPhone5S




by sampo_katze | 2018-11-30 21:15 | 四国


<< アサリから出てきた丸いオレンジ... 徳島空港でご当地バーガー >>