人気ブログランキング |
仙台に続いて新潟へ飛ぶ
1コマ写真@新潟遠征・その1


c0081462_22034809.jpg
「トッキッキがお出迎え」



「仙台」遠征から戻った翌日の3月23日(土)。
再び「大阪空港」経由で、今度は「新潟空港」へと飛びました。
ここも「仙台空港」と同様、「ANA」「成田空港」とを結ぶ便以外に「東京」からの直行便はありません。
そして「JAL」はというと、「大阪空港」と「新千歳空港」とを結ぶ路線のみ。
となれば「大阪空港」経由とするのは自然の流れでした。

この路線を担当するのは「仙台」のときと同じ「J-AIR」
機材は「クラスJ」を備えた「エンブラエル社」「E-190」で、1日4往復が飛んでいます。
今回は「クラスJ」に空きがあったので、往復ともその席を取りました。
「E190」は普通席でもシートが広くゆったりとしていますが、「クラスJ」はさらにゆったり。
左側の1列席側(A列)頭上にある収納棚はかなり小さいので要注意ですが。

「大阪空港」から搭乗したのは第3便の14:15発の「JL2247便」で、「新潟空港」には15:15到着。
「羽田空港」から「大阪空港」までの所要時間とほぼ同じです。
実際の飛行時間は14:28テイクオフ、15:12ランディングの44分であっという間でした。

さて到着後、預託荷物を受け取り「到着ロビー」へと出ます。
すると足元に2羽の鳥が大きく描かれていました。
この子たちは「新潟県」の宣伝キャラクター「トッキッキ」
元は2009年に開催された「トキめき新潟国体」および「トキめき新潟大会」のマスコットでしたが、
大会終了後の10月に「新潟県宣伝課長」に任命され、現在に至ります。
2羽にはそれぞれ名前がついていて左が「とっぴー」、右が「きっぴー」といいます。

県の鳥である「トキ」がモチーフということは、見た目からも名前からもわかりますね。
顔のまわりの赤い部分がハート型になっているところがチャームポイントです。



D700+24-120mmF4G/VR




by sampo_katze | 2019-03-29 21:30 | 東海・中部


<< 新潟空港にMD83がいた! 仙台空港の輪行箱専用ロッカー >>