人気ブログランキング |
美ら海・黒潮への旅~黒潮の海の大水槽
沖縄遠征2018秋編・第6回



c0081462_21114211.jpg
「沖縄の海がまるごとやってきた!」


いよいよ「美ら海水族館」の最大の見どころ、「黒潮への旅」ゾーンへと入ります。
ここには館内最大、国内でも最大級となる大水槽「黒潮の海」がありますからね。
いずれも駆け足で巡ることになった過去2回の訪問でも、ここだけは外しませんでした。
この水槽を見ずして「美ら海」を語るなかれ、なんてことは言いませんが(^^;
でも、この大迫力のパノラマ水槽は一見の価値がありますよ。

ほかにも「サメ」に特化したコーナーや、ここの主役である「ジンベエザメ」「マンタ」について
詳しく説明するコーナーがあります。
このゾーンをより深く知るのであれば、こちらも見逃せません。

「黒潮への旅
 ここからは「黒潮への旅」ゾーンに入ります。
 ここは大水槽「黒潮の海」があり、沖縄の外洋に住む魚を観察することができます。
 「サメ博士の部屋」では古代のサメから色々な種類のサメまで、
 「ジンベエ・マンタコーナー」ではジンベエザメとマンタについて詳しく知ることができます。」

※説明板より引用、以下同じ


表紙の写真は、大水槽「黒潮の海」の様子です。
ガラスのすぐ向こうを、2匹の「ジンベエザメ」が悠然と泳ぎまわります。
そのたびに歓声が上がり、人々が思い思いにカメラやスマホを向けています。
水槽の前は広場になっていて、少し離れたところからも見ることができますよ。
さらにそこまではゆるやかなスロープが続いているので、人垣ができていても安心。
この写真も、スロープの中段付近から撮っています。










c0081462_21114406.jpg
この水槽の主役の一翼となる「ナンヨウマンタ」です。
「マンタ」という名は「マント」に由来していて、英名でも「Manta」「Manta Ray」などと呼ばれます。
「トビエイ科イトマキエイ属」の仲間で、横幅が5mほどになる大型種です。
背中に「ハ」の字のような白いラインが伸びているのが特徴。

「ナンヨウマンタ」は、ほかの「エイ」の仲間とちがい「プランクトン」を食べています。
それらを効率よく摂取するために、口は正面向きについているのがポイント。
この写真でも、横に長く広がる口を見ることができます。
口のまわりが白くなっているので、少しわかりやすいかと。


c0081462_21114858.jpg
水槽前に下りると、お腹側を見ることができます。
お腹側は白いですが、尻尾側にあるエラ穴のあたりに黒っぽいシミのようなものが見えます。
これは「オニイトマキエイ」にも見られますが、もっとはっきりしているらしいですね。
ちなみに2009年12月に論文が発表されるまでは、「ナンヨウマンタ」は「オニイトマキエイ」と
同一種であると考えられていました。
となると、「ナンヨウマンタ」という呼び名はごく最近になってついたものなんですね。


c0081462_21115012.jpg
このシルエットは「シノノメサカタザメ」かな?
長く伸びた背びれや尾びれの上側、盛り上がった背中のシルエットは「サメ」そのものです。
ですが名前に「サメ」とあるもんお、「ガンギエイ目シノノメサカタザメ科」という分類の「エイ」の仲間。
目は体の横というより上についているところは、「サメ」とはちょっと違うポイント。
胸びれ?や腹びれ?も横に広がるような形になっていて、「エイ」のような雰囲気があります。


c0081462_21115354.jpg
最大の特徴は、お腹側を見たときにわかります。
この写真では少々わかりづらいですが、口とえらが体の下側についています。
「サメ」の口はやや前方を向いていて、えらも体の横についているので大きくちがいますね。


c0081462_21115425.jpg
ここで再び、主役の「ジンベエザメ」を。
表紙の写真にあるように、ここには2匹の「ジンベエザメ」がいます。
一方はオスで、名前を「ジンタ」といいます。

「ジンタ」は、1995年3月11日に「美ら海」の前身である「国営沖縄記念公園水族館」で飼育を開始。
それからなんと!24年にもわたってここで成長を続けているんです。
これはもちろん世界記録で、現在も刻々と記録を更新し続けています。


c0081462_21115761.jpg
もう一方はメスで、当初は2匹が迎え入れられました。
2016年11月に繁殖に向けた動きとして、比較的小柄だった1匹を「海上いけす」に引っ越し。
現在は「ジンタ」とのペアでの展示になっています。
なお、こちらのメスには名前がありません。
もっとも「美ら海」では、基本的に生きものに名前を付けることはないんだそう。
「ジンタ」に名前がついたことは、唯一の例外のようです。


c0081462_21115991.jpg
「ジンタ」の背びれの先端に、1匹の魚がはりついていました。
こんな芸当ができるのは「コバンザメ」以外ありませんね。
お腹が上になっていますが、逆さになっていてもどうということはないよう。
しかもお腹が大きく膨らんでいるので、もしかすると卵を持っていたのかも?


c0081462_21120263.jpg
2ショット。
手前がメスで、奥にいるのが「ジンタ」です。
2匹はともに全長8m以上あり、大きさでは区別することがほぼできません。
雌雄の判別をできるポイントとしては、腹びれの間にある「クラスパー」とよばれる「交接器」の有無だけ。
これがあるのが「ジンタ」で、成長したオスの特徴でもあります。

ほかの見分けポイントとしては、メスの下あごがやや丸みを帯びて前に突き出しているんだそう。
これは「美ら海」公式サイトに出ていました。
確かに、ちょっとだけですがしゃくれているような感じですね。
個人的には、メスの方が頭から胸びれにかけての白点が大きくはっきりしている感じがします。
また胸びれより後ろに見られる白点や白いラインの境も、「ジンタ」よりくっきりしているように見えるんですよね。


c0081462_21120456.jpg
11時になったところで、いったん外へと出ます。
その際、出口にいるスタッフに「再入館」することを必ず伝えてください。
すると手に見えないスタンプを押してくれます。
これがあることで、館外に出ても再入館することができますので。
念のため、入館券の半券もなくさないようにしておきましょう。

館外に出たのは、少し早いですが昼ごはんを食べるため。
そして目指すは、「美ら海」から東へ10分ほど歩いたところにある「チャンプルー食堂」です。
ですが、なんとこの日は臨時休業!
お店が見えてきたのに、なんだか人の気配がないからもしや?と思っていたんですが。
さらに、2019年1月27日をもって閉店となってしまったそう!
次回の「美ら海」訪問時はぜひ再訪を、と思っていただけに残念です。


c0081462_21120863.jpg
失意のあまり、このまま昼ごはんを食べずに「那覇」に戻ろうとまで考えてしまいました(^^;
でも戻るまでにかかる時間を考えると、今ここで食べておくのがベターのはず。
それにまだ「美ら海」で見ていないゾーンもあるので、ここで帰ってしまうと絶対後悔しそう。
そう思いながら「美ら海」の方へと向かうと、途中で「Cafe ティーダ」を発見。
軽食もあるので、ここでお腹を満たすことにしました。
ちなみに「ティーダ」とは、ご当地の言葉で「太陽」のことです。


c0081462_21121053.jpg
オーダーしたのは「沖縄そば」(550円)。
それだけだとちょっと物足りないので、「生ビール&唐揚げセット」(880円)を追加しました。
少々歩き回った上にお目当てが外れていたこともあり、おいしくいただきました(^^)



11、12枚目 iPhone5S
ほかはすべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、サメ博士の部屋に入ります。

by sampo_katze | 2019-10-25 21:30 | 沖縄 | Comments(0)


<< 美ら海・黒潮への旅~サメ博士の部屋 美ら海・サンゴ礁への旅~サンゴ... >>