人気ブログランキング |
久しぶりにジャンボを目の当たり
1コマ写真@インド出張編・その1


c0081462_20582468.jpg
「微笑みの国のジャンボ」


10月29日(火)から11月2日(土)まで、「インド」「アーメダバード」に出張してきました。
「アーメダバード」は「インド」の北西部にある「グジャラート州」最大の主要都市です。
海外は昨年12月の「台北」への出張以来で、「インド」訪問は今回が初めて。
時差は-3.5時間で、わたしにとってはこれまででもっとも大きな時差です。
それでも、まぁこれくらいなら時差ボケにはならないかな?と。

今回の出張では乗り継ぎなどの都合により、日系の航空会社ではなく「シンガポール航空」を利用。
往復とも「シンガポール」「チャンギ空港」で乗り継ぎます。
そして行きは「羽田空港」08:50発の「SQ631便」に搭乗します。
少々出発時刻が早いですし、国際線での乗り過ごしはしたくないので空港近くに前泊。
7時前に出国手続きをすませて、「国際線ターミナル」内を久しぶりに歩きます。

そのとき、タキシングする「タイ航空」「B747」の姿が目に入りました。
その数を減らしつつある大型機、もしかしたら近くで見られるかも?
どこのスポットに入るかわからないので、とにかく追いかけることにしました。
ちなみにわたしが乗る「SQ631」は、もっとも南側にある「105番」ゲートから出発。
そこから北に向かって探しながら進みますが、ついに北のつきあたりまで来たのに見つからない。
さらに右へと進むと、なんともっとも奥の「141番」にいた!

ここまできて最新の「B747-8」だったらちょっとがっかりだな~、
なんて悪い考えが頭をよぎりましたが「B747-400」でした。
あとで調べたら「タイ航空」は「-8」は導入してなかったんですね。
あいにくの曇り空の上、窓に映り込みも入るというやや残念なシチュエーションでしたが、
ほんとうに久しぶりにその大柄な姿を目の当たりにすることができました。

余談ですが、ターミナルの端から端まで往復するのにかかった時間は約30分。
結構いい運動になりますね(笑)


V2+1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6




by sampo_katze | 2019-11-28 21:00 | 海外


<< チャンギ空港のスカイトレイン 万年雪を頂く旭川のシンボル >>