人気ブログランキング |
チャンギ空港のスカイトレイン
1コマ写真@インド出張編・その2


c0081462_20583360.jpg
「その顔はまるでダイヤモンド」


今回の「インド」への出張は「シンガポール」を経由します。
10月下旬までの夏ダイヤでは「JAL」利用の「ニューデリー」経由でした。
ですが出張時期が延期となり、冬ダイヤに切り替わるタイミングに変更。
往復で乗り継ぎを含めた4便すべてが「シンガポール航空」(SQ)となりました。
「SQ」を利用するのも、国際線を乗り継ぐのも今回が初。
国際線→国内線という乗り継ぎは1度だけありますが。

「羽田」から「シンガポール」へは「SQ631便」に搭乗。
道中は3回ほどシートベルト着用サインが出ましたが、揺れは大きくはなく順調に飛行します。
「チャンギ空港」近くまで来たところ、発着機が多く着陸許可が出るまで上空で待機することに。
結構時間がかかるかと思いきや、2周ほどで済み無事着陸。
そんなハンデ?があったにもかかわらず、25分も早く到着しました。

「チャンギ空港」は「アジア」の中でもっとも大きな「ハブ空港」です。
当然その規模は大きく、ターミナルは4つ(+現在建設中が1つ)もあります。
このうち1~3をそれぞれ結ぶ移動手段として「スカイトレイン」が運行されています。
3つのターミナルは近接しているとはいえ、かなりの大きさで歩くのは大変なので(^^;
運行時間は24時間ではなく05:30から翌02:30までで、それ以外の時間はバスを利用するとのこと。

「スカイトレイン」は「T1」と「T2」との間を結ぶ路線が1990年代から運行されています。
現在使用されている車両は2代目で、「三菱重工業」が製造している「クリスタルムーバー」
その名を聞いてもピンときませんが、「ゆりかもめ」でも使用されている車両だそう。
こちらは少々いかつい顔つきですけどね。

ちなみに、正面に描かれている「JEWEL」は今年4月にオープンした大型複合施設。
ショッピングモール、レストラン、ラウンジ、ホテル、さらには庭園となんでもあり!
もっともすごいのは落差40mもの滝まであるところでしょうか。
今思えば、トランジットの待ち時間が3時間以上あったのだから
「JEWEL」を見ておけばよかったんですね~(^^;


V2+1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6




by sampo_katze | 2019-11-30 21:00 | 海外


<< シンガポールでシルバークリスラ... 久しぶりにジャンボを目の当たり >>