人気ブログランキング | 話題のタグを見る
iPhoneSE用にモバイルバッテリーを導入
Intermission


iPhoneSE用にモバイルバッテリーを導入_c0081462_11251860.jpg
「厚みはあるけどコンパクト」


今月初め、6年間お世話になった「iPhone5S」に代わって「iPhoneSE」を導入しました。
本体は大きく重くはなったものの、出張などで使用する会社共用が「iPhone7」
「7」と比べ「SE」は大きさが+0.1~0.2mm、重さが+10gとほぼ同じ。
そのためか、初めからそれほど違和感なく扱うことができました。
そして何より動作が軽くて速いのがうれしい!
って、当たり前ですね(^^;

ですが困ったことに、バッテリーの持ちがあまりよくありません。
普通に使っていても、充電してから1日前後で20%近くにまで減ってしまいます。
これだとカメラを多く使うであろう遠征のときなど、途中でバッテリー切れ!
しかも充電できる場所がない!どうしよう~??
ということになるのは確実です。

そこで「モバイルバッテリー」を導入することにしました。
いろいろ調べた結果、「Anker」というメーカーの「PowerCore 10000」「Amazon」で購入。
10000mAhタイプでは最小最軽量というところに引かれました。

購入後にさっそく充電せずに使ってみると、90%まで行ったところでバッテリー切れ。
これは当然ですね(^^;
その後、「SE」付属の「ACアダプタ」(1Aタイプ)を介して充電。
約8時間でインジケーター4つ目が点滅するまでになりました。
さらに1~2時間ほど充電すれば100%になっていたのかな?

そして「SE」に接続して充電開始。
約20%でスタートし、おおよそ1時間半で90%半ばくらいまで充電できました。
懸念事項の発熱についても、温かくなる程度なので問題なし。
充電後のインジケーターは3つ点灯に変わったので、3回ほど充電できそう。
まだ使い始めではありますが、出先でのバッテリー切れを心配せずに運用できそうなのでよかった(^^)


Coolpix3100




by sampo_katze | 2020-10-25 21:00 | カメラ・自転車などの機材


<< 高崎駅西口のお店で群馬の地のも... 意外な高知名物3・ウツボのたたき >>