人気ブログランキング | 話題のタグを見る
天草空港に初上陸!
天草空港~熊本空港周遊2020編・第3回


天草空港に初上陸!_c0081462_21545451.jpg
「熊本空港は晴れ」


今回初搭乗となった「天草エアライン」で、「伊丹空港」から「熊本空港」へと飛びました。
ここからさらに乗り継ぎ、最終目的地である「天草空港」へと飛びます。
この日は「羽田空港」を出発し、「伊丹」~「熊本」~「天草」と乗り継ぎます。
途中の「伊丹」をスキップすることもできたんですが、「伊丹」とを結ぶ便が1日1便あります。
せっかくなのでこれに乗らないわけにはいかないですからね。

「熊本」での乗り継ぎ時間は25分。
短いですが、同じ機材での乗り継ぎなので問題ありません。
空港自体もそれほど大きくありませんから。

ちなみに「熊本」に着いたのは定刻から45分遅れの15:05。
この遅れは、朝の「福岡空港」から「天草空港」へと向かう便で遅れが発生したため。
本来なら「天草空港」に着陸しているであろう時刻でした(^^;


表紙の写真は、「熊本空港」で出発準備を進める「みぞか号」です。
「伊丹空港」出発時は雨でしたが、こちらは晴れ。
「みぞか号」の青い機体がよりきれいに見えます。










天草空港に初上陸!_c0081462_21545859.jpg
「みぞか号」のシート。
シートは赤い革、ベルトは緑です。
この色の組み合わせ、一説によれば「サンタクロース」をイメージしたんだとか。
言われてみれば赤と緑の組み合わせは「クリスマス」っぽい感じですね。


天草空港に初上陸!_c0081462_21550182.jpg
「熊本空港」を15:29に出発し、15:33に離陸しました。
離陸してから数分後に「宇土半島」(うとはんとう)の上空へと入ります。
その先端には「三角港」がありますが、そこには「巻貝」のような建物が見えます。
これは「フェリーターミナルビル」で、「海のピラミッド」という愛称がついています。


天草空港に初上陸!_c0081462_21550474.jpg
その直後、「天草諸島」最北端の「大矢野島」(おおやのしま)が見えてきます。


天草空港に初上陸!_c0081462_21550710.jpg
ズームすると、橋が2本架かっているのが見えます。
2012年夏に訪問したときは手前側の1本だけだったので、あれ?と思いましたが。
あとで調べてみると、奥の橋は2018年に開通した「三角大矢野道路」という自動車専用道でした。
これは「熊本市」「天草市」を結ぶ「熊本天草幹線道路」の一部とのこと。
手前の橋は「天草五橋」(あまくさごきょう)の1号橋の「天門橋」(てんもんきょう)です。
残りの4本の橋は、こことは反対となる島の南側に架かっています。


天草空港に初上陸!_c0081462_21551038.jpg
15:47に「天草空港」に着陸しました。
飛行時間はたった14分!
車だと約2時間かかるので、かなり速いですね~。
って、当たり前ですが。
降機後は歩いてターミナルビルへと向かいます。


天草空港に初上陸!_c0081462_21551475.jpg
ターミナルビル入口に置かれた「フロアマット」
「WELCOME」の文字を掲げた「くまモン」がお出迎えしてくれました。
踏むのは忍びないので、端を通りましたが(笑)


天草空港に初上陸!_c0081462_21551886.jpg
預けた手荷物が出てくるのを待つ間、ドア越しに「みぞか号」を。


天草空港に初上陸!_c0081462_21553173.jpg
手荷物引き渡しエリアにも「くまモン」、そして「みぞか号」のモデルとなった「イルカ」がお出迎え。


天草空港に初上陸!_c0081462_21553416.jpg
空港からは「本渡バスセンター」(ほんど)まで「路線バス」が出ています。
ですが飛行機が遅れたため接続できず、「タクシー」を利用することになりました。
このときは「クーポン券」が発行されていたので助かりましたね。


天草空港に初上陸!_c0081462_21553793.jpg
「本渡バスセンター」の建物。
手前に停車中なのは「九州産交バス」「あまくさ号」で、「熊本桜町バスターミナル」とを結んでいます。
側面には「イルカ」が描かれてますね。

さて、ここからは歩いて今宵の宿へ。
あれ、そのまま宿まで行ってもらってもよかったのかな?とふと思ったのですが。
でも空港からのバスの代わりに運行されているものですから、それはできないですね(^^;


天草空港に初上陸!_c0081462_21554094.jpg
宿にチェックインし、大きな荷物を置いて身軽になります。
夕食までの時間は近くを散策することに。
空港がある「天草諸島」最大の「下島」(しもしま)から、2番目に大きな「上島」(かみしま)へと通じる橋を渡ります。
ここは川のように見えますが、実は島と島の間。
約4kmに渡って狭い海峡になっていて、もっとも狭いところでは70mちょっとしかありません。

地図では大きな橋が架かっていて、そちらを渡っていきました。
ですがその橋の上から見ると、南側に赤い橋が架かっているのが見えました。
しかも中央部分が上下に動く「可動橋」というタイプのよう。
そんなのが架かっていたなんて知らなかったよ!
ということで、帰りはそちらを通ることにします。


天草空港に初上陸!_c0081462_21554206.jpg
渡ってきた大きな橋のたもと。
バス停があって、そこに書かれたいたのはなんと「瀬戸大橋」
その名前だけですと「岡山県」「香川県」を結ぶあの橋が思い浮かびますね。
なのでビックリしました(^^;
ちなみに「瀬戸」という言葉には「狭い海峡」という意味があるそうです。
そう考えると、ここはまさに「瀬戸」ですね。


天草空港に初上陸!_c0081462_21554595.jpg
「瀬戸大橋」から回り込んで「可動橋」のたもとへ。
船が通るときに真ん中の部分が上がるんですね。
この橋は「瀬戸歩道橋」といって、昭和53年(1978年)3月に竣功したものだそう。
思ったよりも新しいのでちょっとビックリ。
できればこの部分が上がるところを見てみたかったですね。


天草空港に初上陸!_c0081462_21554864.jpg
最後は、「みぞか号」の紹介広告を。
「熊本」まで20分、「福岡」まで35分とあっという間!
「プロペラ機」なので遅いように思いますが、短距離だったら「ジェット機」とさほど変わらないんだそう。
しかも燃料効率は上なので、短距離路線では多く使われているんですよね。
音も意外と静かですし、乗り心地もいいんですよ(^^)



9、10枚目 iPhone5S
ほかはすべて D700+24-120mmF4G/VR


次回は、本渡のお店で夕食です。

by sampo_katze | 2021-07-19 21:00 | 九州 | Comments(0)


<< 本渡のおさかな食堂で夕食 天草エアラインに初搭乗!伊丹か... >>