人気ブログランキング | 話題のタグを見る
老舗で名物のドミカツ丼をいただく
1コマ写真@岡山出張2021夏・その2


老舗で名物のドミカツ丼をいただく_c0081462_21292115.jpg
「玉子とじとのセットで食べくらべ!」


「羽田空港」の出発時刻は10:25。
接近する「台風9号」の影響で目的地を「伊丹空港」に変更するか、引き返すかの条件付きフライトでした。
9時頃には「温帯低気圧」に変わったものの、それこそ呼び名が変わっただけで中味はほとんど同じ。
となれば、やはり現地に着陸するまでは不安なんです(汗)
ただ幸いなことに出発時のにわか雨の影響で出発が遅れたものの、10分ほどの遅れで無事着陸。
接続する「空港連絡バス」も飛行機の到着にあわせて少し遅れましたが、12:40頃には「岡山駅」へと着けました。

まずは宿に向かい、大きな荷物を預けて身軽になります。
「岡山」は厚い雲が空を覆っているものの、雨は降っていなかったのはよかった。
やや遅くなりましたが、昼ごはんを食べに行きます。

向かったのは、「岡山駅」の東口から歩いて10分ほどのところにある「味司 野村」(あじつかさ のむら)。
昭和6年創業の老舗で、ご当地名物の「デミグラスソースカツ丼」(デミカツ丼)発祥の店です。
こちらのお店では「ドミグラスソースカツ丼」と呼んでいますね。
ほかに「玉子とじカツ丼」もあり、それぞれ「並盛り」「2/3盛り」(子)、「1/3盛り」(孫)とサイズが豊富。
肉は「ロース」「ヒレ」から選べ、「ドミカツ」と「玉子とじ」をセットにした「子膳」「孫膳」もあります。
ちなみに「子膳」は2つ合わせて大盛り、「孫膳」は並盛りと同じ量になるとのこと。
これはうれしいセットですね。

ということで「孫膳」、そして付け合わせに「キャベツのサラダ」をオーダー。
厨房からはトントントン・・・と小気味いい包丁の音が聞こえてきました。
「キャベツ」は手切りで作っているようですね。

実はだいぶ前に「ドミカツ」を食べたことがありまして、そのときはソースがずいぶん濃い感じがしていました。
ですが今回は味が変わったのか、それともわたしの舌感覚が変わったのか(たぶん後者・^^;)
とても美味しくいただけました。
カツの下にはゆでた「キャベツ」が敷かれていて、いいアクセントになっています。
「玉子とじ」もやや甘めながら安定の美味しさで、「キャベツのサラダ」は口直しにいいですね。
そして2つ合わせて並盛りと同じというのは本当にありがたい!
空腹の具合や食欲など、その時の体調や気分に合わせて選べますからね。
ごちそうさまでした(^^)


iPhoneSE




by sampo_katze | 2021-09-01 21:45 | 山陰・山陽


<< ”チャギントン”再び、今度は電車だ! 台風9号が接近する中で岡山へ出張 >>