人気ブログランキング | 話題のタグを見る
岡山特産の黄ニラをいただく
1コマ写真@岡山出張2021夏・その6


岡山特産の黄ニラをいただく_c0081462_21315144.jpg
「作州のそずり肉とともに卵とじで☆」


初日は「羽田空港」から「岡山空港」へと飛び、「岡山駅」近くの宿まで移動。
仕事は翌日からスタートです。
少し早めに現地入りしたので、大きな荷物は宿に預けて町をひと歩き。
16時過ぎにチェックインのため宿に戻って、一休みします。
そして18時を過ぎたところで夕食へ。
月曜とはいえ祝日なので空いてないかも?と思いつつ、お店に確認もしないまま出かけます(^^;

この日訪ねたのは、「岡山駅」の東口から歩いて10分ほどの「岡山の旬と酒の店 わすけ」
「岡電清輝橋線」「郵便局前」電停の北にある「磨屋町交差点」(とぎやちょう)を西に入ったところにあります。
お店の大将が「美作」(みまさか)のご出身で、そこの名物「和牛のそずり肉」に力を入れているよう。
もちろん、ここからすぐそばに「瀬戸内海」がありますから海の幸もありますよ。
お酒もこの日は「地酒」が6種、「県外酒」が7種あって、どれも1合600円とありがたい設定です。

「焼ママカリ酢漬け」「おまかせ!刺身盛り合わせ」、「天然!稚アユの天ぷら」などをいただき、
県内の「地酒」と合わせて満足。
そしてもっとも気に入ったのが「作州名物!そずりと黄ニラの卵とじ」
小さな鍋で出てきたのはちょっとびっくりしましたが、これがすごく美味しい!
「黄ニラ」の少し強めのアクが「そずり肉」の風味とマッチ。
少し残しておいて、ご飯といっしょに〆でいただきたくなります。
もちろん「地酒」ともバッチリ合います!
「そずり肉」は数年前に「津山」に出張したときに食べたことがあったんですが、またここで頂けるとは(^^)
「岡山」に来ることがあれば、ぜひ再訪したいお店です。

「作州牛、そずり肉ばなし
 ”作州”とは、”岡山県津山・美作”を中心とした地域の事を言い”そずり肉”は、作州のご当地食材です。
 ”そずり肉”は”和牛”で地産の”作州牛”というブランドの和牛使用。
 牛骨の周りにつく肉を”削る”事を方言で『そずる』と言う事から”そずり肉”を呼ばれたそうです。
 江戸時代には、仏教の影響で肉食が禁止されていましたが、滋賀(近江彦根藩)と、岡山津山藩のみ
 薬として食べる”養生食”として肉食が認められていました。
 岡山食材と言えば、その他にタコ、ママカリ、黄ニラ、岡山森林鶏、大山鶏、鰆、シャコ、ハモ....
 言い切れないほど色々あります!!
 ”わすけ”では岡山食材をふんだんに使って皆様に楽しんで頂けたらと思っています。」

※お品書きから引用


iPhoneSE




by sampo_katze | 2021-09-09 21:00 | 山陰・山陽


<< 岡山名物食材の鰆をいただく チャギントンミュージアムのすぐ... >>