人気ブログランキング | 話題のタグを見る
小松島ステーションパーク狸広場のネコ
1コマ写真@徳島出張2021お盆・その3


小松島ステーションパーク狸広場のネコ_c0081462_21344817.jpg
「かわいい後ろ姿に萌える」


雨の日曜日。
朝起きるとそれなりの降り方になっていました。
どうしようかと思わずひるみましたが、宿にこもっているのもなんなので小散歩へ出ることに。

「阿南駅」から列車に乗って「南小松島駅」(みなみこまつしま)で下車。
そこから北へ10分ほど歩くと「小松島ステーションパーク」があります。
ここはかつて「小松島線」(こまつしません)という路線の終着駅だったところ。
この路線は営業キロは1.9kmしかない、「日本一短い国鉄線」として知られていました。
1985年(昭和60年)3月14日に廃止となり、「バス」へと転換。
廃線跡は遊歩道として、終着駅の「小松島駅」は「ステーションパーク」としてそれぞれ整備されています。
「ステーションパーク」の東側は「狸広場」になっていて、「阿波狸合戦」にちなんだ石像が置かれています。
特に東端に立つ「金長たぬき像」は、「たぬき」の銅像としては世界一のサイズ!だけに一見の価値あり?

さて、一通り石像をめぐったところで一休みしようと広場にある「東屋」へ。
するとそこに1匹のネコがいました。
左耳の先端がカットされていたのでメス。
って、このことは後で調べてわかったことですが(汗)
白黒の色分けがなかなかきれいな美猫さんでした。

ひとまず雨宿りで相席させていただくので、少し離れて座りました。
この子は特別人懐っこくもなく、かといって人を嫌がるわけでもなくで。
しばらく横に座っていると、毛づくろいを始めました。
雨が降ってるからか集中モードに入って、なかなか顔を見せてくれなかったなぁ。
でもそこがなんともかわいかった。

このあと廃線跡の遊歩道を歩こうと「東屋」を出ます。
すると別の屋根の下にもネコが2匹、寄り添うようにして眠っていました。
広場には「C12形蒸気機関車」「50系客車」が置かれていますが、その下にはネコ用と思われる水桶も。
もしかするとこの広場には結構な数のネコがいるのかも?
「狸広場」に集うネコたち。
次は晴れた日に来てみたいですね。
夜に来たら、タヌキとネコで化かしあいをしているかも??


iPhoneSE




by sampo_katze | 2021-09-21 21:00 | 四国


<< 小松島線廃線跡の遊歩道、の入口 小松島にある金長タヌキ像をたずねる >>