人気ブログランキング | 話題のタグを見る
キハ185系がにらめっこ?
1コマ写真@徳島出張2021お盆・その6


キハ185系がにらめっこ?_c0081462_21345580.jpg
「国鉄時代のリバイバルカラーと現行塗装車が向き合って」


「徳島駅」地下1階にある「駅バル」「昼飲み」しながらランチをいただきました。
おいしい「焼き鳥」とともに「地ビール」をいただくという至福のひととき。
その後は同じフロアにある「おみやげ店」に入り、ご当地の「藍染」を施した「エコバッグ」を購入。
ちょうど前日の仕事帰り、それまで使っていたものの持ち手がこわれてしまって(汗)
ややサイズは小さくなったものの、作りはかなりしっかりしていて使い勝手はよさそう。
さっそく翌日から使うこととしました。

さて、「JR牟岐線」(むぎせん)に乗って「阿南駅」(あなん)へと戻ります。
「徳島駅」は「自動改札機」がないので、切符にスタンプを押してもらって入場。
なかなか新鮮な気分です。
跨線橋を渡って向こうのホームに行くと、緑色のラインをまとった「特急型気動車」がいました。
本来ならば右の車両のように青いラインをまとっているはずですが。
後で調べてみると、2017年4月からの「四国デスティネーションキャンペーン」に合わせて変更されたとのこと。
この色は登場当時の「国鉄」時代の塗装を再現したものだそう。

さらにその向こうには、通称「タラコ色」と呼ばれるオレンジ一色の「一般型気動車」も。
こちらもクリームと、「JR四国」のコーポレートカラーである水色のツートーンが基本カラー。
ですのでこのオレンジもリバイバルカラーの一環なのかな?
それにしてもこの光景。
「JR四国」が発足して間もないころのようにも見えなくもないような?
その後に登場した車両が、窓の向こうにチラッと見えていますけどね(^^;


iPhoneSE




by sampo_katze | 2021-09-27 21:00 | 四国


<< 徳島空港の阿波踊りの像が本番モード 徳島駅地下のバル街でランチ >>