人気ブログランキング | 話題のタグを見る
羽田空港発早朝便に乗るために前泊
高知空港周遊2020編・第1回


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21500049.jpg
「名前は変だけど、外観はふつう」


2020年9月26日(土)から27日(日)。
「JAL」グループ就航地めぐりの一環として「高知県高知市」を訪ねました。
かの地には何度か訪問しているのですが、いずれも陸路でのアクセス。
「新幹線」「岡山駅」へ、そこから特急に乗り換えで行けますがその所要時間は約6時間!
でもそのルートを利用したことがなく、もっと時間がかかっていたような?(^^;
なにしろ直接ではなく、なんらか遠回りしたりしてたような気がするので。

そして今回は初の空路によるアクセスです。
「羽田空港」から「高知空港」までの所要時間は1時間20分!
もっとも「高知」は「四国山地」の向こう側にあるので、陸路のアクセスは大変。
このあたりは「四国」にある3県とは大きく異なりますね。

さて、今回利用する「高知空港」行き。
都合により07:40発の初便、「JL491」便に乗ります。
ほかに空きがなかったことに加え、もっともお安く飛べるので(^^;
それにずいぶん久しぶりの訪問ですので、現地での時間を長くとりたかったのもあります。
そしてこれほど早い時間に出発なので、空港近くに前泊します。


表紙の写真は、前泊に利用した「変なホテル」の外観です。
最寄り駅は「京急空港線」「大鳥居駅」で、そこから歩いて5分弱。
前から気になっていたのですが、今回ようやく泊まることになりまして。
名前がちょっと変わってますが、外観はふつうです。
また名前に込められた意味とは?

「ごあいさつ
 この度は、変なホテル東京 羽田をご利用いただき、誠にありがとうございます。
 「変」には「変化しつづける」という意味が込められ、常識を超えた先にある、かつてない感動と快適性を
 目指した当館で、ごゆっくりお休みくださいませ。
  変なホテル東京 羽田 支配人」

※室内の利用案内より引用










羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21500235.jpg
入口を入ると「フロント」がありますが、そこには人がいません。
代わりに「人型ロボット」「恐竜型ロボット」2体がお出迎え。
「人型」と「恐竜型」の両方がいるのは、ここと「ハウステンボス」だけのようですね。
前に立つと反応し、音声案内をしてくれます。
そしてデスク上にあるタッチパネルを操作、チェックインを行います。
もちろん、なにかあればスタッフを呼ぶこともできるので安心ですよ。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21500440.jpg
エレベーターに乗って客室へ。
かごの中のフロア案内にも「恐竜」のシルエットが描かれていました。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21500759.jpg
エレベーターは「カード式ルームキー」をタッチすることで、フロアボタンを押せる仕様。
こういうシステムを導入しているところが増えてきていますね。
乗る前にタッチするところもあります。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21500927.jpg
客室はこんな感じ。
今回利用したのは「ツインルーム」です。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21501172.jpg
反対側はこんな感じ。
コンパクトにまとめられています。
椅子は半分しまわれていて、デスクも折りたたまれています。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21501492.jpg
椅子とデスクを引き出すとこんな感じ。
デスクの下の足元スペースがやや狭いかな?
でもそれをのぞけば使い勝手はいいと思います。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21501601.jpg
夕食は「産業道路」の向こうにある「わんわん庵」へ。
ホテルから西に歩いて3分ほどのところにあります。
形態としては「中華系居酒屋」といった感じですが、食事ももちろんありますよ。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21501833.jpg
呑兵衛さんにうれしい「せんべろメニュー」
1000円で料理1品、ドリンクはなんと3杯!
こんな価格で大丈夫なの?って心配になってしまいます。
ちなみにわたしはこれを使わず、普通にオーダーしました(^^;
さらに驚くべきは「食べ飲み放題コース」がありました。
月~木は2.5時間制、金土日祝日は2時間制ですがこれがなんと3000円!?
しかも予約不要で、当日来店でもOKという太っ腹設定になっています。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21502065.jpg
こちらは「焼き餃子(5個)」380円。
焼き目がしっかりついてカリカリ、中はジューシーでおいしい。


羽田空港発早朝便に乗るために前泊_c0081462_21502381.jpg
「春巻き(3本)」は360円。
パリパリ皮の中にアツアツあんで、これも「ビール」が進みます。

このほかに「棒棒鶏」380円と「叩きキュウリ」320円をオーダー。
ドリンクは「生ビール ジョッキ」299円×4。
〆て2636円(税込で2899円)となりました。
これだけ飲み食いして3000円でお釣りがくるというのは驚きのコスパ。
それでいながら味、量とも十分満足のいくレベルになっています。
ここはおススメですよ(^^)



すべて iPhone5S


次回は、高知空港へと飛びます。

by sampo_katze | 2022-02-01 21:00 | 四国 | Comments(0)


<< 四国最後の訪問地・高知空港へ 信州名物づくしの夕食 >>