人気ブログランキング | 話題のタグを見る
中山競馬場の旧正門
1コマ写真@武蔵野線Dスタンプラリー・その2


中山競馬場の旧正門_c0081462_20414258.jpg
「重厚感のある門跡」


1月22日(土)。
この日は「武蔵野線Dスタンプラリー」を実施してきました。

「武蔵野線」は「府中本町駅」から「西船橋駅」まで、全26駅あります。
そのうち、ほぼ半数にあたる11駅がスタンプスポットの最寄り駅になっています。
一般的には、これら全部をめぐるのが最終目標となるところ。
でもこのラリーでは、なんと4か所をめぐるだけで賞品をゲットすることができる!
このちょっとユル~い感じがいいですね。

さて、まずは東の端の「西船橋駅」からスタート。
そして2か所目は、2つ目のの「船橋法典駅」(ふなばしほうてん)が最寄り。
スタンプスポットは、歩いて10分ほどのところにある「JRAメモリアルゲート」です。
「中山競馬場」正門の西側にあり、かつてはこちらが正門だったんですね。

ちなみにこの日は開催日。
「船橋法典駅」には競馬場への専用改札口が南側にあり、地下通路でつながっています。
大きなレースがある日はごった返してたんでしょうね。

「JRAメモリアルゲート
 平成2年11月の中山競馬場改築工事竣工を記念して、広く競馬ファンに親しまれていた旧正門を復旧したものです。
 中山競馬場の沿革
  明治40年 中山競馬場の前身、総武競馬会が松戸に創設される。
  明治43年 総武競馬会から社団法人松戸競馬倶楽部に改称される。
  大正9年  千葉県東葛飾郡中山村と葛飾村の両地に跨がる移転し、社団法人中山競馬倶楽部と改称される。
  昭和9年  この年の秋より、4100mの大障害競走(後の中山大障害)が始まる。
  昭和12年 日本競馬会設立に伴い、日本競馬会中山競馬場となる。
  昭和19年 太平洋戦争の為閉鎖され、軍用に供される。
  昭和22年 3月21日戦後復活の第1回競馬を開催。
  昭和23年 新競馬法が公布され、国営競馬場となる。
  昭和29年 日本中央競馬会法が公布され、日本中央競馬会中山競馬場となる。
  昭和31年 12月23日第1回有馬記念競走が施行される。
         中山競馬場」

※案内板より引用


iPhoneSE




by sampo_katze | 2022-03-07 21:00 | 関東


<< 流山駅のホームに桜が咲いた 武蔵野線沿線をめぐるスタンプラリー >>