人気ブログランキング |
涼音
初めて鉄道からみのネタを。

鉄道の路線図を見ると、本線からぴょこんと飛び出したような短い路線があります。
本線にぶら下がっている姿がまるで盲腸のように見えることから、
「盲腸線」などと呼ばれることも(^^;

今回はそんな路線のうち、東京足立区を走る東武鉄道大師線を訪ねてみました。
小さい頃、祖母の家に遊びに行くときによく使ったので少々特別な思いがあります。

起点の東武伊勢崎線西新井駅から、終点の大師前駅まではちょうど1km。
西新井駅構内を除き全線が単線で、途中駅はありません。
出発したと思ったら、あっというまに終点です。

元々はここから延長して、東武東上線の上板橋駅に接続することになっていました。
でも、いろんな事情でこんな短区間になってしまったのだそうです。
(ここで細かく説明しても仕方ないので省略します・^^;)







まずは西新井駅に向かいます。


c0081462_14193512.jpg
西新井駅の出口は1つしかありません。
でも、なぜか改札口は2つあります(右手奥に2つ目が少し写ってます)


c0081462_14194246.jpg
2つ目の改札口、実はこれが大師前駅の改札口なんです。
大師前駅は、都内ではめずらしい無人駅。
ですから、大師前に行く人も西新井駅で乗り換える時点できっぷが回収されます。


c0081462_14194847.jpg
まだこの先電車に乗るわけですから、自動改札を通るときっぷが出てくると思いますよね?
でも、大師線はきっぷを持たないまま乗るんです。
改札機には「きっぷが出ない」ということが強調されていました。

わたしは物心ついたときから「ここで乗り換えるときにはきっぷが出てこない」ということを知っていた
(注・この駅は30±α年前から自動改札機が導入されていました・・・いつからかは、正確にはわかりません・^^;)
ので、ぜんぜん気にしないのですが。
あ、もちろん定期券やパスネットは出てきますよ!


西新井駅を出ると、急カーブと急勾配で高架に駆け上がります。
といっても、スピードはの~んびりしたものですが。
そして、2両編成の短い電車に揺られて約2分のみじかい旅。
・・・・・気づけば終点大師前駅に到着です。


c0081462_14195460.jpg
電車のサイズに不釣合いなほど、大きなホームが出迎えてくれます。
でも、年末年始ともなるとこれくらいがちょうどいいみたいです(^^;
そうなると、もう一本ホームを増やしてもいいんじゃないかな~って思うのですが。

余談ですが、ドアの位置に立って上を見ると監視用の小型カメラがあります。
ワンマン運転(車掌さんがいない)になったので、安全対策のためでなのでしょう。
※D-Lighting、ホワイトバランス微調整


c0081462_1420067.jpg
この大師線は1991年に全線が高架化されたため、踏み切りはありません。
そして、駅舎にはいろいろなお店が入り完全無人ではなくなりました。
駅構内の高架下はバスの車庫になっています。


c0081462_1420617.jpg
バス乗り場側の駅名表示が妙にかっこいい!
駅舎自体も、ずいぶんイメージが変わりました。・・・って、当たり前か(笑)
でも、誰がこの駅をデザインしたのか・・・ちょっと気になります(^^;


さてと・・・。
せっかくですので関東の三大師のひとつ、西新井大師の境内を歩いてみることにします。
相変わらず天気はすっきりせず、時折雨がぱらつきます。



c0081462_14201875.jpg
「飲酒禁止」
・・・わたしはお酒は好きですが、さすがにお大師様のお膝元で飲むという心境にはならないです(汗)


境内では「西新井大師 風鈴祭り」をやっていました。
何のあてもなくこちらに来たのですが、西新井駅で「風鈴祭り」ののぼりを見たときはほっとしました・・・ε~(^-^A
いろいろな風鈴が展示・販売されていましたので、いくつかご紹介しましょう。


c0081462_14202458.jpg
こんなキャラクター風鈴もあるんですね!
とうもろこしに乗ってるところが、かわいいです(^^)


c0081462_14203064.jpg
これは、風鈴ではなくドアチャイム(ドアを開けると、カラコロと鳴るあれ)ですね。
猫がらみのものには、なぜかレンズが向いてしまいます。
招き猫風の風鈴もあったんですよ♪
※アンシャープマスク


c0081462_14203798.jpg
染付けがきれいなガラスの風鈴。
※トーンカーブ、彩度


c0081462_14204241.jpg
小さな風鈴が3つつながって。
※トーンカーブ


ここには載せていませんが、陶器や鉄でできた風鈴も展示されていました。
見た目はガラスや陶器のものがかわいかったり、面白かったりしたのですが
実際に鳴らしてみると、南部鉄を筆頭に鉄でできたものの澄んだ音が耳にとても心地よく響きました♪

涼しさを呼ぶ音・・・・・「涼音」


※今後、このローカル線探訪をシリーズ化する予定です。
  不定期ですけどね・・・(^v^;


1~3、5枚目 D70+DX18-70mmF3.5-4.5
4、6-7枚目  D70+DX12-24mmF4
8-11枚目   D70+VR70-200mmF2.8
by sampo_katze | 2006-08-04 08:00 | ローカル線 | Comments(14)
Commented by tyamu-s at 2006-08-04 14:18
こんにちは(^^)
プチ旅行を楽しまれたようですね!
私も近鉄の伊賀線には乗った事があるのですが、横揺れではなく立て揺れも味わえました(^^;;
本線と違った所って乗り心地悪くないですか??

ちなみに今回の作品では風鈴が良いですね!
色とりどりの風鈴があって涼しさを感じれました(^o^)丿
特に10枚目が鮮やかですね!

最後に・・・
南部鉄の風鈴は犬小屋の前で良い音を奏でています(^^♪
Commented by sampo_katze at 2006-08-04 20:49
ちゃむさん、こんばんは♪

伊賀線は、わたしも乗りましたよ。
もう・・・10年以上前の話ですが(^^;
あまり乗り心地については印象がないですが、
途中の上野市駅で40分くらい待たされたのがつらかったです(笑)

この大師線は延伸計画があったためか
本線並みの規格で敷設されてたようで、前から乗り心地はよかったですよ♪
高架になって敷きなおされたので、なおさらです(^^)v

風鈴・・・前は風情も何も感じませんでしたが、
最近は、ものにもよりますがとても心地よい音色に思えるようになりました。
これはある程度歳を重ねないと、わからないものなのかもしれませんね(^^;

>10枚目が鮮やかですね!

そうですね~。
これはトーンカーブと、彩度調整で鮮やかにしてみたものなので
そう感じていただけるとうれしいです!
ただ、この風鈴が吊り下がってるところは運動会のテントのようなところなので
それがわからないように構図するのに一苦労でした・・・(-v-;

南部鉄の風鈴・・・いいですよね♪
ちょっといい値段はしましたけど、あの音色は今も耳に残ってます・・・。
Commented by tontonto-n at 2006-08-04 22:06
おお、なんか懐かしい電車ですU ̄ー ̄U ニヤリ
実は大師線は乗ったことがありません。
ま、普段から車での移動が多いので電車自体ほとんど乗らないんですけどね。

空いてる田舎の電車とか、景色のいいゆっくり走る電車は大好きですね。
都会の通勤電車、地下鉄は風情がなくていけません、便利ですけどね。
Commented by sampo_katze at 2006-08-04 22:33
tontonさん、こんばんは♪

>なんか懐かしい電車ですU ̄ー ̄U ニヤリ

これ昔から(初代は昭和38年生まれ)走ってますからね~。
最近は改造されてますので、いろんなバリエーションがあります。
その分、オリジナルに近いのがほとんどなくなってるのが残念ですね。

>風情がなくていけません

確かに・・・。
特に最近のJ○東日本は特にひどくて、銀色車体に帯を着けただけというのばかり・・・。
その点、九州はバラエティに富んでいて飽きないんですよ~♪
Commented by semi_san at 2006-08-04 22:36
こんばんは。

PC大変みたいですね...。( ̄Д ̄;; 早く復旧(新規投入...?)されます
ように...。
さて、ローカル線の話題だから...と思ったら...?、駅舎も電車もホームも
現代的なんでビックリしました。でも1キロの線区、ってあるんですねぇ。

キャラクター風鈴、可愛いですね。最後の繋がった風鈴も、風情と一緒
に爽やかな涼感を運んでくれて、とても爽やかな気分になりました。
Commented by tamayouchan at 2006-08-05 09:41
猫さん、おはようございます。♪
何だか、猫さんの写真と紀行文で、
つい、行ったような・・というか、行きたくなるような気持ちになり、
ぼ~・・・っとしてしまいました。^^;

切符が出てこないとわかっていても、
つい、手を出すかもしれません。
(自動改札で、降り口でも
つい、手を出す口ですから・・・  ^^;)

涼音・・・効きましたよ。 確かに。
Commented by sampo_katze at 2006-08-05 11:53
semiさん、こんにちは♪

えっと・・・だめになったのはスリムタワーなのですが、
やはりこの猛暑の中でNCをガンガン動かしてきたのが災いしたようです。
ずいぶんがんばってくれましたが、今後のことも考えて入れ替えることにしました。
タイミング的によくないときですけどね、盆に入るので・・・(^^;

この路線、ローカル線というのもどうかとも思うのですが(笑)
でも、最近は安全面や合理化などのために昔のような風情を感じられるところは
ほんとすくなくなりましたね。
地方のディーゼルカーも、独自の車両ではなく「宝くじ号」だったりするので(^^;

風鈴祭りは、境内の一角に小スペースでやっていたのですが
バラエティに富んでいて、なかなか楽しかったです♪
Commented by sampo_katze at 2006-08-05 11:56
tamayouさん、こんにちは♪

旅気分を味わえましたか。
なんだか・・・うれしいようなはずかしいような(笑)
ブログにしてから、この手の話題はやりやすくなりましたね~。
もっと早くからやればよかったかな、なんて思っちゃいます(^^

自動改札・・・一瞬、あれ!?って思いますよね!
以前はこんな掲示はなかったと思うのですが・・・。

涼音・・・届きました?(^^)
Commented by harada at 2006-08-06 05:08 x
風鈴の写真はキャラクターのも含めて涼しげで
爽やかな感じがGOODですね。

PCトラブルですか、、、
大変でしょうけど、復旧がんばってください。
新しい写真、お待ちしております
Commented by sampo_katze at 2006-08-06 13:17
haradaさん、こんにちは♪
お早いですね(^^)v

風鈴は見た目にも耳にも涼しげで、いいですね~。
その涼しげな雰囲気を少しでも感じていただけたら、うれしいです♪

PCは、ひとまずVista対応可能なものを発注しました。
おそらく2週間くらいかかると思うので、盆休みの成果をアップできるのは
やっぱり月末頃になりそうです(^^;

それまでは、ノートからアクセスすることになります。
めげずにがんばろうと思います(^^;
お気遣いいただき、ありがとうございました!
Commented by senkokk at 2006-08-11 08:24
猫さん、おはようございます。
2両編成のわりに(失礼(笑)立派な駅ですね~
ってこれ電車?ですか?パンタグラフがない?ような・・・
私の地元は、こちらよりすごく1両編成です(笑)
エンジン車ですから煙をはいています、ポッポッポ~
先日、2両編成を見ました。よく見ると列車のまえにバス、使い古した
中古のバスを改造してつけているでは・・・
市財政が苦しいといえどあれはないよな~って感じです。
また、であったら撮っておこうと思います(笑)

それから涼しげな風鈴の数々、今日も暑いのですが癒されます(^.^)
僕は、若いのでディズニーものが良いですね(^ヘ^)v
Commented by ボクネン at 2006-08-13 19:18 x
大師線といえば、私の地元にもあります^^
川崎駅から川崎大師を通って工業地帯へと抜ける路線です
最初はてっきりそれだ!と思ってしまいました(笑)

東武東上線は大学生の頃に利用したことがあります^^
電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、家から片道二時間半かけて通っていました
あの頃はガッツがあったんです...(笑)
Commented by sampo_katze at 2006-08-17 22:14
senkokkさん、こんばんは♪
お返事遅れて、申し訳ありません!

昔のこの駅は、ホームがあってシャッターの閉まった駅事務所しかなかったんですよ。
でも、高架になったときに思い切ったデザインに変えたみたいです。
東武って、いろいろ保守的なところが多いんですが
たま~にこんな風に思い切ったことをやるんですよ(^^;

そうそう、これ電車ですよ~!
しかも、JRを除く日本の私鉄の中で一番車両数が多いんです。
でも、詳細はまた別の機会に・・・(^^;

senkokkさんの地元・・・どこだろう?
わたしも行ったことあるかもしれませんね♪

ディズニーもの、いいでしょ?
も少し、この二人の組み合わせがきれいに決まればと思ってるんですが(^^;

>僕は、若いので

一度お会いして、ゆっくり話しましょう!(爆)
Commented by sampo_katze at 2006-08-17 22:20
ボクネンさん、こんばんは♪
お返事遅れて、申し訳ありません!

大師線、そうですね~。
横浜の近くにお住まいの方ですと、京急を思い浮かべられますね。
高架の本線に対して、地上のホームから出発。
大師の横を通り、工業地帯が終点・・・結構変化に富んでて面白いです♪
近いうちに、ローカル線ネタとして紹介する予定です。
お楽しみに!

あ、ちなみにこちらは東武東上線ではなく伊勢崎線のほうです(^^;
この違いについても、いろいろあるのですがまた別の機会に・・・。
って、こればっか!(汗)


<< 帰省 流れ >>