人気ブログランキング |
溶岩
熊本・鹿児島遠征散歩編・最終回。


鹿児島は過去2回ほど来たことがあるんですが、桜島は訪ねたことがありませんでした。
あまり時間も興味も(?)なかったこともあるんですけどね(^^;


桜島は北岳、中岳、南岳の3つからなる御岳(おんたけ)と山腹の寄生火山によって構成されていて
有史以降30回以上の噴火が記録されているとても活発な火山のようです。
特に1914年(大正3年)の大正大噴火の威力は凄まじく
溶岩によって対岸の大隈半島と陸続きになり、火山灰は遠く仙台市や小笠原諸島でも観測されたとのこと。

世界一大きい桜島大根はあまりにも有名ですが、逆に世界一小さいみかん「桜島小みかん」もあります。
今から400年ほど前、薩摩の藩主島津義弘公が文禄慶長の役の際に持ち帰ったものが桜島で広まったといわれています。
見た目はとても小さいですが甘みがとても強く、世界一多く実がなるのだとか。
ちなみに1本の木から収穫された最高記録は24,649個、1,066kg!!
桜島の自然の底力を感じさせる数字です(^^;


桜島@ウィキペディア









c0081462_8102476.jpg
遊歩道から一枚。
平地部には森が広がっていますが、斜面にはほとんど植生がありません。
保水性が少ない土壌のせいもあるのかもしれませんね。


c0081462_8154382.jpg
途中の休憩所から。
以前信州ペコさんが浅間山を望遠で大胆に切り取っていた(※)のを思い出し、わたしも挑戦してみようと思いました。
んが!持っていたのは105mmマイクロが最長。
ほんとはもっと寄りたかったんですが、こんな中途半端な感じになっちゃいました・・・。 ☆ヽ(。xx)。 ぼてっ!

※信州ペコさんのブログ内で「浅間流線」と検索してみてください。


c0081462_8155777.jpg
桜島は約85%を国立公園に指定されています。
そのせいでしょうか、桜島の溶岩は「許可がないと持ち出すことはできない」のだそう。


c0081462_816432.jpg
たくさんある溶岩の中には動物とかに見えるものもあったりします。
これはライオンのような雰囲気をしていました。


c0081462_8161077.jpg
時計台。
ここにも桜島大根を模したものがありました(^^;


c0081462_8205999.jpg
岩山のように見えるのは烏島展望台です。
ここはもともと、その名の通り海上に浮かぶ小さな島でした。
しかし、大正大噴火による溶岩流に飲み込まれ埋没してしまいました。
このように海に浮かぶ島が溶岩で埋まってしまうというのは、火山史上でも非常にまれなのだそうです。


c0081462_82176.jpg
溶岩の高さは20mにも達したようです。
その頂きに上ると見晴が結構いいんですね。
といっても、見える景色は荒涼としてるんですが。


c0081462_8212149.jpg
港に戻り、鹿児島市内へ向かいます。
この日はずっとこんな天気のままでした(^^;


c0081462_14214591.jpg
市電の終点・鹿児島駅前電停。
「のりば」という看板がなければ車庫と勘違いしそうですよね~。
ちょうどちょっと古株から最新車両までが並んでいました。


c0081462_1422468.jpg
最新のバリアフリー対応・低床車両の顔。
なんだかいかつい顔です。
最近の鉄道車両ってこういうのがはやってるようで・・・(--;


c0081462_14221120.jpg
運転室はこんな感じ。
鉄道博物館にあるシミュレータかと思うほど広いです!


c0081462_14221884.jpg
古株っぽい車両。
路面電車というとこのスタイルが頭に浮かびますね。
ステップが狭くて急なので乗り降りが大変ですが、味わいがあります。


c0081462_14222663.jpg
仕事を終えての帰り道。
四国付近の上空だと思いますが、ここはまだ曇っていました。
飛行機雲が眼下に見えます。


c0081462_14223293.jpg
神戸上空辺りから雲が取れてきました。
知多半島とセントレア(中部国際空港)もくっきり見えました。


c0081462_1428265.jpg
富士山が見たくてこちら側を指定したんですが、ちょっと遠かったです(^^;
残念!


2枚目 D70+VR105mm/micro
ほかはすべて D70+DX18-70mm


次回から季節の花・花菖蒲&紫陽花編をお届けする予定です。
お楽しみに☆
by sampo_katze | 2007-06-26 20:00 | 九州 | Comments(8)
Commented by tontonto-n at 2007-06-27 12:09
こんにちは。

溶岩の後には数百年の間草一本生えないと
聞いたことがあります。
全てを焼き尽くし流れ出る溶岩は恐ろしいですね。

旅行だと身軽にするのは仕方ないですが
VR70-200があると良かったですね。
桜島も帰りの飛行機の富士山ももう少し寄せて
撮れたでしょうね。

路面電車についての考察が猫さんらしくていいですね(*^_^*)
Commented by OM1ユーザー at 2007-06-27 17:29 x
こんにちは。

大正3年はおふくろ(93歳)の生まれた年ですから、百歳位の人だったら大噴火を覚えておられることでしょうね。
島が陸続きになってしまうなんて自然の脅威はすごいですね。

桜島大根の形の街灯がユニークです。

今まで撮り溜めた街灯だけでも写真集が出来そうですね。


Commented by sampo_katze at 2007-06-27 21:24
tontonさん、こんばんは♪

遊歩道を歩いているとそこかしこに溶岩が転がってるんですよね。
今はただの岩に見えるんですが、これが意思を持つがごとく流れていたと考えると・・・。
ちょっと恐ろしいです(゜へ゜;

今回は出張の前乗りでしたので、荷物を減らさざるを得なかったんです。
旅行が目的だったら迷わず持ってきてましたけどね~。
マクロを持っていたのがせめてもの救いでした(^^;
しかし飛行機の中で使うことは思いつかなかったです。
失敗したー!!(o_△_)oごろん

電車の「顔」については、ちょっとおもうところがありましたので・・・(^^ゞ
Commented by sampo_katze at 2007-06-27 21:29
OM1ユーザーさん、こんばんは♪

大正の大噴火からもう100年近くになるんですね。
火山灰が遠くまで届いたということですから、
当時は何事が起きたのかと大騒ぎになったんでしょうか。
今のようにリアルタイムで情報がながれてはいなかったでしょうし。

烏島は石を投げれば届くような距離というわけではないようですからね。
一体どれだけの溶岩が流出したんだろう、と。
自然は時としてものすごいエネルギーを持ってるということを見せ付けてくれますね。

街灯はご当地の名物なんかを模して作ってるところもあるようです。
数が少ないのですが、これから意識して撮ってみようかなって思っちゃいました(^^)
Commented by ysekizawa at 2007-06-28 15:13
うんうん。ライオンに見える・・・^^
へぇ~すごいですね・・・^^

迫力もすごい!
やっぱり溶岩でできているから?
赤いどろどろは見えないのですか?
ていうか、、、危ないですね・・・^^;

私は飛行機が苦手なのですが(高いところ全般ダメ)、やってみたいですね!
これ!

雲よりも高い位置にいるんですね・・・^^
うぅ~怖い~~~><
Commented by sampo_katze at 2007-06-28 21:52
おーたんさん、こんばんは♪

へへ~、これはライオンっぽく見えるでしょ?
でも、ほかにもたくさんあるかと思うと意外と見えないものなんですよね~。

桜島はいまでも爆発はあるそうですが、大規模な噴火はほとんどないみたいです。
なので溶岩どろどろはないですよ。
ってか、そんなのが流れてたら立ち入り禁止になりますがな!(笑)

実をいうと、わたしも飛行機はあまり好きじゃないです(^^;
でも乗ってしまうと必ずこんな風に撮りたくなっちゃうんですよね。

おーたんさんも一度挑戦してみては?
飛行機なら大丈夫、って感じになるかもしれませんよ☆
Commented by xharadax at 2007-06-30 07:50
おはようございます(^_^)

桜島へは行った事がありませんが、
お出かけしてきた気分にさせていただきました(^_^)

2枚目の山の斜面のゴツゴツ感がすごい迫力!
鳥が(種別不明)アクセントになっているのかな?

溶岩は持ち出せないのですか、、、チョット残念。
ライオンの頭ごと持って帰りたいような(^◇^;)
しかし、ホントにライオンみたいに見えますね、動き出しそう!

市電は古株っぽい車両がイイ味出してますね、、、
MPGって何でしたっけ?青色が鮮やかなんだけど、
どこか古さを感じさせてくれてイイなぁ(^o^)b

出張でもこれだけ写真が撮れれば、ご機嫌ですね。
Commented by sampo_katze at 2007-06-30 20:18
haradaさん、こんばんは♪

このシリーズでの桜島はほんとダイジェストですからね。
ほかにももっと魅力的なところがあると思うのですが
このときは回りきれませんでしたので(^^ゞ

2枚目の鳥は、この写真では小さくてわかりづらいと思いますが
尾羽が三味線の「バチ」のような形をしてるのでトビです。
ちょうどこれを撮ってたとき、ここを旋回してくれていたのでタイミングを見て撮りました。
これがないと動きがなくて殺風景な雰囲気になってたかもしれませんね。

ライオンの形をした溶岩ですが、これかなり大きかったですよー!
高さ2m以上あったんじゃないかなー(汗)
にらみを利かせた感じは迫力がありました。

MPGはよくわかりませんでした(^^;
医療関係の何かのようですけどね。
市電は全部ラッピング(広告)電車ですから、色は車両それぞれ違いますが
型はそのままなので、懐かしい感じが伝わってきました。

出張の前乗りでしかも休日だったので、充実したひと時を過ごせました☆


<< 地元 顔駅 >>