人気ブログランキング |
国道
鶴見・川崎散歩編・第2回。


鶴見線の始発駅、鶴見駅から1つ目の駅が今回紹介する「国道駅」です。
開業は1930年と古く、無人駅となったのも1971年とかなり早いちょっと特殊な駅です。
もっとも同時に無人化されたのは、鶴見駅をのぞいた鶴見線全駅がそうなんけどね(^^;

この鶴見線、もともと地名が存在しなかった埋立地に開業したこともあって
地主や実業家たちの名前から取ったり、近くにあった工場などのランドーマークから取った駅名がほとんどなんだそうです。
「国道駅」も例外ではなく、開業当時に国道1号線(現在の15号線・第1京浜)が線路と交差していたことからつけられました。
さらに変わったところでは「海水浴前」(1941年廃止)や「石油」(後の浜安善駅、1986年廃止)なども。

「海水浴前」駅はかつては「扇島海水浴場」最寄り駅だったそうです。
ひと夏20万人(!)の人出があったというから、相当な賑わいだったのでしょうね。
今はすっかり工業地帯となってしまっているので、その面影はまったくありませんが。


鶴見線@ウィキペディア
かわさき区の宝物シート(PDF)









c0081462_11143749.jpg
ガード下に見えるのが国道駅の入り口です。
右に見える歩行者信号のやや右寄りの壁に、太平洋戦争時についた米軍による機銃掃射の弾痕が残っているそうです。
このときは知らなかったので、写真はありません。


c0081462_11144552.jpg
照明はそれほど明るくないので、露出に苦労しました(-v-;
この写真では、駅構内の部分をカラーコントロールポイントをつかってほんの少しだけ明るく補正してあります。


c0081462_11145374.jpg
駅自体がカーブにあるため、ガードもゆるやかな曲線を描いています。
どこか懐かしい雰囲気を感じてしまいました。


c0081462_1115082.jpg
画面上部を横切っているのは、鶴見方面行きホームへつながる通路です。


c0081462_1115722.jpg
戦後はここで闇市も開かれていたそうです。
ただ、この日は土曜日だったということもあってか人気もなくひっそりとしていました。


c0081462_11151424.jpg
アーチ型が連なるその様は、まるでトンネルのようにも見えますね。


c0081462_11152169.jpg
改札口向かいにある焼き鳥屋さん。
壁に貼られていた手書き風のポスターに、なんだかあったかい気持ちになりました(^^)


c0081462_11152846.jpg
改札口付近です。
現在は無人ですが、有人改札だったときに名残がそのまま残っています。
Suicaのタッチパネルもしっかり立っていました。


c0081462_11153579.jpg
改札を入り、ホームに向かう階段を見上げてみます。
まだ「国電」と呼ばれていた時代の風景がそのまま残ってる感じですね。


c0081462_11154320.jpg
建物はガードと一体化していました。
電車が上を通ると、かなり大きい音が響きます(゜□゜*))((*゜□゜)

この時間、焼き鳥屋さんは当然閉まっていますが
開店すると窓からもれる明かりで、さらにノスタルジックな雰囲気が感じられるかもしれませんね。


c0081462_11155078.jpg
上りホームにつながる通路から、下を眺めます。
線路を引いたら地下鉄になりそうな雰囲気ですね。


c0081462_11155996.jpg
カーブにある駅の宿命(^^;


c0081462_1116679.jpg
もうすぐ海芝浦行きの電車が来るので、ホームに出ます。
雲が少し多いですが、暑い夏の日差しが照りつけていました。


1枚目 D70+DX18-70mm
ほかはすべて D40+DX12-24mm


次回は、降りられるけど出られない!?摩訶不思議な駅です。
by sampo_katze | 2007-10-27 16:30 | ローカル線 | Comments(8)
Commented by jinchandaisuke at 2007-10-27 19:17
国道駅はガード下しか知りませんでした。
駅のホームから見た風景は初めてです。
どの写真も国道駅の雰囲気をとてもよく掴んで好い感じに仕上がっていますね。
ここの一杯飲み屋の赤提灯、一度行ってみたいですね♪
Commented by tontonto-n at 2007-10-27 20:17
横浜の鶴見は実は私の生まれたところです。
4つ位の時に横須賀に引っ越しましたので
ほとんど覚えていませんが。
近くに「さよなら、さよなら、さよなら」の淀川長治さんが住んでいて
赤ちゃんの私を淀川さんが抱っこしている写真を見たことがあります。
もちろん私はまったく記憶がありませんが(^_^;)

かなり歴史のある駅のようですが私も小さい頃はここから電車に
乗ったかもしれませんね。
Commented by Op555 at 2007-10-28 01:13 x
すんません、完全に出遅れました~。
最近、人様のblog巡回が、なかなかリアルタイムに出来ておりませんm(__)m

ちなみに私が住んでたのは、新子安~生麦の間で、かなり生麦より、
家のすぐ近くが、キリンビール工場の端っこくらいです。
JR&京急の線路と、国道、貨物線路に囲われた場所で、
京急の特急が通り過ぎると、微妙に振動を感じました。

当時は、コンデジくらいは持っていたのですが、
今ほど写真を撮ったりはしていなかったんですよねぇ。
当時は見逃していたものを、今であれば見ることができるかもしれません。
国道駅もそうですし、前回の高架下の公園なんかも、気になる場所です。
いやぁ・・・ホントに、一度カメラをもって出かけてみようかなぁ。
Commented by xharadax at 2007-10-28 18:18
こんにちは(^_^)

今日の夕方は家の中でのんびりしていました。
TVで映画ALWAYS 続・三丁目の夕日の特集をやっていました。
懐かしい風景、特に国鉄のころの「こだま」がよかったぁ~

で、その心地よい思い出を
散歩猫さんのブログで感じることができました(^_^)

この焼き鳥屋さんで日本酒を一杯やりたいですねぇ~
私もこのような風景を探して撮ってみたくなりました。

そそ、なぎら健壱さんがイイ雰囲気の写真を撮っていましたよね(^_^)
Commented by sampo_katze at 2007-10-28 21:11
じんさん、こんばんは♪

ガード下は自由通路ですからいつでも入れますけど
改札から先は無人駅とはいえ入場券が必要ですからね(^^;

ホームは申し訳程度に屋根があるだけなので、雨の日はちょっとしんどいかも(汗)
電車も扉を開けたら雨が吹き込んでくるなんてこともあるでしょうね。
武蔵野線でも前と後ろの車両ではそんなことがありましたから(^^ゞ

写真はD40の高感度性能を信じて、ISO800まで上げて手持ちで撮りました☆
そのおかげで、この雰囲気が出せたんだと思います(^^)

ここの焼き鳥屋さん、行ってみたいですよね♪
電車の到着で揺れるお店・・・お酒も一味ちがってくるかもしれないですし☆
Commented by sampo_katze at 2007-10-28 21:19
とんとんさん、こんばんは♪

横須賀のおぼっちゃまという話は聞いてましたが
生まれは鶴見だったとは初耳です(^^;
って、当たり前ですね(笑)

淀川さんのご近所だったんですかぁ!
テレビで映画の解説といえば水野晴郎さんと淀川さんのイメージがあるんですよ☆
とんとんさんが映画に出演していたら、そんなエピソードが語られてたかもしれないですね!(^^)
9枚目の階段で、幼少時のとんとんさんがベビーカーに乗った「ゴッドファーザー」のあの名シーンとか・・・!
Commented by sampo_katze at 2007-10-28 21:29
Opさん、こんばんは♪

出遅れですか?でも
そんなの関係ねぇっ!!(×3回繰り返す)
ですからぁ♪

生麦と新子安となると、今回紹介するエリアより結構西寄りですね。
でも、ほとんどご近所で。
その貨物線路は麒麟麦酒(←「きりんびーる」と入れて変換したらこうなりました・笑)からの専用線路だったかも?

鶴見と国道の間は普通に歩いたら20分もあればついてしまうくらいのエリアですよ。
あちこち寄り道しても十分余裕がありますから、ぜひ歩いてみていただきたいです♪
Commented by sampo_katze at 2007-10-28 21:36
haradaさん、こんばんは♪

三丁目の夕日、リアルタイムではないですが
わたしが小さかった頃の埼玉はまだその雰囲気を十分残していましたから
懐かしく感じられそうです☆
国鉄のこだまは、わたしらの世代だと新幹線になる前の「とき」ですかね。
本でしか見たことがないのですが(^^;
当時はあまりかっこよく感じなかったのですが、今ではとても魅力的なスタイルに感じます♪

ここの焼き鳥屋さんで、お酒と一緒にゆっくり流れる時間を味わうのもいいですね☆
新橋のガード下とはまたちがった雰囲気を味わえることと思います(^^)v


<< 海芝 凸凹 >>