人気ブログランキング |
黒き城
信州オフ会編・第8回。


翌11月4日、ゆたゆたさんが午後移動で帰られるということで松本市内を散策することにしました。
わたしも午後移動で帰るつもりでしたので(^^ゞ
ただ、二人とも松本市内のことについてはとんと疎いです。
ですので松本城に行ってみることにしました。


松本城の別名は「烏城」です。
漢字だけ見ると「からすじょう」とも「うじょう」とも読めますが前者はここ松本城、後者だと岡山城を指します。
どちらも黒い外観が特徴ですね。
しかし、この別名は誤りだというはなしも。

当初は「深志城」(ふかしじょう)と呼ばれていました。
この辺り一帯の呼び名がかつて湿地帯だったことから「深瀬郷」、これが訛って「深志」となったようです。
1582年には、武田氏の侵攻を免れた小笠原氏が旧領に戻りその際「待つ事久しくして本懐を遂ぐ」と述懐したことから「松本」と改名したのだそうです。

また、ここの天守は築城以来の姿を保っている「現存天守」です。
明治維新の際には各地で城が取り壊される中、市川量造ら地元の有力者の手によって解体を免れました。
明治30年代頃には先にも書きましたがもともと湿地帯であったため地盤が軟弱であり、
さらに天守を支える支持柱が老朽化したため、天守閣が大きく傾きました。
このため1903年(明治36年)より1913年(大正2年)まで明治の大修理が行われ、倒壊の難を逃れます。
このとき、天守の傾きを食い止めるために縄がかけられたそうです。
実際、城内の柱にはこの縄をかけた跡が残っているんだとか。
さらに戦後の1950年(昭和25年)から1955年(同30年)にかけて「昭和の解体修理」が行われ、現在も築城当時の美しい姿を保っています。


松本城@松本市公式観光情報
松本城@ウィキペディア
松本市@ウィキペディア









c0081462_22295854.jpg
堀にいた鴨ちゃん。
人馴れしてしているようで、近づいても逃げません。
落ち葉の数を数えてるのかな?


お城に入ってから、ゆたゆたさんのDX17-55mmとわたしのDX18-55mmを交換しました。
方や開放F2.8の大口径レンズ、こなたD40との相性抜群のコンパクトレンズです。
ものすごいギャップですね(^^;
D70につけてみましたが、バランスはそれほど悪く感じません。
逆にレンズの重量感のおかげで、カメラが安定して構えられるように感じました☆


c0081462_22301734.jpg
松本城全景。
この日は将棋大会が開かれていたようです。
プロ棋士の方も来られていました。


c0081462_22315011.jpg
花壇に咲いていたかわいい花。
名前がわかんないです・・・(--;
最短撮影距離36cmとあまり寄れませんが、これくらいの大きさの花であれば十分ですね。
開放&リサイズのみですが、とてもシャープに写ります。


c0081462_2232035.jpg
しだれ桜でしょうか。
ちょっぴり絵葉書風?


c0081462_2232862.jpg
城内の木々も色づいています。


c0081462_22321616.jpg
開放で。
さすが大口径、玉ボケがしっかり出ます。
ただ、気持ち角ばってるように見えなくもない?


c0081462_22322463.jpg
ノーレタッチです。


c0081462_22323472.jpg
いよいよ天守閣に入ります。
その前に1枚。
D-Lightingで少し城の壁を起こしてあります。


c0081462_22325054.jpg
窓が少ない構造のため、中は結構薄暗いです。
すき間から堀にかかる「埋の橋」をのぞいて。
隠密になった気分?


c0081462_2233565.jpg
御簾。
開放2.8のレンズをもってしても、この暗さはキツイです(^^;


このあと最上層まで上ったのですが、近年建てられたお城とちがって展望はあまりよくありません。
人も多かったので、写真は撮りませんでした(^^;

また、天守閣内部は非常に急な階段の連続です。
一番きついところでは61度もあり、しかも上り下り共有なので大変!
当然、滑り止めなどついていないので注意が必要です。


天守閣から出たあとは小休止、ここでレンズを戻します。
いや~、とてもいい時間を過ごせました♪


c0081462_22332684.jpg
南側にある黒門から城外に出ます。
気持ちのいい青空をバックに。


c0081462_22333677.jpg
北側の堀端を歩いていると、散った落ち葉が固まっているのが目に入りました。
道端のとはちがい、水のおかげで葉っぱの色も鮮やかに感じられますね。


1、11、12枚目 D70+DX18-55mmⅡ
2~10枚目 D70+DX17-55mmF2.8


次回は最終回、旧開智学校を訪ねます。
by sampo_katze | 2007-12-16 20:50 | オフ会 | Comments(6)
Commented by ふうたろ at 2007-12-16 21:26 x
こんばんは~。

ちょっとご無沙汰でしたが、ROMはしておりました。
なんか、また駆け足で更新されだしたので、来るたびに
新しい記事になってて、ついてくのに一生懸命です(笑)

う~ん、開放での玉ボケは、いいですね。
やっぱり、明るいレンズはいいですね(目の毒?)

最後のお堀に溜まった落葉が、意外ときれいですね。
なんとなく、桜の葉っぱが多そうに見えるのですが
桜の木が沢山あったのでしょうね。
枝垂桜も、大木のようですし、桜の季節も良さそうですね。

そうそう、黄色いお花は、もしや菊では?
葉っぱが、はっきりと見えないので、あれですが
小菊のように見えます~。
Commented by 信州ぺこ at 2007-12-16 23:40 x
松本城、いろいろな災難にあってきたんですね。
お城解体の時にはしっかり守られて
現在の美しい姿があることは初めて知りました。
上田城なぞはやぐらが遊郭に売っぱらわれたそうですから
大違いだなぁ(苦笑)。

17-55mmのボケ、微妙に角ばってますねぇ。
でも手前の葉が浮き上がって、
雰囲気がとてもいいです。
Commented by sampo_katze at 2007-12-18 22:07
ふうたろさん、こんばんは♪

えへへ・・・(^^;
ちょっと年末進行のつもりだったんですが、この後また間が開きそうです。
セレクトもまだ終わってないので・・・・・(泣)

大口径レンズはいいですね~。
特にこのレンズは開放からシャープに写りますし。
玉ボケの大きさもちがいますしね!

お堀の葉っぱは桜なんですね~。
堀端の並木はきっと桜並木になってるんでしょう。
会津城や弘前城もそうでしたからね♪
桜とお城の組み合わせはきれいですよ~!

黄色いお花は小菊のようですね。
さすがに品種まではわかりませんでした・・・。
いろんな種類がありすぎですし、ね(^^;;
Commented by sampo_katze at 2007-12-18 22:12
ぺこさん、こんばんは♪

松本城の歴史は苦難の連続ですね!( ̄д ̄;
ちらっと聞いたことはあったんですが、そう考えるとこの城の美しさがさらに際立って感じられます☆
遊郭に売られた上田城・・・・・時代劇の町娘みたいですね(汗)

そうそう。
松本市内に、お城をモデルにした建物(本屋さん)があるそうです!
解体改修中にお城の姿を見られないので、建てたんだとか。
今回訪ねてみたかったんですが、どこにあるのかを調べてなかったんですよね~。
次に訪ねるときはぜひ!(^^)

17-55mmは確かにいいレンズです。
でも、使いこなしは難しそうですね~。
D300との組み合わせはとてもよかったんだけど・・・やっぱり封印しておくことにします(^^ゞ
Commented by xharadax at 2007-12-22 07:43
おはようございます(^_^)

松本城ってしっかり見るのは初めてのような、、、
お城にはあまり興味がないのですが、、、チョット勉強しようかな?

17-55はいつかは欲しいと持っているのですが、、、
ホントだ、ボケがきれいな丸ではないですね、、、うむ。
12-24、300F4、70-200、、、ああいつになったら、、、、(^◇^;)
Commented by sampo_katze at 2007-12-23 09:19
haradaさん、おはようございます♪

お城はあちこちで見てきましたが、やはり昔からの状態を保ってるお城はちがいますね~。
特にここ松本城はハンパじゃないです。

17-55の丸ボケですが、ちょっと状況がよくなかったかもしれません。
ほかのシチュエーションでもこうなるなら、ちょっと考えてしまいそうですが(^^;

70-200、DCMのインタビューを見てると来年あたりリニューアル版が出る可能性も??
そしたら買い替えしちゃうかもしれません(苦笑)


<< 近代教育の幕開け 山も紅葉も燃え~☆ >>